« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月24日 (水)

妖怪ふぁんどのセミナーに行ってきました

編集部の坂崎です。

妖怪ふぁんど

がこのたび登場しました。

妖怪

ファンド

って
結びつかないですよね、普通…。

簡単にまとめますと
●水木しげるの妖怪をモチーフにした「妖怪だるま」
Yokai2を製作する資金を集め、その売上げの利益を配当するファンドです
●妖怪だるまは、日本屈指の世界的デザイナーがデザインを担当します(佐藤オオキ氏率いるnendo
●妖怪だるまは、岐阜県多治見で明治時代から続く産地メーカーで作られます
●妖怪だるまは、新丸ビルやミッドタウンなどでライフスタイルショップを展開するイデアインターナショナルが販売します
●妖怪の知名度が上がることで、水木しげるロードのある境港市の地域活性化に貢献します

Yokai1

ミュージックセキュリティーズの妖怪ふぁんど 公式サイト
http://www.yokaifund.jp/

この不思議なファンドが設立するまでの経緯は、
NBオンラインの記事(09年10月)でも読むことができます。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20091014/207026/?P=1

私もちょっと気になっておりまして、先日、その妖怪ふぁんどのセミナー参加してきました。
レオス・キャピタルワークスの藤野英人さん、イデアインターナショナルの橋本雅治社長、ミュージックセキュリティーズの小松真実社長、そして参議院議員の田村耕太郎さん(鳥取県選出)。ファンド設立に携わった方々が揃い踏みでした。

鳥取県出身の田村議員は「地方は、国からお金をもらうのではなく、個人の意志あるお金を集めないといけない」と力説。「お金も出すけど口も出す」そういう投資家の存在が、地方を元気にするようになると。「日本一イケてないド田舎がやるからこそ、意味がある。このビジネスが成功すれば、負けてられない、とほかの地方も奮起してもらえるはず」。初めてお目にかかりましたが、アツい方ですね。胸板もアツい方でした。

イデア橋本社長からは「世界的なデザインコンテストに「妖怪だるま」を出展予定。NYのMOMAショップにおいてもらえないかも打診中。日本のデザインが世界へ、夢がもてるビジネス」と頼もしい言葉が。

そう、デザイン性の高さに注目する個人投資家も多いようでした。セミナーに参加していた鳥取県出身の女子によると「妖怪グッズはこれまでもいろいろあったけど、どうしても『地方のお土産』の域を出てなかった」そうなのですが、でも、このだるまは違った、と話します。「一目見て、かわいい!と。で、調べてみて『やっぱりnendoか!』と納得。これなら売れるかも」

日本が誇れる、「コンテンツ力」「ものづくり力」の粋が合わさって、それが地域を活性化し、日本全体を元気にする―― 妖怪ファンならずとも、妖怪に夢を託してみるのも面白いかもしれません。

それにしても妖怪ファンって結構多いらしいですねぇ。あまり知らなかったのですが、妖怪検定も毎年にぎわっているそうで。さらに、この春からは、NHKの朝の連続ドラマで「ゲゲゲの女房」がスタート、秋には映画も公開されるそうですから、何かと妖怪まわりはにぎやかになりそうです。

さて、この妖怪ふぁんどを販売するミュージックセキュリティーズですが、同社小松社長は発売中の日経マネー5月号で、藤沢久美さんとの対談記事にご登場いただいています。ファンドの概念を、ひょいっと超えた、一風変わったファンドをたくさん組成しています。こちらの記事もぜひどうぞ。

3月 24, 2010 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

ドバイ視察ツアー報告会を開催しました!

こんにちは。編集部の坂崎です。

以前、このブログでもチラリお知らせしたドバイ視察ツアー
私もすっごくすごく興味があったのですが、急な日程だったので都合がつかず…。参加者の皆様の感想が聞きたかったので、編集部では報告会を開催しました!

現在好評発売中の日経マネー5月号「特別企画 個人投資家 ドバイ・アブダビ視察ツアー報告会」としてその日の様子をリポートしましたので、ぜひごらんください。

Dubai

ドバイ・ショック後の現地は実際どうだったのか?
現地の有望株は見つかったのか?
ドバイ視察を経て、投資スタンスにどう影響があったか?

などなど、個人投資家の皆さんが熱く語り合っております。

ちなみに、視察ツアー参加者のブログはこちらです↓
2月上旬のエントリーに、ドバイツアーのことが書かれています。

WITV主宰 石田和靖さんのブログ
http://kowloon.livedoor.biz/

FX投資家 鳥居万友美さんのブログ
http://ameblo.jp/toriimayumi/

公認会計士 平林亮子さんのブログ
http://blog.livedoor.jp/hirabayashicpa/

個人投資家 エマージングさんのブログ
http://www.blog.01investor.com/

個人投資家 しむしむさんのブログ
http://invest-bricsplus11.info/dubai-kabu/

海外投資マニアばかりが参加したのかと思いきや、海外投資を積極的にやっていない方もけっこう参加されていたみたいで、彼らも、自分の視野が広がった、充実した旅だった、と話されていたのが印象的でした。

日本はグローバル経済に否応なく巻き込まれているので、その日本でどうやって幸せに暮らすか、を考えたとき、日本の外に目を向けて、世界の変化を感じてこられたことは、想像以上に意味のあることだったみたいです。メディアを通じてじゃ伝わらない、感覚があるんでしょうね。報告会で皆さんのいきいきした眼をみて、そう感じました。

さて、このツアーの主催者である石田さん、その勢いはとどまることをしらず…
次は、サウジアラビア!!
サウジ大使館とタッグを組んだ視察ツアーを主催するとのことです。
まだ詳細は決まっていないようですが、日程や概要はこちらから!

http://kowloon.livedoor.biz/archives/51796928.html

3月 23, 2010 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

アジアで大人気の日本製品!

編集部の武田です。

明日発売の日経マネー5月号では「アジアで稼ぐ日本株」特集を担当しました。

アジアに進出している日本の会社を紹介するにあたり、中国、台湾、タイ、ベトナムに住む現地の方から「身の回りの日本製品をデジカメで撮ってきて」とお願いしました。

どんな写真が来るかと思って待つこと1週間……。

届いた写真はどれもユニーク!爆笑モノもたくさんありました。写真は特集の最初の方にまとめてありますが、残念ながら掲載できないものもたくさん。いくつか紹介したいと思います。

【その1】
誇らしげに髭をそる中国人のおじさん

自分が持っているパナソニックの電気シェーバーがご自慢だったようで、髭をそるポーズを撮った写真を送ってきてくれました。

031901

残念ながら、シェーバーに載っている"Panasonic"のロゴが小さかったため、誌面には載せられませんでした。中国人にとって家電製品は依然として高級品。電気シェーバーを持つこと自体がステイタスで「喜んで髭をそる」姿がとても印象的でした。  

                                            

【その2】
ナゾのきのこ料理

031902

日本でもおなじみ「ホクトのきのこ」が台湾でも売られているということで、台湾人が「きのこ薬膳鍋」をわざわざ作って写真に撮ってきてくれました。ホクトのぶなしめじ、ブナピーが鶏肉、漢方薬とともに煮込まれていて、、クコの実が散らされています。美味しそうー。「しょうゆはキッコーマンのものを使いました」とのコメントも。中華料理できのこは多用されるだけに、アジアのきのこ消費量はバカにならないんだなと感じさせる一枚でした。(写真はキッコーマンのサイトより)

ちなみに誌面ではハウス食品の「バーモントカレー」が中華風にアレンジされた写真が載っています。ぜひ見てみてください。

【その3】
美女とお菓子

タイでは日本のお菓子が非常に人気です。タイに住む若い女性達がなんと!日本のお菓子を大量に集めて撮影してくれました。ポテトチップス、かっぱえびせん、ポッキーと、山盛りのお菓子をキレイに並べて(誌面に載せることを考えてくれたらしい)撮ってくれました。

031903

ロングヘアのタイ女性がお菓子を持って写っている写真は、そのまま広告に出してもおかしくないくらい絵になっていて、とてもきれいでした。日本の製品、モテモテです!!

3月 19, 2010 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

日経マネーDIGITAL・編集長コラムスタート!

日経マネーの公式WEBサイト「日経マネーDIGITAL」にて、本日から鈴木編集長のコラムがスタートしました。

編集長の取材メモ
「ちょっと強気でいいですか」

http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/a00c/105180/

新聞でも雑誌でも目に付く見出しは弱気ばかり。二番底、国債暴落、欧州危機‥‥。暗い話は聞き飽きました。取材の現場から日常風景まで、ニッポンの光明を探していきます。

第1回は「明るい兆しを見つけよう!」です。

Large_icon

※似すぎ!と評判の編集長アイコン…

今後の連載をお楽しみに!

3月 18, 2010 お知らせ | | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

編集長のひとこと  次号編集長インタビューは迫力満点!

ようやく春めいてきました。この週末はコートをそろそろクリーニングに出そうか、悩むところかもしれません。プロ野球、センバツ高校野球もまもなく開幕、株式相場にも春の兆しが‥(みえるような気がする)。

大相撲春場所も始まりました。朝青龍の引退でお客さんが減るのではと、懸念されていますが、力士たちは連日、白熱した取り組みを見せてくれます。と言うわけで、次号3月21日発売の日経マネー5月号の編集長インタビューは、元第62代横綱大乃国の芝田山康親方です。

20100213_nikkei_070

親方は現在、都内・杉並区に相撲部屋を開いており、インタビューも稽古場のある芝田山部屋でお願いしました。ぶつかり稽古なるものを始めて目の前で拝見しましたが、鍛え上げた力士たちがぶつかり合う、その迫力は想像を絶するものがありました。

それでも親方に言わせると、「まだまだぬるい」! 昔の力士は本当に倒れるまで稽古したそうですが、今は厳しい稽古に絶えられない若者もいるそうで、中には入門から半日で帰ってしまうものもいるとか。若手育成の苦労は、どこの世界も同じようです。

インタビューは相撲に対する親方の熱い思い、育成の苦労から、元横綱・朝青龍へのメッセージまで、たっぷり語っていただきました。地元北海道・十勝を選挙区とする石川議員への思いなども含めて、幅広い、深みのあるインタビューになりました。ぜひお読みください。

3月 15, 2010 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

アニュアルレポートで銘柄分析

編集部の坂崎です。

アニュアルレポートってご存知ですか?
日本語では「年次報告書」とも呼ばれ、経営内容についての総合的な情報を掲載した冊子です。

欧米では一般的に作られているそうなのですが、日本では有価証券報告書のように「必ず作らなければいけない」という決まりもなく、上場企業のうちアニュアルレポートを発行しているのは、約400社くらい。そのうち日本語版が作られているのは200社くらいだそうです。
私自身も、アニュアルレポート=海外投資家向けの英語の資料 という先入観がありましてあまり馴染みのないものだったのですが…

先日、コモンズ投信で「アニュアルレポートに触れてみよう!」というセミナーに参加しまして、私も初めてじっくり読んでみました。
長期目線での銘柄分析にとても役立つツールなのだそうです。

セミナーでは最初にバリューリサーチ佐藤明さんによるアニュアルレポートの読み方の解説がありました。

NBオンラインでもアニュアルレポートについての佐藤さんの記事が載っています↓
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20090730/201243/
なぜアニュアルレポートが長期投資に役立つのか? 納得できると思います。

そして、実際に数社のアニュアルレポートについて、実際に触れて、読んで比較。

Imgp2845

どこの会社のアニュアルレポートが一番優れているか、などセミナー参加者と話しあいました。(ちなみに私はコマツが一番よかったなぁと思いました)

とても、楽しい体験でした

というのも、決算書のように白黒の文字だけ、非常に無機質、静的な決算書に比べて、アニュアルレポートはカラーでレイアウトも自由な「雑誌」に近い。決算書だと、「よーし、読むぞーーー!!」って気合が必要ですよね(ま、プロはそうでもないのかもしれませんが…)。でも、アニュアルレポートは、社員の笑顔の写真やら、分かりやすいグラフやらがたくさん入っていて、雑誌感覚で、気軽に、楽しみながら読めるのです。で、1冊読むと、その会社の「今」がだいたい、伝わってくる。個人投資家にとって、最もとっつきやすいIR資料だといえるでしょう。

Imgp2848

投資検討しているところがアニュアルレポートを出していたら、ぜひ読んでみることをお勧めします。

…といっても普通、アニュアルレポートって個人投資家にはあまり配られていないようなのですよね…。コスト的な問題だと思いますが…。大抵は会社のIRサイトからPDFで見られるようになっているのですが、冊子で読んでみたい、という方はIRの方に電話して聞いてみてください。

3月 11, 2010 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

投信、売る側のホンネ

編集部の坂崎です。
先日のアンケート結果は、鋭意分析中です!

…が、ただいま、3月発売の日経マネーの校了作業もヤマバを迎えております。平行の作業となり、ヒーヒーゆっておりますが…。また今年ならではの新しい視点が出て、面白い記事になりそうです。お楽しみに。

さて、いま私たちがまとめているのが「個人投資家白書 2010」ですが、こんな面白い白書もご紹介。

「投信窓販白書 2010 投信上司」
http://www.nikkoam.com/fund-academy/whitepaper

投信上司!

新しいフレーズですね。まず目を引きます。

日興アセットマネジメントが、投信の販売会社の担当者のホンネをまとめて、今年2月に発表した調査データです。投信の銀行窓販解禁から10年を機に昨年2月に発表した「投信窓販白書」が好評で、その第2弾だそう。

皆さん、投信を「売る」側の立場をどれだけ理解していますか?

これ、おそらく業界向けの白書だとは思いますが、一般の個人投資家が読むのも非常に有意義ですよ。

特に今年の白書はタイトルからも分かるように、支店で指示を出す「上司」と、現場で直接顧客と接する「部下」、2つの立場を比較することで、販売サイドの想いやジレンマを生々しくあぶりだしています。

投資信託については「売る」側と「買う」側、十分なコミュニケーションが取れているとはいえないのが現状。「銀行の担当者が薦めるから買ったが大損した」「複雑な商品なのにきちんとリスクが説明されなかった」などなど……投信の販売担当者に対して、恨みがましい投資家の声もしばしば編集部に届いているのです。

ですが、買う側からも、もっと歩み寄って、売る側のホンネを理解することも必要なのではないでしょうか。

お客さんに損をさせたくて投資信託を売る、そんな担当者はいません。ただ、販売会社の中でも上司と部下という間でミスコミュニケーションが起きていることで、結果的にお客さんにとって不利な状況が発生してしまっているのだろう、ということが分かります。

投信の販売現場を理解するのにとても分かりやすいレポートでした。

3月 10, 2010 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

アンケートにご協力ありがとうございました!

個人投資家アンケートは終了いたしました!

ご回答者はなんと16,818名です(2月18日~3月1日実施)。

長いアンケートにもかかわらず、昨年の1万人を大幅に上回るご回答をいただきました!

ご協力いただきました皆様、どうもありがとうございました。

これから分析に入ります!

結果は4月21日発売の日経マネー6月号の特集内で公開いたします。お楽しみに!

3月 2, 2010 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

特別セミナー「カリスマの教室」第2回!

こんにちは。編集部の羽生です。

知る人ぞ知るカリスマ個人投資家が、日経マネー読者だけに門外不出のワザを伝授する人気連載「カリスマの教室」。その第2回セミナーが2月24日(水)に日経BP社で開催されました。

Karisuma

今回の講師は喜多孝仁(きたたかひと)さん。PO(公募増資)株を活用した、負けない鉄板投資術をみっちり紹介してもらいました。

ところで皆さんはPO株をご存知ですか? IPOなら知っているという方も多いかもしれません。ですがPO株は購入倍率も低く、初級者でもいくつかのポイントをマスターすれば確実に3%を狙っていけるという、究極の鉄板投資です。

詳しくは誌面(日経マネー5月号・3月20日発売)でじっくりご紹介しますが、PO株のオイシイところを少しだけ公開すると……

(1)2週間と短期間で勝負するので、業績や財務状況など分析力がなくても成功する。

(2)3%前後と利益は少なく見えるが、確実に取っていけば、資金はとても効率よく増えていく。

(3)相場が軟調なときにも、利益を上げることができる。

とくに(2)は注目です。09年にPOをした銘柄は59ありました。大型の公募・増資でも、毎月4本程度はあります。もし、手元の100万円を毎月4本のPO株で3%ずつ増やしていくとどうなるでしょうか?

1カ月後・・・約113万円
3カ月後・・・約143万円
半年後・・・・約203万円
1年後・・・・約413万円
2年後・・・・約1708万円
3年後・・・・約7056万円

……おっと!ついつい獲らぬ狸の皮算用をしてしまいました(笑)

ですが、この夢のような運用も机上の空論ではありません。セミナーに参加された読者のみなさんも、下記のようにな感想を寄せてくれました。

-------------------------------------------------------------------
●非常におもしろかった。一歩ふみこんだ考え方に触れることができて大変有意義な時間を過ごせました。ありがとうございました。
(26歳 renoさん 投資歴4年半)

●大変興味深い面白いお話でした。ぜひ実践してみたいと思います。ただし、空売りというのをやったことがないのでこの部分のイメージが良く分からなかったのが残念です。誌面で詳しく書いてください。(59歳 投資歴10年)

●非常に面白いセミナーでした。仕事上、電話でのやりとりが利用できないので対面口座は開けませんが、Xdayを検証して空売りと買いを利用してみたいです。(34歳 しみずさん)

-------------------------------------------------------------------

具体的なマル秘ノウハウは日経マネー5月号の「カリスマの教室」でじっくり解説します。どうぞお楽しみに!

3月 1, 2010 編集部裏日記 | | トラックバック (0)