« 羽生記者、オキュパイ運動を目撃 | トップページ | 5人にプレゼント!豊田眞弓さんの「50代家計見直し術」 »

2011年11月21日 (月)

誌面刷新!日経マネー1月号本日発売です

本日発売の日経マネー1月号(特別定価690円)はこんな内容です!
誌面をリニューアルしました。ご意見たくさんいただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

201201

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
CONTENTS
 第1特集  年金「大減額時代」を乗り切る!
     「自分年金1億円」
     運用編/20年で3000万円貯める!
     年金編/もらえる年金は1円も逃がさない
     共働き編/発表!共働き家計大賞
     副業・再就職編/+2万円で家計を強化する
 
 第2特集  厳しい中でもこんなにあった!
     「隠れた業績好調 日本株100銘柄」
 第3特集  首都圏の不動産市場、激動中!
     「中古マンション購入 イマドキの必勝ルール」

★特別付録2冊つきます!★

・2012年勝ち株カレンダー ・最新金投資BOOK

 ●特選10銘柄「2012年の注目テーマ、最有力銘柄」
 ●編集長インタビュー :黒木亮(作家)
 ●リーダーからの金言 :チャールズ・エリス(投資コンサルタント)

 ネット書店でも買えます!
 http://www.amazon.co.jp/dp/B0062O0MX8/
 http://books.rakuten.co.jp/rb/item/11436828/
 http://www.7netshopping.jp/magazine/detail/-/accd/1200571473

"厚生年金の支給開始年齢を68歳に引き上げる"案は当面は先送りされたものの、今、20~50代の現役サラリーマン世帯の年金額減は避けられそうにありません。ならば、日経マネーが以前から提案してきた、老後の安心額1億円はどう達成したらいい?2012年版の結論はずばり、運用と家計強化の合わせ技!第一特集「年金『大減額時代』を乗り切る!自分年金1億円」では、年金が現状よりも2割減っても、リタイア後の安心資金1億円を作れる方法を具体的に提案しています。

第二特集は「こんなにあるぞ! 隠れ好業績株100」。超円高、欧州不安といった記事にまぎれて見逃されがちな、業績好調株と今後の期待株をクローズアップ。例えば、東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドは、入園者の急回復で業績予想を引き上げています。不透明な相場が続く中、注目したい銘柄がずらり並びます。

第三特集「中古マンション購入 イマドキの必勝ルール」では、下がりにくい中古マンションの条件をチェックしてください。
そして毎年大人気の恒例の別冊、「勝ち株!カレンダー」。今年の12月から来年12月まで、日々の日経平均株価と為替を書き込みつつ、各月の攻めのポイント、注目銘柄、優待銘柄などが自然に頭に入り、投資力がアップします。さらにもう一冊、「買い時続く?最新金投資BOOK」もお役に立ちます。新連載12本がスタートと、充実の1月号。はっきりいってお買い得ですよ! (本誌編集長 安原ゆかり)

11月 21, 2011 お知らせ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/53299844

この記事へのトラックバック一覧です: 誌面刷新!日経マネー1月号本日発売です: