« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

勝間和代さん×編集長 ムック本出版記念トークショー!!

11月25日に発売しました日経マネーからのムック本、『勝間和代 あなたも「お金」に愛される!』

この刊行を記念しまして、12月21日(月)、丸善丸の内本店にて、トークショーイベントを開催します!Katuma

来年からすっきりスタートが切れるよう、今年のうちに「お金」のもやもやも整理しておきたいですよね。金融の知識が分からなくても大丈夫です!ぜひお誘いあわせの上、ご来場ください。事前予約制になっていますので、お早めにどうぞ!

詳細は、こちらをごらんください!
http://www.maruzen.co.jp/Blog/Blog/maruzen02/P/8884.aspx

<イベント内容>
丸善 丸の内本店
日経BP社『勝間和代 あなたも「お金」に愛される!』刊行記念
勝間和代さん&『日経マネー』鈴木亮編集長 トークセッション

日時:2009 年12月21日(月)19:00~
場所:丸の内本店 3F日経セミナールーム
定員:100名様
要整理券:電話予約可
電話予約、お問い合わせ:丸の内本店 和書グループ
丸の内オアゾショップ&レストラン1~4階 Tel : 03-5288-8881

11月 30, 2009 お知らせ | | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

新連載のお知らせ⑨内藤忍さん「知ってるようで知らないおカネの話」

編集部の武田です。週末の相場は大荒れでしたね。FXでドルのポジションを持っていた私の友人は、1ドル87円あたりから損切りしようか迷いに迷った挙句、今朝損切り。その直後に1ドル84円まで動いたそうで。「怖かったー」と語っていました。

厳しい環境ですが、プチリニューアルした『日経マネー1月号』はお陰様で販売好調です!嬉しいときも悲しいときも、投資の勉強は続けましょう(笑)

さて、4年以上にわたって本誌で連載を続けておられる内藤忍さんのコラムもこのたび、リニューアルしました!タイトルは「知ってるようで知らないおカネの話」です。Naito

内藤さんと新連載について相談した際「痒いところに手が届く『孫の手』のようなコラムにしたい」との要望がありました。運用について勉強したつもりになっても、意外と気づいていないことや、いざ説明しようとすると実はよく分かっていない投資用語はたくさんあります。それらを毎月1つずつ取り上げてていねいに解説するのがコンセプトです。投資上級者の方でもスキルアップに役立つ、読み応えのあるテーマを毎月選んでいきたいと思っています!

難しいことを分かりやすく伝えるのが上手な内藤さんならではの語り口をどうぞお楽しみください。

11月 28, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

確定拠出年金を使いこなそう!<12月1日セミナーのお知らせ>

みなさん、こんにちは。元編集部員、日経新聞生活経済部の田村です。

本日はお知らせです。

老後の年金の原資が自分の運用にかかっている確定拠出年金。会社で導入されていなくても、一定の条件をみたせば個人型にも加入可能です。

掛け金が非課税で節税になるなど使いこなせば大きな力になる制度ですが、加入者に十分な知識がないことなどで十分活用されていません。

そんな確定拠出年金の使いこなし方に関するセミナーが開かれます。主に企業の人事・総務担当者向けですが、投資する側にも大きく勉強になりそうです。関心のある方はいかがですか?

●開催日時 …2009年12月1日(火) 17:45 ~19:45(受付け開始17:40~)
●会場…南部労政会館(JR大崎駅 徒歩5分)
●参加料…無料
●内容
17:45~18:45 「確定拠出年金をめぐる最新情報」
18:45~19:45 「投資教育の重要性と企業の実情」

●お申込み方法 …下記問合せ先までFAXで希望をお伝えください。
NPO法人 DC協会(確定拠出型年金・教育普及協会)
TEL:03-3222-6113 FAX03-3222-6008
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-17-3 都ビル6F

詳細はこちら。
http://www.nenkinnet.co.jp/dc/5_semina.html#muryou

11月 27, 2009 お知らせ | | トラックバック (0)

豊島さん×森下さんの対談!

編集部の坂崎です。

次号『日経マネー』2月号の巻頭特集は「2010年 資産運用大予測!」

昨日は、その企画の取材。金投資のプロフェッショナル、豊島逸夫さんと森下千里さんの対談が行われました!豊島さんは日経マネーDIGITALでの金投資コーナーが大人気です!Imgp2583

きっかけは…千里ちゃんからの
「金投資がやりたいんですけど、詳しい方いませんか?」
とのメール。

がってん、まかしときーーっ!
企画ネタいただきー!good

というわけで、金の第一人者、豊島さんにご依頼しまして、誌面相談会にしちゃったわけです。そういえばちょうど1年前にも同じようなことがあったなあcatface

「デフレなのに金が上がるのはなんで?」
「これからでも金は買っていいの?」

千里ちゃんが気になっている、そして読者の方々も気になっているであろう、金、そして世界経済についての素朴なギモンを豊島さんにぶつけてもらいました。

千里ちゃんのブログでもアップされています!

初心者から経験者まで役立つ、中身の濃い対談になっていますので、12月21日発売の日経マネー2月号をお楽しみに。

さて、さらに急激に進行している円高ですが、千里ちゃんのFX状況がちょっと心配に。昨日「ドル買った」というよーなことをゆっていたような気が…coldsweats01

さておき。

先月発売になりました千里ちゃんのFX・225の本、とても実践的でお薦めですよ↓
詳しくはこちら
日経マネー 連載「森下千里のFUNFUNマネー 初のマネー本を出版しました!」
http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/0iaa/104430/

11月 27, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

Editor's Eye本日更新しました!

現在発売中の『日経マネー1月号』!もうお読みいただけましたか?

おかげさまでリニューアル特大号ということで売り上げは好調です☆

…しかしながら相場環境は厳しさを増しています…円高が進み86円台突入、日経平均は4ヶ月ぶりの安値を更新してしまったわけですが…gawkこんなときでもあきらめずに長期的視野で資産形成について考えてみてください。資産を殖やすための、投資以外のアプローチも満載です。

こちらの動画では、鈴木編集長が1月号の見どころを解説しています。

Editor's Eye 収入が減っても資産を増やすルール

http://www.nikkei.co.jp/bb/index.html
左のバーの 「Editor's Eye」をクリックしてください。

11月 26, 2009 お知らせ | | トラックバック (0)

海外投資をカフェで楽しく学ぼう!

編集部の坂崎です。

昨日のブログでもご紹介した、石田和靖さん、なんと六本木に「カフェ」を開いてしまうそうです!

世界を知り、日本を元気にする!初の金融エンターテインメントカフェ!
日本と世界をつなぐ投資経済コミュニティが六本木に登場!
『ワールドインベスターズ・トラベルカフェ』
12月8日グランドオープン!!

詳細はこちらから。
http://www.worldinvestors.tv/guide/release091120.pdf

投資というと堅苦しくなりがちですが、カフェという場で、ストレスなく、楽しく投資を学ぼう!というのがコンセプトだそうです。

目玉その1!店内ライブ放送
毎週月・水・金の夕方放送!前半はその日の世界市況をお届けするワールド・マーケット・コメント、後半は毎回様々なゲストを招いた投資や経済のトークライブという構成です。

目玉その2!イベントが豊富
世界経済をリアルに体感できる様々なイベントが豊富に開催されるもよう。協賛社をはじめとして、金融機関、取引所、政府系企業など、幅広い分野のイベントを計画中だそうです!カフェという雰囲気だからこそ、フラットな関係で意見交換ができる貴重な場ですね。『日経マネー』でも何か一緒に面白いイベントができないか画策中です!

カフェオープンに先立ち、既に同じ場所で何回かイベントを開催されています。

(続きはこちら↓)

中でも大規模だったのが、今月開催された「SWFプレゼンツ!中東・アフリカナイト」
アブダビ政府系ファンド(SWF)グループの中東アフリカ部門、「InvestAD(旧ADIC = アブダビ政府投資会社)」のCIO、デビット・サンダース氏が来日、個人投資家向けに日本からではあまり知ることのできない、中東とアフリカの投資事情について、解説してくださるという企画でした。Event1 しかも2夜連続…

私も潜入してきました。
現地のナマの情報が得られるとあって、たくさんの投資家が来場、会場はすごい熱気でした…!!Event2

デビッド・サンダース氏は日本語ぺらぺらで、とてもフレンドリー!講演後、誰でも気さくに質問ができる雰囲気もカフェならではかもしれません。

投資業界の著名人にも出会えるのが石田さんのイベント。
中東ナイトでは、コモンズ投信の渋澤さん、CFD投資でも有名な三空さんにもお会いしました。左は、個人投資家をさしおいて、うっかり、クイズゲームで優勝してしまったセゾン投信の中野さんと、石田さん…。Event5

これからどんな展開があるのか、オープンが楽しみですねー。                      

ワールドインベスターズ・トラベルカフェ
東京都港区六本木6-1-3六本木六門ビル1F
03(5785)2061
営業時間 月・火曜日11:00~翌2:00
     水・木曜日11:00~翌3:00
     金・土・祝前日11:00~翌7:00
     日・祝日11:00~23:00

11月 26, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

新連載のお知らせ⑧:石田和靖の「やっぱり日本が好き」

編集部の坂崎です。

引き続き、11月21日発売、『日経マネー』1月号からスタートした新連載のお知らせです。
第8弾は、海外投資家のSNSワールドインベスターズ主宰、海外投資情報動画サイトワールドインベスターズTVのプロデューサーの石田和靖さんの「やっぱり日本が好き ~海外で頑張る日本企業を追え~」です。Ishida

石田さんは新興国中心に投資調査の旅を続けており、「冒険投資家」と呼ばれています。現地の金融関係者とのつながりも大変深く、今年はイラクで取材をしてくるなど、貴重な情報を我々に提供してくださっています。

こうして海外を飛び回っている石田さんですが、いつも旅先で感じているのは「日本企業の底力」だそうです。日本国内にいては知ることのできない、日本企業の海外での活躍を目の当たりにするたび、ますます「日本が好きになる」とのこと。

この連載では、石田さんが実際に海外で見聞きしてきたこと日本企業の活躍ぶりをご報告いただくことで、読者の方にも日本企業を、日本をもっと好きになっていただきたいと思います。

第1回はドバイ、サウジの冒険記より、「水」ビジネスを支える日本企業のお話です。

写真は石田さん@サウジアラビア。Ishidagazou1

第2回以降もお楽しみに!

11月 25, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

勝間和代さんのマネームックが発売になりました!

『日経マネー』からムックシリーズが登場しました!
第1弾は本誌連載でもおなじみ勝間和代さんのマネーエッセンスが詰まった1冊です!

本日発売!

勝間和代Katuma
あなたも「お金」に愛される!

11月25日発売
定価880円

ネット書店ではこちらから買えます!
Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/dp/4822263525/
楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/item/6222292/
セブンアンドワイ
http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/07218715

編集長からひとこと

給与やボーナスの減額、株価も低迷、広がる節約志向‥‥。もうすぐ12月ですが、お金に関する明るい話題は少ないですね。「どうもお金とは縁がない。お金が私を避けて通る」とお嘆きのあなたに日経マネー編集部が自信を持って送り出すのが「勝間和代 あなたもお金に愛される」です。
 今ほどお金について不安が高まっている時代はないかもしれません。本誌連載でもおなじみの勝間さんが、そんなあなたの不安を解消してくれます。効率のいい家計管理、すぐに始められる投資のノウハウ、将来に向けた資産づくりなど、これを読めば、あなたもお金に愛されるようになる知恵が満載です。
 「経済や金融は難しい」「資産運用など考えたこともない」という方に特にお勧めです。これから先は経済オンチ、投資ギライでは済まされません。正しい情報と分析力、運用力を持つ人だけが、将来の不安から自由になることができるのです。「勝間和代 あなたもお金に愛される」をぜひお読みください。(編集長 鈴木亮)

11月 25, 2009 お知らせ | | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

新連載のお知らせ⑦:ドクター西野の「決算書の向こう側」

編集部の坂崎です。

11月21日発売になりました日経マネー1月号、新連載のお知らせも7本目です!Nishino_2

今日ご紹介するのは、企業価値検索サービス「ユーレット」を運営するシステム会社メディネットグローバル社長・西野嘉之さんによる「ドクター西野の決算書の向こう側」です。

企業価値検索サービス「ユーレット」とは、インターネット上に公開されている上場企業約4000社の決算書や大株主などのデータを自動的に収集・分析し、ワンクリックで会社の価値を視覚的に把握できるシステム。
一度触ってみていただくと分かると思いますが、かなり便利!すべて無料なので「使ったもん勝ち」のサービスです。個人投資家のみならず、企業のIR担当者や経営者にまで、幅広く使われているようです。Ullet1

この日経マネーの連載では、個人投資家に人気の企業や話題の企業を題材に、ユーレットのグラフからその企業の意外な現状を推理していきます。円グラフでやさしく解説しているので、「決算書の分析なんて難しそう…」としり込みしてしまうような数字ギライのあなたにぜひお薦めしたいコンテンツとなっております!

第1回の題材は「トヨタ自動車」です。
決算書をユーレットの円グラフで可視化してみると、意外な事実が……!?
続きは本誌でご確認ください!

第2回以降も、話題の企業を取り上げていきます!お楽しみに☆

11月 24, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

新連載のお知らせ⑥藤沢久美「そこが聞きたい」

11月21日発売の日経マネー1月号よりFujisawa_mg_1343 藤沢久美さんの新連載が始まりました。

毎号、藤沢さんがゲストの方をお招きして、マネー読者が気になることをズバリ質問するという連載です。第一回は、「グローバル・ソブリンの開発者」こと、投信総研代表の田中英治さん。「グロソブの分配水準は適正?」「運用は上手なの?」といった数々のギモンに答えてもらいます。
この連載では、対談中にツイッターで随時質問を受け付けているのも特徴です。面白い質問があれば、藤沢さんやゲストの方がリアルタイムで回答を返すことも。いつ、誰と対談があるかについてもツイッターで告知しているので、ぜひ藤沢さんをフォローしてください。(http://twitter.com/kumifujisawa)

11月 24, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

編集長のひとこと 次の編集長インタビューは団塊の世代に贈る「青春のメロディー」です

リニューアル号となる2010年1月号の編集長インタビューは、シンガーソングライターの南こうせつさんです。こうせつさん、今年がデビュー40周年、ご自身も還暦と、記念すべき年になりました。そんな節目のタイミングで、「おカネにはあまり縁がないけど‥」といいつつ、日経マネーに登場していただきました。20091031_nikkei_268

こうせつさんといえば、団塊の世代を中心に、今も根強いファンに支えられ、40年間活躍し続けたアーチストです。今年9月、つま恋で開いた野外コンサート「サマーピクニック フォーエバー in つま恋」では、なんと2万人もの観客を動員しました。その人気、まったく衰えません。

団塊の世代の方々は青春時代、「かぐや姫」の歌がいつもそばにあったと思います。そんな方たちが今もコンサート会場に足を運び、こうせつさんの歌に合わせて、自らの青春を回顧し、思いをはせるのでしょう。

インタビューは「デビュー40周年コンサートツアー」会場の楽屋で、お忙しい中、お話を伺いました。その後、拝聴したコンサートは、団塊の世代を中心とするシニアファンで、大変な盛り上がりでした。20091031_nikkei_342

今回のインタビューでは、そんなこうせつさんの40年の歩みや、ふるさと大分での生活、ご自身「あの曲は別格」とおっしゃる「神田川」への思いなどを、めいっぱい語っていただきました。

団塊世代の方も、そうでない方も、ぜひお読みください。

11月 20, 2009 編集長の一言 | | トラックバック (0)

定期購読がお得に!秋の雑誌・書籍フェア開催中

日経BP社では創立40周年を記念して、「秋の雑誌・書籍フェア」を開催中です。定期購読をお申し込みの方に最新号を1冊プレゼントするほか、抽選でブルーレイディスクレコーダー、旅行ギフト券などのプレゼントのチャンスも!Teikikoudoku
 
ブログでも告知しています通り『日経マネー』では今号から連載陣がリニューアルしましたが、第1回から毎号続けて読んでいただくことで、体系的な知識が身に付くこと間違いなし! ぜひこの機会に定期購読もご検討ください。
 
秋の雑誌・書籍フェア <期間限定 09年12月10日まで!>
お申し込みはこちらから↓
http://ec.nikkeibp.co.jp/s/cpw/p/

11月 20, 2009 お知らせ | | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

新連載のお知らせ⑤米山徹幸さんの「IR透視術」

こんにちは。編集部の苅谷です。

東京は真冬のような寒さとなりましたbearing。分厚い脂肪のコートを身にまとった私もさすがに冬服に切り替えました(昨日まで夏物でした!)。

さて、21日発売の日経マネー2010年1月号は編集部の総力を挙げた渾身の一冊、何と新連載が10本も始まります。本日はその一つ、「個人投資家のための企業IR透視術」(筆者は大和総研経営戦略研究所客員研究員の米山徹幸さん)のご案内です。Yoneyamasan

米山さんは大和証券時代から長く企業IR(投資家向け広報)に取り組まれ、上場企業向けにIR支援ビジネスを手がけてこられました。この分野では第一人者であり、鋭い視点から上場企業のIRについて分かりやすく解説していただきます。連載を通しで読めば、企業が株主・個人投資家を向いて経営しているか一発で見抜けるようになるでしょう。是非、ご一読ください。

11月 19, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

新連載のお知らせ④生島ヒロシさんの「おカネはともだち!お~い貯めてるかい?」

1月号から生島ヒロシさんの新連載が始まります。

ご存じの方も多いと思いますが、元TBSアナウンサーで、今もTBSラジオの朝の顔。フィナンシャルプランナーでもあり、おカネにまつわる番組のインタビュー、講演、著作なども多数あります。そんな生島さんが、見て、聞いて、体験した、おカネにまつわる話を軽妙な語り口でお伝えしていきます。お題は、おカネがらみなら何でもあり!Webikushima
新連載「おカネはともだち! お~い貯めてるかい?」 ご期待ください。

11月 18, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

新連載のお知らせ③渋澤健さんの「おカネの哲学」

みなさんこんにちは、編集部の武田安恵です。ただいまマネー編集部は1月号の校了が終わってホッと一息しているところです。でもすぐに次の号の取材が始まりますので、あまりのんびりしていられません。

 さて、11月21日発売の1月号は新連載が続々スタートします。今日は私が担当している渋澤健さんの連載についてちょっと宣伝を(笑)

連載名は
『論語と算盤』から読み解く投資の奥義
渋澤式 おカネの哲学

Blog

です。渋澤健さんは、個人投資家のための長期投資ファンド「コモンズ30ファンド」を運用するコモンズ投信の会長です。コモンズ30ファンドは長年、外資系金融機関にてトレーダーを務めた渋澤さんが長期投資の必要性や素晴らしさに改めて「気づいた」ことで'07年に設定されました。

運用畑の渋澤さんですが「渋澤」の名前からも察することができるように明治時代に活躍した「日本実業界の父」渋沢栄一の7代目子孫です。本連載は、渋沢栄一が残した『論語と算盤』をテキストに、毎月投資に臨む際に心に留めておきたい「心構え」を紹介するコーナーです。

『論語と算盤』ってナニ?
渋沢栄一は日本近代化の時期に、日本を経済で豊かにするにはどうあるべきかを生前、さまざまな場所で説きました。その談話録をまとめたのが『論語と算盤』です。渋沢栄一が小さい頃から親しんだ『論語』の考え方を経済活動に当てはめ、金儲けだけにとらわれない、道義的な経済のあり方を説きました。今なお、経営者によく読まれる本だそうです。

とても難しい本ですが「投資とは何か」を考える上でためになる本です。私も連載を担当するにあたり、一通り読みましたが「論語」の教養が身につく上に渋沢栄一が明治時代に考えたことが今の時代でもなお、生き生きと輝いていることにとても感動を覚えました。でも、読むの大変だったよ・・・。一通り読破したことを渋澤さんに伝えたら「ご立派です」といわれました(笑)

みなさんに分かりやすい言葉で毎月、エッセンスを紹介できるよう渋澤健さん、頑張るそうです。相場にも詳しい渋澤さんならではの『論語と算盤』の解説が楽しみですね。乞うご期待!

日経マネー1月号は【11月21日(土)】発売です!

11月 17, 2009 | | トラックバック (0)

新連載のお知らせ② 「現場を見に行く」が始まります

新連載のお知らせ第2段です。新製品や高度な技術、最先端の工場など、株価を動かす様々な材料を、記者が自分の目でみてくるルポ、「現場を見に行く」が始まります。

第一回目は三菱自動車工業の水島製作所まで出かけ、夢のエコカーと呼ばれる「iーMEiV(アイ・ミーブ)」の製造現場をみてきました。見ると聞くでは大違い。アイ・ミーブの製造現場でみる光景は驚きの連続でした。223

実際、アイ・ミーブにも乗ってみましたが、ガソリンエンジンを搭載していないため、とにかく静か。停止時などまったく音がしないのにびっくりしました。電池の力はガソリンエンジンより発車や加速のパワーがあるようにも感じました。

これで温室効果ガスの排出がゼロとあっては、究極のエコカーという表現も、うなずけます。普及までにはいくつかハードルもありますが、そのあたりを含めて詳細は本誌で。この連載は随時掲載します。

11月 17, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

日経CNBC中古マンション経営セミナーのお知らせ

日経CNBCから「中古マンション経営セミナー」のお知らせです。

--------

老後の不安を解消する賢いマンション投資。
ビジネスパーソンや個人投資家を対象に、中古マンション投資の魅力や優位性をご紹介いたします。
講師には、協賛社である日本財託の方を招き、実例を交えて丁寧に解説を実施します。
セミナー終了後に、ご希望者に対して個別テーブルにて相談を受け付けます。
当セミナーのご来場者には、もれなく日経CNBCオリジナルQUOカード(1000円分)をプレゼントいたします。

<開催概要>
開催日時 2009年12月13日(日)
13:00〜15:30(12:30開場)
会場 SPACE NIO(東京都千代田区大手町1−3−7 日本経済新聞社本社2階)
参加費 無料

詳細とお申し込みはこちらから。
http://www.nikkei-cnbc.co.jp/event/091213_01/

11月 16, 2009 お知らせ | | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

新連載のお知らせ①米国人女性起業家が教える海外経済サイト攻略法!

編集部より
1月号からの新連載のお知らせです。

英語力には自信なし!
だけど、
世界の最新マーケット情報を入手したい!
外国人投資家が何を考えているか知りたい!
と、思っている人は多いはず。

しかし、いざ海外経済サイトに行っても、
「どこを読むべきか」が分からなくて
いきなり迷子になりがちです。

そんな悩みを解消する連載が
1月号から始まります。
「ロッシェル・カップの
中学英語で経済ニュースを読む」

ロッシェル・カップさんは、シリコンバレー
在住の女性起業家。

Red_jacket_facing_right_2 日本の大手金融機関の東京本店で働いた経験
があり、シカゴ大学MBAで日本語検定1級の
持ち主。自称「ニュース中毒」でもあります。
http://www.japanintercultural.com/ja/about/NA_RochelleKopp.aspx

そんな彼女が、
●経済ニュースが充実している
●無料でも十分情報が取れる
●米国の経済人は必ずチェックしている

ことを条件に日経マネー読者のために
英字経済サイトを毎月ひとつ選び、
読みこなし法を教えてくれます。

連載第一回の1月号は
「ウォールストリート・ジャーナル」。
忙しくても、英語力に今ひとつ自信がなくても
カップさんのやり方なら、
きっと毎日チェックしたくなります。

ぜひ、お楽しみにしていてください。

11月 13, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

編集長のひとこと 1月号校了しました。豪華巻頭特集に付録、新連載も続々します!

2010年1月号、ようやく校了しました。

1月号の目玉は巻頭特集「給料減っても資産を増やすぞ 本気で作ろう自分年金1億円」です。なんと64ページの大特集。001 読み応えがあります。大減収時代に突入したサラリーマン。ホント厳しい時代です。だからこそ、自分の将来のために、資産づくりを始めましょう。

この特集でお勧めはパート2の「ケチ力を高めよう」です。今回、全国のケチ自慢の方の中から厳選し、「第1回 日経マネー ドケチ大賞」を選定しました。どんなドケチぶりが飛び出すか。ご期待ください。

ドケチで貯めた資金をどう運用して、自分年金1億円につなげるのか、ここが最大の読みどころ。家計の力を強めるために、いかに妻に働いてもらうか、副業として不動産投資をはじめるなら、何に留意すきかなど、2010年を生き抜くための知恵が満載の1月号、ぜひお楽しみに。

恒例、2010年 日経マネー特製「投資カレンダー」ももちろん付けます!

1月号のもうひとつの売りは、魅力的な新連載が続々始まること。その数は10を超えます。日経マネーでしか読めない、奥の深い連載ばかり。担当者がこのコ-ナーで、これから順次、紹介していきます。

11月 12, 2009 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

岡田圭右さんにインタビュー

編集部の坂崎です。

11月21日発売の『日経マネー1月号』では、「ケチ力」を高めよう!という企画で、芸能界きっての節約家で知られる、ますだおかだの岡田圭右さんにインタビューをしてきました。

いやー、さすが芸人さん、出てくる、出てくる! 笑えるケチネタ大連発!happy01
ケチのルーツ(おそらく、オカンです)から、実践している節約テクニックまで、語りつくしていただきました。Blogokada
「ケチっていうとね、まあ、女の子ウケは悪いでしょうから、「エコ」なんだ、と胸を張っていえばいいんですよ!!」とポジティブなお言葉で締めていただいております。
最後は編集長、副編といっしょに、「パァ」のポーズで。…盛り上がったんでしょうね、変なテンションです。

インタビュー記事、発売をお楽しみに!

さて、岡田さん、12月に『無欲 岡田がおかだである理由。』を出版されるそうです。
お会いしてみて、売れっ子芸人さんなのに飾ったところがなく気さくな方で感動したんですが、まさに、「無欲」という言葉が、なんだかとてもしっくりきます。(小学校の卒業の寄せ書きで当時から「無欲」、と書いていたらしいです)

11月 11, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

“お金を呼ぶ手帳”の秘訣

編集部の坂崎です。
11月も、半ばに差し掛かり。来年の手帳をそろそろ考える時期ですよね。私も、2010年用をもう用意しましたよ!

先週は、ライターさんのご紹介で、手帳セラピストさとうめぐみさんにお会いしました!

着物の似合うとっても素敵なお姉さまでした!Satosan
手帳セラピスト・さとうめぐみさん
http://utosa.net/

手帳を使った自己実現法を研究されている方で、直近でも、弊社の別媒体『日経アソシエ』や『日経WOMAN』でも、手帳マスターとしてご登場いただいています。12月上旬にオリジナル手帳も発売されるそうです!(購入はオフィシャルサイトから)

日経ビジネスアソシエ 手帳活用術2010
http://www.nikkeibp.co.jp/article/nba/20091016/189070/
日経WOMAN 12月号 働く女性の手帳術★決定版
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/magazine/20091105/104724/

やっぱりマネーの記者として聞きたいのは、「お金を呼ぶ手帳のコツ」ですよね。
いろいろお聞きしたんですが、ここでさとうさんから教えていただいたアイデアを一つご紹介しましょう。

そのコツとは、「豊かさのギフト」を記入していくこと。
お土産や、おすそわけなどで、いただきものをしたり、今日入ったランチのお店でデザートがサービスだったり。
本来はおカネを払って得るものを「いただいた」ときに、それをなるべく手帳に書いておくんですって。

さて、私もちょっと1カ月振り返ってみました。そうすると、案外「もらいもの」って日々もらってたんだなって気づきます。
・親から送られてきた家庭菜園の野菜
・友達からお土産のクッキー
・姉がサイズの合わなかった服をもらう

とか。金額換算すると、結構な額になりそう! 案外、お得な生活してますね、ワタシ。記しておくと、感謝の気持ちも残るからいいですね。

早速実践してみようと思います。

さとうさんいわく「豊かさに気づくと、不思議と豊かさが舞い込んでくるんです。日々持ち歩く手帳は豊かさのギフトを記すのに最適なツールなのです」と。

景気が悪くなると、お金も、時間も、とにかく「ない」ことにフォーカスしがちです。そんな中でも「幸せ」に気づいて、感謝できるか。その前向きな行動が、おカネを呼び込むのかもしれませんね。

11月 10, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

第1回「カリスマの教室」セミナー、大好評で終了!

編集部の羽生です。

次号からスタートする「カリスマの教室」。先日、日経マネー編集部のセミナー室で、抽選に当たった読者さん15名が生徒さん役として、カリスマセミナーに参加されました!

記念すべき第1回となる今回のカリスマ講師は、“日本で最もテクニカル分析を極めた男”として有名な個人投資家の照沼佳夫(てるぬまよしお)さんです。Seminar1 http://terunuma.enjyuku-blog.com/

照沼さんはSPS研究所( http://spsnet.jp )にて20年以上もファンドマネジャーを勤める超ベテラン投資家で、長年に渡り安定した利益を出している憧れの人でもあります。

そんな照沼さんが「株式投資で勝つためのチャート活用術」を2時間じっくりと解説してくださり、プロだけが知るノウハウを惜しみなく伝授してくれました。セミナー終了後、生徒さんたちが「一般論ではない話で、とても説得力があった」「利益確定や損切りの具体的な方法が分かってよかった」と、充実した様子で感想を話しているのが印象的でした。Seminar2

この授業内容は、次号の日経マネー1月号から掲載いたします。プロのノウハウを3回に渡ってお届けする予定です。どうぞお楽しみに♪

11月 4, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

11月14日はハンカチを贈ろう

編集部の坂崎です。

先週は、「「医療崩壊の真実」と未来を考えるトークショー」に参加してきました。
http://ameblo.jp/dp-staff/entry-10376682479.html

いつもの取材とは分野が異なるのであまり知識はないものの、本誌でも連載でお世話になっていた公認会計士の平林亮子先生のトークショーということもあり、ノコノコ顔を出してきてしまいました…☆

対談のお相手は、医療業界専門の人材紹介コンサルタント会社D-プラス代表の勝又健一さん。先月『医療崩壊の真実』を出版されました。元リクルートの営業さんということで、お話も軽快で分かりやすかったです! Seminar1029

少子高齢化による医療費の増加、地域医療、医師不足…医療に関する問題は山積していますが、この日の勝又さんのお話からは、特に医師側の現状、問題点を知ることができました。いずれにしても、問題解決のためには、国や病院任せではなく、医療を受ける側の私たちも一緒になって考えていかなければいけないということを痛感。日経マネーでも医療保険制度などを取り上げることがあるので、記者としても理解が深まってよかったです。

※医療関係者じゃない人にこそ、一読をお薦めしたい本です。
『医療崩壊の真実』(アスキー新書)

さて、お仕事を通じて医療現場のコミュニケーション不足を痛感しているという勝又さんですが、まずは医者と患者のコミュニケーションを推進したい、とのことで、11月14日を「医者に感謝する日」に記念日登録したそうです。Isinikansha バレンタインデーのように、お世話になっている先生に、チョコではなく、ハンカチを贈ろう、という。こういう運動が広まると素敵ですよね。それだけでも、お医者さんと気持ちが一歩近づいて、「医療」がそれまでより身近に感じられる気がします。

皆さんも、お世話になっている先生、いらっしゃいませんか?お土産にハンカチをいただいたので、私も先生にプレゼントしようと思います。

11月 2, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)