« NYSE Liffeの先物市場解説セミナー | トップページ | 1万円の図書カードが当たる!「海外投資アンケート」 »

2009年9月15日 (火)

次号の編集長インタビューは「子供が中学生の父親、母親」に贈ります

民主党政権の誕生が秒読みです。閣僚人事も徐々にみえてきました。次号日経マネー11月号でも、「民主党政権で上がる株」を巻頭特集で取り上げています。ご期待ください。

さて、次号の編集長インタビューは、少年小説の最高傑作『バッテリー』の著者、あさのあつこさんです。S あさのさんは児童文学のご出身で、作品は中学生や高校生が読むとしっくりくるものが多いのですが、私のようなオヤジ世代でもはまる人が増えています。子供が読んでいた『バッテリー』などの小説を何気なく手にしたところ、その面白さにすっかり夢中!というパターンが多いようです。私もこのパターンで、はまりました。

インタビューは、中学生の子を持つひとりの父親としても、身につまされる、しみじみとココロを洗われるひとときでした。今、お子さんが中学生、高校生ぐらいの方、ぜひ読んでください。おもわず「そうだよ!、そんなんだよ!」とひざをたたくことでしょう。

3年前の夏の甲子園、斎藤祐ちゃんと田中マー君の決勝再試合をめぐる、あさのさんの考察も、一読の価値アリです。

9月 15, 2009 編集長の一言 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/46219791

この記事へのトラックバック一覧です: 次号の編集長インタビューは「子供が中学生の父親、母親」に贈ります: