« 円高をチャンスに変える新投資術とは? | トップページ | セミナーのお知らせ »

2009年1月30日 (金)

不動産意識調査 中国はやっぱり強気だった!?

こんにちは。編集部の坂崎です。

本誌では、楽天リサーチのご協力で、毎月お金に関する意識調査を掲載しています。もう、18回目になりますね。楽天リサーチさん、いつもありがとうございまーす!

さて、今月のリサーチは、いつもとちょっと趣向が異なり「日本と中国の比較」がテーマでした。

不動産に関する日中調査
http://research.rakuten.co.jp/report/20090121/

現在、日本、中国ともに、不動産価格が下落している状況ですが、将来への見通しやスタンスはかなり違いがありました。中国への投資を考えている方には、とても興味深い内容だと思いますよconfident

--------
・居住地域の5年後の不動産価格の予想では、日本ではおよそ半数が「横ばい(かわらない)」と回答しているのに対し、中国ではおよそ7割が「上昇している」と回答。

・「今、不動産は買い時だと思いますか?」という質問に対し、日本では「わからない(しばらく様子を見たい)」、中国では「買い時でない」がそれぞれトップ。

・買い時ではないと考えている人にその理由をきいたところ、日本では「さらなる不動産価格の下落が予想されるから」が、中国では「不動産価格が、まだまだ割高であると思うから」がそれぞれトップ。
--------

などなど…。
詳細はこちらから!

楽天リサーチでは、中国関連のリサーチを定期的に行っていらっしゃいます。中国株を手掛ける方は、ぜひ参考にしてみてください。↓
http://research.rakuten.co.jp/china/report/

また、楽天リサーチのアンケートモニターになりたい、という方はこちらから↓
http://research.rakuten.co.jp/monitor/notice.html

1月 30, 2009 編集部裏日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/43892784

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産意識調査 中国はやっぱり強気だった!?: