« 6月号校了しました。編集長インタビューはレッドスター登場! | トップページ | 日経マネー6月号、本日発売! »

2010年4月14日 (水)

アルゼンチンタンゴを聴いて新興国投資を考える

4月21日発売の日経マネー6月号、巻頭特集の個人投資家調査、おもしろいです。今回、しっかり稼いだ投資家の勝ちパターンのひとつに、新興国の株式投信を分散で買う、というのがありました。投資対象は中国とブラジルが人気です。

特にブラジルなど南米は五輪やサッカーW杯など話題も多く、投資家の関心も高まっています。そんな新興国投資を考えるにあたって、南米のバックグラウンドや雰囲気を味わえる催しの紹介です。

5月2日に日本人若手タンゴアーチストの第一人者、平田耕治氏のコンサートがあります。平田氏は16歳で単身、アルゼンチンに渡り、現地でプロに師事、現在は南米、欧州を中心に演奏活動をしているそうです。詳細は以下の通り。

日時 5月2日午後2時半開演

場所 中目黒GTプラザホール(目黒区上目黒2-1-3 03-6412-5377)

入場料 2900円 お問い合わせはオフィス・ヒラタ・コウジ(090-9142-1059)まで

4月 14, 2010 編集部裏日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/48086009

この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチンタンゴを聴いて新興国投資を考える: