« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月24日 (金)

本のプレゼント!

こんにちは、編集部の苅谷です。

もうすぐ待ちに待ったゴールデンウイークですね。しかし、編集部は次号、7月号の作業が佳境に入っており、なかなか落ち着いて休めません(涙)。せっかく給付金も入るというのに…。

さて、今日は本のプレゼントのご紹介です。

まず、1冊目は『世界金融危機からの再生』(東洋経済新報社)です。Saisei_2 著者は三菱UFJ信託銀行理事の中村裕一さん。
サブプライムローン問題から世界経済危機に至るまでの過程について、米FRB、 IMF(国際通貨基金)、世界銀行、日銀などの資料をベースに分かりやすく分析されています。

もう1冊は『28歳貯金ゼロから考えるお金のこと』(中経出版)です。著者の田口智隆さんは神田隆というペンネームでブログ(http://kanda.enjyuku-blog.com/)を執筆されています。28 内容は田口さんの体験談が中心。20代の「カード地獄」から脱出し、IPO(新規株式公開)投資を活用して資産を築くまでの過程や、お金の大切さなどを分かりやすく訴えています。

中村さん、田口さんのご著書をいずれも4冊ずつプレゼントいたします!
------------------------
プレゼントの応募はこちらの「日経マネープレゼント応募フォーム」からお願いします。
「希望するプレゼント名」を「世界金融危機からの再生」または「28歳貯金ゼロから考えるお金のこと」としてください。〆切は【5月1日(金)】とさせていただきます。
たくさんのご応募、お待ちしております。

4月 24, 2009 プレゼント | | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

編集長のひとこと 発売初日、本屋さんイベント報告

日経マネー6月号の発売初日となった21日、東京地方は雨がぱらつくあいにくの天気でした。株価も大幅下落とあって、スタートダッシュに水をさされた感もありましたが、本屋さんでのイベントはつつがなく進みました。

まず有楽町三省堂さんの巨大ポスター。Photo やはりでかい、目立ちます。勝間さんの笑顔の横には、ニヒルな島耕作が。道行く人々も、ちらりと視線を走らせています。

次にご紹介するのが紀伊國屋書店大手町ビル店さんで21日にあった店内ライブトークです。お昼の12時20分から10分ちょっとの間、私が日経マネー6月号の紹介をさせてもらいました。144

店内にはライブトークで紹介する書籍や雑誌の特設コーナーが設けられ、人目を引きます。

なんといっても雑誌は置く場所や並べ方で、売れ行きが違うので、こういういい場所に置いていただけるのは、本当にありがたいです。

ライブトークには、いろいろな方がいらしており、私の前には、日経マネーで連載を書いていただいている平林亮子さんも、ご登場されていました。146

雨模様の中、がんばって日経マネーを売ってくださったのが、八重洲ブックセンターさんです。入り口に特設ワゴンを設置してくださり、店員さんがつきっきりで、売ってくださいました。

ありがたいですねえ。160 この日は雨もさることながら、風も強くて、店頭販売には、決していい条件ではなかったのですが、八重洲ブックセンターさん、ありがとうございました。

テレビでもたくさん、ご紹介いただき、嬉しい限りです。明日23日は午後2時ごろから日経CNBCで、午後4時ごろからはラジオ日経で取り上げてもらえる予定です。

4月 22, 2009 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

編集長のひとこと 6月号いよいよ明日発売 本屋さんでイベント相次ぐ!

日経マネー6月号「1万人調査でわかった 今もうかっている人の黄金習慣」がいよいよ明日、全国の本屋さんなどで発売です。それに合わせて、都内の本屋さんで、イベントが開催されます。

まず東京駅前の八重洲ブックセンターさんで、午後12時から18時ごろまで、日経マネー特設ワゴンが設置されます。1階の正面入り口あたりで、先着65人の方にプレゼントがあります。ぜひお早めに。

12時20分ごろからは、紀伊国屋書店大手町ビル店さんで、店内ライブトークがあります。私がお耳汚しに出演いたします。

有楽町の三省堂さんでは明日から、通りに面したウインドーに、日経マネーの巨大ポスターが掲示されます。1ヵ月間、掲載されますので、有楽町付近を歩く機会がありましたら、ぜひ目に留めてください。

このほか、丸の内オアゾの丸善丸の内本店さんでは、21日の19時に今号付録のDVDにもご登場いただいた勝間和代さんが、新刊本の発刊に合わせてトークイベントをされる予定で、その際、日経マネーにも、ちょこっと触れていただけるとか。楽しみです。

テレビでも、6月号を取り上げていただく機会が多くなりそうです。21日の午後2時に東京MXテレビ、22日の午前11時15分ごろからテレビ東京、23日の午後2時ごろに日経CNBC、週末土曜日のおそらく9時ごろ、日本テレビ(読売テレビ)で、それぞれ紹介していただく予定です。詳細は追ってお知らせいたしますので、機会があればぜひ、ごらんになってください。

4月 20, 2009 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

鎌田實さんの新連載スタート!

今日は6月号からスタートする
強力新連載のお知らせです!!

『がんばらない』『いいかげんがいい』などの著書
で人気のお医者さん、
鎌田實さんが経済について、豊かさについて
連載エッセイで日経マネー読者に語りかけます。

今年3月号の「50歳からのお金持ち入門」で、
日本経済について熱く語ってくれた鎌田さん。

新連載のタイトルはズバリ
「自分と企業と日本を豊かにする投資がいいのだ」
です。

あたたかな地域医療の先駆者として知られる鎌田さんは
実は一流の経営者でもあります。

35年前、累積赤字4億円の地方病院に赴任し、
それから10年で赤字を解消、自治体病院では屈指の財務
状況を誇る病院に変身させました。

日本中が第二次ベビーブームにわきかえっていた頃、
将来の高齢化を見据えて、日本初のデイケアを作った
先見性もお持ちです。

そんな鎌田さんが今、時代の流れをどう読んでいるか?
注目している業種や企業はどこか?

読み逃せませんよ~。

それにしても鎌田先生の笑顔・・・。
見るだけであったかな気持ちになってきますネ。

Kamata_resize

4月 17, 2009 お知らせ | | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

新田ヒカルさん、本のプレゼント

こんにちは、編集部の坂崎です。

まだ4月ですが初夏の陽気ですね。Kiduki

今日は本のプレゼントのご紹介。
個人投資家の新田ヒカルさんの『気づきの投資術』(サンガ・定価1600円(税抜))です。

新田さんは日経225を中心に取引していらっしゃるカリスマ投資家さん。http://hikaru225.com/

昨年末にはテレビにもご登場されました。
http://www.youtube.com/watch?v=j1AicxbptV4

新田さんのように、楽しく、かつ、コンスタントに利益を出しながら投資を続けていくためには、どのようにすればいいのでしょうか? 本質的な話から、具体的な話まで、成功のヒントが満載の本です。

------------------------
プレゼントの応募はこちら「日経マネープレゼント応募フォーム」からお願いします。
「希望するプレゼント名」を「気づきの投資術」としてください。〆切は【4月27日(月)】とさせていただきます。
たくさんのご応募、お待ちしております。
------------------------

ところで、4月21日発売の『日経マネー6月号』「いま、もうけている人の黄金習慣」では、新田さんにもアドバイスをいただいています。「個人投資家が成功するために取り入れる『習慣』でお薦めしたいことは?」と伺ったところ…。

新田さんは
「座禅」
とのことでした。

というわけで、私も、座禅、してみちゃっています。しかも、なぜか屋外で(笑)
自分の深層心理との語り合い…。まだまだ初心者ですが、なかなか落ち着きます。投資力もアップするといいなぁ。

Zazen

4月 15, 2009 プレゼント | | トラックバック (1)

2009年4月14日 (火)

編集長のひとこと 次号の編集長インタビューは?

株式相場は日経平均株価が9000円を目前に足踏み、まだ波乱の予感が払拭されませんね。今日は自宅の近くで大事故があったり、午後から天気も悪くなったり、気分が乗らない一日でした。

さて、4月21日発売の日経マネー6月号の編集長インタビューは、俳優・作家としておなじみの中村敦夫さんです。Lp8w8927 先日もテレビドラマ「黒部の太陽」に関西電力の社長役でご出演されていました。

中村さんを一躍、スターダムに押し上げたのは、テレビドラマ「木枯し紋次郎」です。当時、私は中学生でしたが、楊枝を加えるのが大ブームとなり、「あっしには、かかわり合いのねえこった」という名セリフも大流行しました。

私が印象に残っているのは、旅を続ける紋次郎が峠の茶屋で食事をするシーンです。ご飯、沢庵などのおかずをすべて汁のおわんに放り込み、箸でぐるぐるかき回して、一気にかき込む。その間、わずか数秒で、目を丸くする茶屋の親父を残し、すたすた歩き去る。かっこいいなあと思ってみていました。紋次郎をまねして、味噌汁のおわんにご飯や漬物を入れて、食べようとすると、母親から「そんな食べ方するんじゃない」とよく怒られました。

中村さんは作家としても優れた小説を多数、発表していますし、参議院議員としても、環境問題、食糧問題などで、大いに活躍されました。中村さんは、これからの日本は「3つのS」が重要と指摘されています。スロー、スモール、シンプルです。インタビューもゆったりと、静かな時間の流れの中で、淡々と進みました。ちょっと格調高いインタビューになりましたので、ぜひお読みになってください。

4月 14, 2009 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

編集長のひとこと 日経マネー6月号(4月21日発売)本日校了!

桜が散り始めました。ちょっとさびしい気分ですね。日経平均株価は一時、9000円台を回復しました。相場にも本格的に春が到来すればいいのですが、下値不安が完全に払拭されるのは、もう少し時間がかかりそうです。

さて、本日10日は日経マネー6月号の校了日です。続々と上がってくるゲラの最終チェックに終日、追われました。巻頭特集はこの時期、恒例となった「個人投資家白書2009」です。今年のテーマは「100年1度の暴落相場でも、もうけている人の黄金習慣」です。001 調査対象となった個人投資家の数は昨年の2倍にあたる1万人。これだけの規模の個人投資家調査は、ちょっとないのでは、と自負しています。

黄金習慣? ゴールデンウィークの黄金週間に掛けてみました。ようするに、こんな相場でも勝っている人たちは、日ごろ、どんな投資行動を取っているのか。それをうまく取り入れれば、あなたも来年は勝ち組になれるかも? 逆に負ける人は、なぜ負けてしまうのか。専門家が徹底分析しました。

最終ゲラを読んでの感想。「なるほど、勝っている人はさすがに違う」。でも、これなら誰でも真似できるぞ、という黄金習慣も少なくないです。負けた人は、ここを治せば大丈夫、という処方箋がまとまっています。詳しくは21日発売の6月号をごらんください。

そして、そして‥‥、今月号は日経マネー始まって以来の豪華付録、DVDが付きます。それは「勝間和代 初めての資産運用 なぜフツーの人でもやらなきゃいけないのか」です。002 その筋の方に聞くと、マネー誌でDVDの付録が付くのは例がないとのこと。しかも、読者に圧倒的な支持を得ている勝間さんの語りおろし、撮りおろし、オリジナルDVDです。

DVDをつくるきっかけになったのが、2月中旬に都内・八重洲ブックセンターさんで開いた、弊誌主催の勝間さんのトークイベントです。資産運用のイロハを勝間さんが語ったところ、「わかりやすい」「おもしろい」といった声が多数寄せられ、社内で「ぜひDVDを」となった次第です。

全国の勝間ファンのみなさん、ぜひ日経マネー6月号の特別付録DVD、ごらんになってください。

4月 10, 2009 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

大手も手掛ける、CFD

編集部の坂崎です。
現在発売中の、日経マネー5月号に掲載している「初めてのCFD」、読んでいただけましたか?

新商品、CFD(差金取引決済)。「次世代のFX!?」なんて紹介されることも多くなってきました。先日は、WBSでも大きく取り上げられたようですし、気になっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、おそらく玄人ではない方には、FXよりも、「わかりにくい商品」なんです。というわけで、特集では、わかりにくいところに目をそむけず、「ココがわかりにくいんですよ、だから気をつけてくださいね」というメッセージもこめてお届けしました!
今回はあくまでも初心者向けで、読んでいただければ、ざっくりと、環境なり仕組みなりは、ご理解いただけるだろうと思います。もうけるまで使いこなすには…ごめんなさい、ご自身で、いろいろ試行錯誤してみてください…というかんじなのです。ご了承を。

さて、誌面では残念ながら詳細の掲載が間に合わなかったのですが、3月下旬から、ネット専業証券口座数ナンバー1のSBI証券が、CFDの取引を開始しています

で、SBIで私もCFD口座を開いてみました。

口座開設の過程では、投資経験や金融資産額などを聞かれます。
さらに、「CFD取引は、多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る場合がございます。ご了承いただけますか」(「損するかもしれませんよ!いいんですねっ!?」)と、念を押されます。ここで、条件に合わないと、口座が開けないのだろうか…。

一応、私は、開けました☆ Sbi1 今回の特集を担当したこともあり、リスクは理解しているつもりですので…

SBIのCFDの概要ですが、銘柄は「指数」「商品」、最大レバレッジは20倍、ケータイは非対応。カバー先はオリックス証券と同じGFT、という感じです。また近々、取材してみたいな、と思います。

ちなみにSBIでは、全国の支店でCFDセミナーを開催しているそうです。私も参加予定です☆

4月 9, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

イラク紙幣に夢を託す!?

こんばんは。編集部の坂崎です。Iraqsihei

突然ですが。イラクの紙幣ってみたことありますか?

これ。
キレイです。
25000ディナール紙幣だそうです。

本誌でもお世話になっているWITV主宰の石田和靖さんに、先日、このイラクディナール紙幣を「売っている」方をご紹介していただきました。Iraq

ライズインターナショナルの谷口さんです(⇒)

「売っている」というのはどういうことかというと。投資商品として、なのです。

ディナールは、フセイン政権以後、度重なる戦争、経済制裁によって大暴落した通貨。25000イラクディナールは、1990年で当時400万円超の価値がありましたが、現在、谷口さんのところではそれを1枚あたり7400円で買えるといいます。
つまり、もし1990年の水準に戻れば…

!!

(小声で…)まじすか!?

…まぁ、戻ったら、という話で、ここまで戻るかどうかは、誰もわかりませんが、でも、夢がありますね。もしかしたら、この1枚が、400万円に…☆☆☆

いえいえ。
そんな。

お金に目がくらんだわけではないのですよ。

というより。
むしろ、石田さんいわく、「イラク紙幣1枚持っているだけで、イラクの経済や政治に興味出ますし、復興を願う気持ちにもなれます、中東が一気に近づくんですよ」と。
確かに、そうかもしれませんね。国際理解が促されるとあれば、宝くじよりも、意味があるかも。Iraq2 購入手数料の一部が、イラク復興に寄付されるとのことですし。

実際に興味がわいた私、谷口さんのお仕事仲間の、イラク人の方をご紹介いただきまして、現状をお聞きしました。勝元サラーさんです(⇒)

日本では報道されていない、イラクの現状をいろいろとお聞きしました。
・イラクの中でも情勢が安定している地域もある
・そんなところでは結構マンションがバンバンたっている
・そのため建築資材や車の輸出先として有望
・日本も国家規模で進出に動いている
・イラクの現リーダーは優秀、復興に意欲的
・外資系の進出が進めば通貨の取引も増えるだろう
などなど…。
知らない話ばっかりでしたので、大変刺激的でした。

WITVでも無料動画で一部見られます。
http://www.worldinvestors.tv/movie/detail.php?cntid=347

そして。
WITVでは、来週セミナーを実施するそうです。興味を持った方は、まずは勉強してみてはいかがでしょうか?中東情勢への理解が深まると思います。

【イラクディナール投資セミナー(4/16)】

<<参加者特典>>
 参加者全員にワールドインベスターズ.TVコンテンツの中から、
 海外投資の動画CDをプレゼント!(貴重な非売品です)
 貴重な情報が満載の動画と、300以上のタイトルリストが収録されています。

日時: 2009年4月16日(木) 19:00~21:00(受付開始 18:30)
定員: 30名 (先着順ですのでお早めに)
参加費: 無料
会場: 青山生涯学習館 学習室3
    東京都港区南青山4-18-17 (表参道駅A4 出口下車 徒歩8分)
内容:
第1部 「イラクの基本情報と経済復興の現状」
第2部 「イラクディナール通貨の特徴と投資法」 / 講師 谷口 大介氏

