« 住宅ローンの返済に困ったときに するべきこと、してはいけないこと | トップページ | とりあえず、定期預金から »

2010年1月12日 (火)

個人投資家が選ぶ、ファンド・オブ・ザ・イヤー

編集部の安原です。

小さい頃から本好きで、面白い本をどんどん読みたい。
うれしいのは目利きの本好き仲間からの情報です。
たとえば、未知のジャンルに挑戦しようというとき、
これぞという一冊にいきなり行き着くことができます。
そして「なぜこの本か?」という熱い語りを聞くのがまた楽しい。

1月9日(土曜日)に、ニフティが運営するイベントハウス
東京カルチャーカルチャーで開かれた
『インデックス投資ナイト』に参加して、ふとそんなことを連想しました。

インデックス投資好きの個人投資家を中心とした
「投資家自身の手で投資環境を良くしたい」という思いで実現したイベントです。

ここで発表された、
『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2009 』
は、まさしく目利きの個人投資家によるおすすめ投信のラインナップです。以下、ベスト10位の11本です。

●1位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
(バンガード・インベストメント・ジャパン)

先進国、新興国市場を含む47カ国の株にこれ1本に低コストで投資できる海外ETF。
インデックス投資家たちが国内の証券会社を通じて買えるようになることを待ちに待っていた商品です。
販売会社はSBI、マネックス、楽天証券。

●2位 e MAXIS 新興国インデックス
(三菱UFJ投信)

新興国株の株式指標、MSCI エマージング・マーケット・インデックスとの連動を目指すインデックス投信。新興国株のインデックスファンドはまだ少なく、特にこの商品は信託報酬0.63%と最安。1位のVTと最後まで票を争ったそうです。
販売会社はSBI、マネックス、楽天、カブドットコム証券。

続いて、3位~10位です。
●3位 STAM グローバル株式インデックス・オープン(住信アセットマネジメント)

●4位 STAM 新興国株式インデックス・オープン(住信アセットマネジメント)

●5位 e MAXIS 先進国株式インデックス(三菱UFJ投信)

●6位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(セゾン投信)

●7位 外国株式指数ファンド(三井住友アセットマネジメント)

●8位 ニッセイ日経225インデックスファンド(ニッセイアセットマネジメント)

●9位 ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス)
*ここではじめてアクティブ投信が登場。マーケットが大きく落ち込んだときにも比較的下げがマイルドだったこと、こだわりのある銘柄選別が評価する声があったそうです。

●10位 バンガード・エマージングマーケットETF(VWO)
(バンガード・インベストメント・ジャパン)

●10位 JFチャイナ・アクティブ・オープン
(JPモルガン・アセットマネジメント)

より詳しくはこちらで読むことができます。

http://www.fundoftheyear.jp/

今回、投票に参加した投信ブロガーは45人。
1位を受賞したバンガード・インベストメント・ジャパンからは「最高に晴れがましい気持ち。特定の機関や業界関係ではなく、個人投資家からもらったのが光栄」という受賞スピーチもありました。

運営された投信ブロガーのみなさま、おつかれさまでした!!
来年もまた楽しみにしています!

1月 12, 2010 編集部裏日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/47276128

この記事へのトラックバック一覧です: 個人投資家が選ぶ、ファンド・オブ・ザ・イヤー: