« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月13日 (月)

次号編集長インタビューは青春ドラマのシンボル登場!

日経マネー11月号、13日にようやく校了しました。民主党代表選を翌日に控えるという、微妙なタイミング、相場がどうなるのか、気になるところではあります。

そんな中、編集長インタビューにご登場いただいたのが、俳優・歌手の中村雅俊さんで

S0012

す。アラフォー以上、アラフィフ未満の世代にとって、中村さんといえば、やはり、「俺たちの旅」でしょう。青春のシンボルのようなドラマでした。

私事ですが、中村さんとは妙な接点があります。駿台予備校の学生寮の先輩にあたります。千葉県船橋市にある「中山寮」という学生寮です。あの1年間は実に濃い、印象に残る1年でしたが、中村さんも同様で、当時の話を懐かしそうに語ってくださいました。

寮生は中山寮の最寄り駅である下総中山駅から、駿台のある御茶ノ水駅.まで総武線で通学していました。中村さんはこんなエピソードを披露してくれました。「車内でね、『次は~、小岩、小岩』って車掌さんのアナウンスが流れるとね、みんなで一斉に歌ったものです。『恋は~、私の恋は~』ってね」。

このギャグがわかるのはアラフィフ世代以上でしょうか。ピンキーとキラーズというグループの大ヒット曲「恋の季節」のサビの部分です。

中村さん、お会いした印象はとても来年還暦にはみえない若々しさ。とても気さくで、物腰やわらかにインタビューに応じてくださいました。ぜひお読みください。

9月 13, 2010 編集長の一言 | | トラックバック (0)

日経フォーラム「世界経営者会議」のお知らせ

=========== ◆◇ 第12回日経フォーラム「世界経営者会議」◇◆ =============

              新たなグローバル競争へ~危機を超えて                 
            10月25日(月)、26日(火)開催
              会場:帝国ホテル東京
                   http://www.ngmf.jp
                ・・・・・ 受講者募集中 ・・・・・

==========================================================================
今回のテーマは「新たなグローバル競争へ~危機を超えて」です。
世界経済はリーマン・ショック後の危機的状況からは脱却しつつあるとはいえ、
なお不透明な状況が続いています。しかし、企業経営では勝ち残りへの新たな
道筋も見え始めました。新興国市場をはじめとする国際展開をいかに成功させ
るのか。そして、環境など新分野をどう収益源に育てていくのか。
世界的な経済危機によって旧来の秩序が崩壊した今、過去の成功体験だけでは
新しいグローバル競争を勝ち抜けません。
今回は“危機後”の時代の優勝劣敗のカギとなる新しい経営モデルを探ります。
ご参加を心よりお待ち申し上げております。
==========================================================================
◆開催概要◆
□ 会  期 : 2010年10月25日(月)、26日(火)両日とも9:30~17:00(予定)
□ 会  場 : 帝国ホテル東京 
□ 主  催 : 日本経済新聞社 IMD
□ 協 力 : 日経CNBC
□国際協力メディア: フィナンシャル・タイムズ
□特別協賛: アーンスト・アンド・ヤング ジャパン
==========================================================================
10月25日(月) 9:30~18:15
  セッション1 伝統と変革
    エマニュエル・ファベール ダノン 共同COO
佐々木 則夫      東芝  社長
天坊 昭彦      出光興産 会長(対談)
  セッション2 変化する市場と向き合う
三浦 惺         日本電信電話(NTT)  社長 
デニス・ヨンソン   テトラパック グループ 社長兼CEO(対談)
伊藤 雅俊    味の素  社長  
角田 秋生    公文教育研究会 社長   
  セッション3 新興国から世界へ
邱亜夫        山東如意科技集団 董事長
ハビエル・ロペス   キッザニア 社長    
10月26日(火)  9:30~17:00
  セッション4 変わる国際展開の構図 PartⅠ 
ラビ・カント    タタ自動車  副会長  
佐藤 康博    みずほコーポレート銀行 頭取
グレン・ティルトン   ユナイテッド航空 会長兼CEO       
  セッション5 変わる国際展開の構図 PartⅡ 
高原 豪久    ユニ・チャーム  社長
ジェームス・ターリー アーンスト・アンド・ヤング 会長兼CEO(対談)   
  セッション6 競争力の源泉 
    エリ・ハラリ    サンディスク 会長兼CEO
チューダー・ブラウン  ARM プレジデント 
 ※日英同時通訳 ※敬称・尊称略、順不同 
  ※予告なく演題、講師が一部変更になる場合があります。予めご了承ください。
■受講料: 63,000円(税込)※受講料には資料代および両日の昼食代が含まれます。
■募集定員: 550名 ※申し込み多数の場合は抽選。
■申し込み締め切り: 10月7日(木)
■お申し込みと詳細はこちらへ   http://www.ngmf.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合わせ
  第12回 日経フォーラム「世界経営者会議」事務局
  TEL 03-5159-2215 FAX 03-5159-2113 E-mail:ngmf12th2010@nikkei-ngmf.jp
  (電話受付時間 10:00~17:00 土日、祝祭日を除く)
  〒104-0061 東京都中央区銀座1-22-9 SKビル3階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9月 13, 2010 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

初心者だったころの気持ちを思い出し… 内藤さんムック本日発売!

日経マネー編集部の武田です。

0910

このたび、本誌に5年にわたって連載を続けている内藤忍さんのコラムを1冊にまとめたムック本を本日、発売する運びとなりました。
新卒で今の部署に入ってから4年……。内藤さんの連載は2年目から担当していますから、私のマネー知識もこの連載を担当しながら培ってきたようなものです。

内藤さんの話は、人気マネーセミナー講師だけあって投資初心者にはめちゃくちゃ分かりやすいです!
私がこの編集部に入って先輩に「これを読んで勉強しなさい」と言われたのが内藤さんの本でした。加えて「投資って、した方がいいの?」「どれくらいおカネがあれば安心なの?」という「そもそも論」にも明快に答えてくれます。これは他のマネー本にはなかなかない話だと思います。

この「おカネの話をしませんか?」は、私の初心者だった頃の気持ちを思い出しながら作りました。おカネを殖やすための資産配分や目標の設定方法からはじまり、具体的な投資方法や商品選びの始点についてやさしくレクチャーしています。

分かりやすい図表や、誌面でさまざまな衣装を着て登場する内藤さんのファッションショー(笑)も合わせてお楽しみください。

おカネはすべてではありませんが、おカネがないと人生の選択肢も狭くなります。それはとてももったいないことです。ぜひ、本書をきっかけに資産運用の一歩を踏み出してください。

 内藤忍 お金の話をしませんか?
 9月10日発売  定価880円(税込み)
 詳細はこちらから↓
 http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/188080.html
 

 ◎Part1 おカネを殖やす前に学んでおくべきこと
 ――お金持ちになるための心構え
 
 ◎Part2 知っておきたい投資のウソ・ホント
 ――金融商品の知識を身に付ける
 
 ◎Part3  押さえておこう!分散投資のいろは
 ――内藤式「資産づくり」の方法を学ぶ
 
 ◎Part4 投資メンタルを鍛える知恵と戦略
 ――くじけそうになった時の処方箋    

 ●各ネット書店でもご購入いただけます!●
 Amazon.co.jp
 http://www.amazon.co.jp/dp/4822263541
 楽天ブックス
 http://books.rakuten.co.jp/rb/item/6653384/
 セブンネットショッピング
 http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102960129/

9月 10, 2010 お知らせ | | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

ゆるキャラ・とうしくんが来社

編集部の坂崎です。

さきほど、突然、編集部に「とうしくん」がいらっしゃいました。

Imgp4009_2ようこそ~。はい、ポーズ。

日本証券業協会、東京証券取引所グループなど、証券業界8団体が参加する証券知識普及プロジェクトのキャラクターとのこと。
10月4日の「投資の日」にちなんで「とうし」くん。強気相場の「ブル」ともかけているそうです。

とまらない円高、政治混迷、緊迫した情勢の中で、このゆるキャラっぷり…。
私たちも、彼を見習って、少し余裕を持ちたいものですねッ☆

さて「投資の日」前後では、セミナーやイベントが目白押しだそうです!
イベントのスケジュール詳細、申し込みはこちらから。

10月4日の夜は東京国際フォーラムにて日経マネーでもおなじみ、森下千里さん、サンプラザ中野くんさんも登場するトークショーがあるそうですよ!私も遊びにいきます!