詳細と申し込みは以下のリンクから。
http://www.the3b.com/witv/seminar0416.pdf

4月 7, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (1)

2009年4月 6日 (月)

FXが体感できるDSゲーム「カブトレFX」

編集部の坂崎です。

今日は、先日コナミから発売されました、ニンテンドーDSのゲーム、「カブトレFX」のご紹介です。Fx1 ニンテンドーDSで人気を博した株式トレーニングソフト「カブトレ」のFX版になります。

…雑誌記者的には、まずはキャッチコピーに目が行きます。

「まずは、アナタから、景気回復」。
…いいですねぇ。

さて、ゲーム内容ですが、ボードゲームモードと、Wi-Fi接続を利用してリアルタイム為替データでFXの仮想取引ができる「バーチャルトレードモード」の2種類あります。

私も、ボードゲームモードを遊んでみていますが…、結構、ハマりますよ!

イメージはモノポリーに近いでしょうか。簡単にいうと、さいころを振ってとまったマスの会社を買って、その会社を大きくした人が勝ちなのですが、その増資のための資金を、「FXで稼ぐ」。FXで稼がないと、ゲームに勝てないのです!

とはいえ、FX初心者がターゲットなので、FXの知識ゼロでもOK。ゲームをやっていくうちに、なんとなく、「ああ、このニュースが出たから、これからドルが上がるだろう」という予測ができるようになったり、「売りから入る」「保証金」などFX独特の仕組みも、抵抗なく理解できるようになったり。専門用語の解説や、チャート分析のレクチャーがあるわけではないのです。でも、ゲームを楽しんでいくうちに、感覚的に身に付くという。これこそ「真の教育ソフトです!」(コナミ岡村P)とのこと。なるほど。ゲームプロデューサーの熱意を見ました!

そしてそして。
ボードゲームモードは、4人まで、通信対戦ができるんです。
というわけで、先日、日経マネーDIGITALでも連載をお願いしている森下千里ちゃんと対戦しちゃいました!Fx3_2 (その場にたまたま居合わせた私の友人も引き入れちゃいまして。女子3人の対戦の図→ それぞれ思い思いの体勢ですが、けっこうヒートアップしてるんです)
千里ちゃんはFX経験者ですが、投資経験ゼロの私の友人も説明書なしで楽しんでましたので、「FX初心者でもOK」ってことですね。近々、千里ちゃんの記事の方でもその対戦の様子はアップしたいと思いますので、お楽しみに!

ちなみに。
カブトレFXの公式サイトの中にある、「カブラジFX」というコンテンツに、実はワタクシ坂崎もうっかりちゃっかりゲスト登場しちゃっています。http://www.konami.jp/kabutore-fx/radio/index.html
ボードゲームモードの感想なんかをおしゃべりしてきました。よかったら聞いてみてくださいね。

ほかにも、公式サイトではバーチャルトレードのコンテストや、佐藤まり江ちゃんのはじめてのFXなど、コンテンツ満載で楽しいですよ!

4月 6, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

編集長のひとこと いよいよ開幕、4月相場とプロ野球

2日の東京株式市場では日経平均株価が367円高と大幅続伸、8700円台を回復しました。4月に入ってからの2営業日で、週初の下げを取り戻しました。それでも市場では、先行きに弱気な関係者が多く、「まだ下がる場面がある」との指摘は根強いようです。

昨日、社内の会議で日経マネーの近藤勝義・発行人が相場観を語りました。5月に出揃う3月期決算の発表後、相場はもう一度下押しするが、後半はじり高となり、日経平均の年末高値は1万1530円だそうです。ずいぶん刻んでいますが、そのココロは「いい誤算(1153)」だそうです。席上、私の予想も尋ねられたため、それよりやや強気で1万2500円としておきました。強気の根拠は10年3月期の業績が思ったほど悪くなく、秋以降に業績予想の上方修正が増えるのでは、との期待です。円相場が103円あたりまで下げれば、景色も変わってくるように思うのですが‥‥。

さて、センバツ高校野球の決勝戦は花巻東の菊池君、長崎清峰の今村君という好投手の投げあいで、息詰まる投手戦となりました。ロースコアーのゲームは見ごたえがありますね。そして明日3日はいよいよプロ野球が開幕です。日曜日のNHKのスポーツ番組で、解説者の村田さん(元ロッテ)と大野さん(元広島)が順位予想をしていました。驚いたことに、お二人とも、我が北海道日本ハムファイターズを5位にしていました。それはないでしょう。というわけで、私の独断による09年パリーグ順位予想をしてみました。

1位 日本ハム  希望的観測も含むが、やはりダルビッシュを中心とした投手力は突出。二岡の加入で課題の打力も改善。中田はもう少し時間がかかりそう。

2位 ソフトバンク  和田、杉内など先発投手の頭数が豊富。攻撃面では松中、小久保のベテランが今年はやりそうな予感。故障の多村、斉藤の早め復帰に期待。

3位 楽天  野村監督の最終年。Aクラス確保でプレーオフへ。岩隈、田中に続く第3の先発投手がカギ。主戦捕手の嶋がひと皮むけるかどうか注目。

4位 西武  優勝した翌シーズンに低迷するのはよくあること。片岡、栗山、中島の上位打線に死角はないが、涌井、西口を中心とする投手陣の踏ん張り次第か。

5位 オリックス  カブレラ、ローズなど外国人4人の打線は破壊力抜群だが、打線は水もの。小松以下の若手投手陣が昨年並みに働けば上位も。

6位 ロッテ  ロッテファンに特にうらみはありませんが、とりあえず。大松が4番に定着するほど成長すればおもしろい。

まあどうなるかわかりませんが、野球ファン待望の季節が到来です。明日の開幕戦、ダルビッシュと岩隈の投げ合いに注目です。

4月 2, 2009 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

新年度、ハジメル力!

こんばんは、編集部の坂崎です。

定期券売り場にずらっと並んでいた大学1年生を見て、さわやかな気分になりました。
そう今日は、4月1日です!
新年度入りなわけです。
日経マネー編集部も、2名が別部署に異動して、1名新しいメンバーを迎えました。つまり、ちょっと厳しい人繰りですね。産休中のメンバーの復帰を部員は心待ちにしているわけですが…☆0401

さて、新年度。桜を眺めながら、やっぱり、何かを始めたい、そんな気分になりますよね。私自身も、こういうタイミングで、何かを始めています。

が、……笑えるくらい、続かない!

好奇心は人一倍を自負していますが、何事も、人よりも続かないんです。スポーツジムは最終的に超優良会員(お金だけ払う)になって、退会しますし。このブログも、今年に入ってから、「平日毎日更新!」を掲げたわけですが、もう、忙しくなると、どうしても、頻度が減ってしまうわけです。

自分ってダメだなあ、なんて落ち込んだりすることにもなるのですが、この方が、先日、ステキなことを。
~引用~

「ハジメル力」
三日坊主になってもいいから。挫折したらまた「始めれば」いいだけ。たくさん挫折をした人はたくさんハジメル力を発揮した人です。続けられない人こそ何度も始めたらいいのだと思います。

藤野さん!ブラボー!!
たしかに、私は持続力にはとんと自信がないのですが(もはや諦めてます)、ハジメル力、瞬発力には自信あり。挫折して持続力がないことを嘆いているヒマがあれば、さっさともう一回始めればいい!というわけで、今年度は、「何度でもハジメル」をモットーに、がんばりたいと思います。(とりあえずは、最初が肝心ですので、ブログを書いてみました)

ところで、皆様、今月の日経マネー5月号「積み立て投資で1000万円」は、もう読んでいただけましたか?

こんな飽きっぽい私でも、マネー編集部にやってきてから、かれこれ4年、「自動積み立て」という素晴らしいシステムにより、投資を続けることができています。さすがに、いまの相場には、打撃をうけてますが、なんだかんだで、結構、育っていますよ。

積み立て投資は「ハジメル力」を最初に発揮しちゃえば、何度も始めなくてもOK!もちろん定期的なメンテは必要なのですが。

ぜひ、読んでみてくださいね。こちらの動画では、鈴木編集長が解説しています。
Editor's Eye
http://www.nikkei.co.jp/bb/index.html
左のバーの 「Editor's Eye」をクリックしてください。

4月 1, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)