9月 7, 2010 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

日本がギリシャになる日

日経新聞の田村さんから書評記事をいただきました!

・・・・・

日本経済新聞社編集委員の田村正之です。

Ph1

東京証券取引所の「東証アカデミー」の講師などとしても人気の真壁昭夫信州大学教授が「日本がギリシャになる日」(ビジネス社)を刊行しました。

真壁教授は、かつてメガバンクで株や債券、為替取引の現場を長く経験し、マーケットを熟知したエコノミストです。
日本が今はギリシャにならずにすんでいる理由とともに、少しずつギリシャ化の足音が忍び寄っている状況を非常に幅広い視点から解説しています。
この1冊を読むだけで、日本の経済・財政だけでなく、米国の成長モデルの限界、ユーロの先行き、新興国の産業競争力、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)のような新しい金融商品の仕組みなど、現状の経済・投資動向について知っておくべき知識のかなりの部分が、頭に入るのではないでしょうか。
文章が非常にこなれていて、すいすいと読めるのも優れた点です。
読んでいてうすら寒くなるような部分もありますが、今の日本を取り巻く「怖さ」を明確に意識しておくことは、もはや投資だけでなく、生活設計全般を考える前提として不可欠なのかもしれません。

…さらに、ちょっと宣伝(笑)。

Ph2

私個人のことで恐縮ですが、このほど「月の虹」(日本経済新聞出版社、筆名田村優之)という小説を出しました。京都を舞台にした恋愛小説です。主人公である経済記者の姿を通じて、M&A(合併・買収)をめぐる経営者の考え方や、記者との駆け引きの様子などを知っていただけると、今後経済記事を読む楽しみが増えるかもしれません。よろしければご一読ください。

9月 6, 2010 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

9月6日はBRICsナイト!

編集部の坂崎です。

鈴木編集長もツキイチで登場するWITVで、来週面白そうなイベントがありますよ☆

 ◆ホンネのBRICs 経済を感じる夜!「BRICs だよ!全員集合!」◆
 ⇒ http://www.worldinvestors.tv/guide/seminar_20100906.pdf

ブラジル、ロシア、インド、中国。いわゆる「BRICs」と呼ばれる、世界を背負う新興国の国々。各国のビジネス最前線に立つ、豪華ゲストによる生討論会です。各国の代表者にご登壇いただき、それぞれの国の経済を色々な側面から熱く語っていただきます。

登壇者はこちら↓

ブラジル代表  伊藤 隆一氏 (ブラジル商業会議所投資部担当役員)
ロシア代表  二階堂 イリーナ氏 (ロシアコンサルティング代表取締役)
インド代表  サチン・チョードリー氏 (アバカス代表取締役会長)
中国代表   鄭 剣豪氏 (剣豪集団取締役会長)
オブザーバー 元ソニー・チャイナ会長の小寺圭氏 

そして、個性の強いゲストの皆さんをまとめるのは、我らが鈴木編集長です!

後半はいつものように大交流会があるそうです。
BRICs経済と企業に興味がある方、どうぞ奮ってご参加ください!

●日時:
2010年9月6日(月) 19:30~21:30 (受付開始 19:10)

●ゲスト:
モデレーター  鈴木 亮氏 (日経マネー編集長)
ブラジル代表  伊藤 隆一氏 (ブラジル商業会議所投資部担当役員)
ロシア代表  二階堂 イリーナ氏 (ロシアコンサルティング代表取締役)
インド代表  サチン・チョードリー氏 (アバカス代表取締役会長)
中国代表   鄭 剣豪氏 (剣豪集団取締役会長)
オブザーバー  小寺 圭氏 (元ソニー・チャイナ会長)

●参加費:
3000 円(飲み放題・お食事つき)

詳細とお申し込みは以下のリンクから!
 ⇒ http://www.worldinvestors.tv/guide/seminar_20100906.pdf

9月 2, 2010 お知らせ | | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

草食系投資を語る、肉食な夜

編集部の坂崎です。

今日から9月だというのに…しつこい暑さですね。

運動する気はおきないのに、食欲だけはなくならないのが困ったところ。
そんなワタクシ、先週は、こんなイベントに参加してきました!

Ph1

「投資は草食、食事は肉食」
草食投資隊セミナー@牛角
http://www.soushoku-toushi.com/event/index.php

独立系直販投信3社のメンバー(コモンズ投信・渋澤健さん、セゾン投信・中野晴啓さん、ひふみ投信・藤野英人さん)が草食系投資を提唱する「草食投資隊」なるものを結成しています。(そのきっかけになったのも、実は日経マネー。この鼎談で意気投合!?)

「草食系投資」の意味は3名の共著であるこの本にも書いてあるのですが。投資というと「短期で奪い合う、ゼロサムゲーム」という肉食系のイメージが一般に浸透している中で、そのアンチテーゼとして「長期でコツコツ、ゆっくり、共存共栄」的な投資スタイルを草食系投資として提案されています。

とはいえ、別に3人の食生活が草食、というわけではなく(特に藤野さんは「草食なわけない」との突っ込みが方々から入るらしい)。

今回はあえて「投資は草食、食事は肉食」として、炭火焼肉「牛角」のまさに「肉食」な特別コースを堪能しつつ、3人の「草食」な投資の話を聞こう、という一風変わったセミナーでした。

トークライブをまとめたのは本誌でもお世話になっている公認会計士の平林亮子さんでした!

なぜ長期での投資が必要なのか?そもそも投資ってどういうことなのか?

Ph3

などのテーマについて、3人が軽快なトークを展開。投資未経験者の方も多かったようですが「運用をしている方の生の声を聞けたので、「投資=怖い」というイメージがなくなった」という声がありました。

投資が一般にも、もっと身近なものになって、それぞれが自分のお金の託す先を「なんとなく預金」「なんとなく保険」ではなく、もっと真剣に考えてもらえるようになると、日本のマネー業界も変わっていくんだろうな、と思います。私たちも目指すべきポイントです。

また、今回は投資セミナーの形として、面白いところがたくさんありました。

そもそものイベントのきっかけからして、ツイッターのつぶやきで藤野さんがレインズインターナショナル(牛角)の社長・西山さんを巻き込んだことに始まっていますし、当日のセミナーの様子はダダ漏れ女子ソラノちゃんによりUSTREAMで配信されていたり、リアルタイムでツイッターで質問や感想が飛び交っていたり。。。見事にソーシャルでイマドキ~なかんじですね。

それから何より良かったのは美味しい食事をしながら、だったことかな。

Ph2

同じ卓を囲んだのは初対面の皆様でしたが、やっぱりお肉を一緒に焼きながら食べながら、そして飲みながら!ですから、打ち解けますよね。すっかり投資談義に花が咲いたわたしたち。個人投資家というのは普段はわりと孤独なものですから…こういう機会でざっくばらんに情報交換ができるのはとても貴重なことなのです。

今度の私たちのセミナーでも参考にさせていただきたいです!

…と、いうわけで、9月24日の日経マネーナイト、お楽しみに!!!

9月24日(金)日経マネーナイト開催!
詳しくはこちら

それにしても久々の牛角でしたが、メニューが工夫されていてどれも美味しかったですよ。ギガカルビはじゅーしーでお気に入り。ごちそうさまでした。夏ばて防止を理由に気づけば肉食の日が続いており体重が大変なことになってきてますが。

9月 1, 2010 編集部裏日記 | | トラックバック (0)