« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金)

不動産意識調査 中国はやっぱり強気だった!?

こんにちは。編集部の坂崎です。

本誌では、楽天リサーチのご協力で、毎月お金に関する意識調査を掲載しています。もう、18回目になりますね。楽天リサーチさん、いつもありがとうございまーす!

さて、今月のリサーチは、いつもとちょっと趣向が異なり「日本と中国の比較」がテーマでした。

不動産に関する日中調査
http://research.rakuten.co.jp/report/20090121/

現在、日本、中国ともに、不動産価格が下落している状況ですが、将来への見通しやスタンスはかなり違いがありました。中国への投資を考えている方には、とても興味深い内容だと思いますよconfident

--------
・居住地域の5年後の不動産価格の予想では、日本ではおよそ半数が「横ばい(かわらない)」と回答しているのに対し、中国ではおよそ7割が「上昇している」と回答。

・「今、不動産は買い時だと思いますか?」という質問に対し、日本では「わからない(しばらく様子を見たい)」、中国では「買い時でない」がそれぞれトップ。

・買い時ではないと考えている人にその理由をきいたところ、日本では「さらなる不動産価格の下落が予想されるから」が、中国では「不動産価格が、まだまだ割高であると思うから」がそれぞれトップ。
--------

などなど…。
詳細はこちらから!

楽天リサーチでは、中国関連のリサーチを定期的に行っていらっしゃいます。中国株を手掛ける方は、ぜひ参考にしてみてください。↓
http://research.rakuten.co.jp/china/report/

また、楽天リサーチのアンケートモニターになりたい、という方はこちらから↓
http://research.rakuten.co.jp/monitor/notice.html

1月 30, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

円高をチャンスに変える新投資術とは?

こんにちは。編集部の本間です。

現在、2月21日発売の4月号作成に向けて、鋭意取材中です。

テーマは円高時代の運用術。
急速に進んだ円高で輸出産業を中心に企業業績が悪化、高金利通貨に投資していた人も軒並みやられています。しかし、変化こそ投資のチャンス。次号では、円高の時はどう動くべきかを40ページ渡って考えます。

温故知新。過去にヒントはないかと、現在同様、急速に円高が進んだ'85年、'95年の投資環境を肌で知る、投資界の先達に今の円高を分析してもらいます。

過去の円高局面でも、輸出比率の高い会社の株は敬遠され、内需関連株に物色の矛先が向かいました。今度も同じ動きがありあるのかという問いに、先達は「かつての円高と今の円高はまったく違う。今般の円高に投資のチャンスがあるとしたら…」。答えは日経マネー4月号をお楽しみに!

ちなみに投資の先達は、皆、齢70を過ぎても、かくしゃくたるもの。投資について考えていると、ボケている暇などないようです。

ただ、お話がどんどんあらぬ方向にすすみがち。それはそれでおもしろいのですが、取材の時間が足りません…!

1月 29, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

オークションで生活防衛

こんばんは。編集部の坂崎です。

次号では「増収&節約テク」特集を担当します。こんな相場です。投資だけでなく、生活防衛の切り口でも我々は提案してまいりますよ~。最新お得ネタを鋭意仕込み中です。

さて、今日はオークファンに取材にいってまいりました!
国内最大のオークションデータの統計・検索サイトです。Imgp1062

写真は、左が代表取締役社長の武永修一さん、右が執行役員の木下裕司さん。
弊誌を手に、笑顔でありがとうございまーすshine

オークファンの賢い使い方!というテーマでしたが、ネットオークションの現状について、色々と目からウロコぽろぽろのお話をいただきました。

とにかく、この不況下では、ますますネットオークションの存在価値が高まってくるだろうなぁ…ということを実感。

武永さんいわく、これからの時代は「リセールバリュー」がキーワードなんですって。
「リセールバリュー(再販価値:一度購入したものを販売する際の価値)」というと、車とか、不動産ではこうした考え方が意識されていましたよね。
それが、ネットオークションの広がりによって、家電やファッションにまで、浸透してきている、というのです。

普通、買い物をするときにはどうしても値札の価格に目がいってしまいがちですが、リセールバリューの考え方に基づけば、服を買うにしても、家電を買うにしても、まず「“売る”を前提に“買う”」。売るときはいくらで売れるのか。という。

「リセールバリュー」を調べておき(オークファンで相場を見る)、値崩れのしにくい商品、高値の付きやすい商品を買えば、買って、売る、の差し引きで見た場合のコストが結果的に抑えられる。「“売る”を前提に買う、この発想自体が、一番の生活防衛です」と武永さん。さらに、「ものを売って循環させる、この発想が人々に浸透することは、「大量生産・大量消費」の流れを覆すということも意味します。オークションが、人々の消費行動を変え、生産する側にも影響を及ぼします」と…。なんか話が大きくなってきた!オークションの奥の深さにふれて、わくわくする私なのでしたhappy01

ところで、私自身は、過去にヤフオクで出品、購入とも使ったことありますが、単純に買うときは「中古でもいいから安く買いたい」、出品は「もういらなくなったから売る」と、そんな程度の認識だったわけですが、今日、ちょっと見方が変わった気がします。

…で、思い返してみると、そういえば、ヤフオクで「wiiの箱だけ」とかが出品されてて、結構それが高く(2000円とかで)落札されてたのを見かけたことがあって。何でだろう、と気になっていたのですが…。「“箱なし”の安い商品をオークションで買う→「箱を買う」→「箱をつけた状態でオークションで高く売る」、そんなスキームでもうけている人もいるということなんでしょうね。普通に考えたら、箱だけって、いらないもんねぇ。

ま、私は素人なんで「もうける」とまではいかなくても、これからは、売ることを意識して値崩れしにくいものを買う、とか、のちのち高く売れるように大事に使う、とかの発想は持っていたいなと思いました。とりあえず、久々に、何か売ってみたくなりましたよ!

1月 28, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

勝間和代さん×鈴木編集長のトークショー!

勝間和代さんと本誌編集長の鈴木亮の、トークショーイベントが開催されます。
ご都合の付く方は、ぜひどうぞ。申し込みは先着順です!
-----------
八重洲ブックセンター 特別講座
勝間和代さん×『日経マネー』鈴木編集長トークショー
「本当に役立つ!資産形成と確定申告」

日 時:2月12日(木) 19:00~20:30(開場18:30)
会 場:八重洲ブックセンター本店(東京駅八重洲口) 8階ギャラリー
募集人員:100名(申込先着順)
参加費:無料
申込方法:申込書に必要事項を明記の上、1Fレファレンスコーナーまで。
申込用紙は同コーナーに用意しております。また、電話 03-3281-7797 にても承ります。

詳細は八重洲ブックセンターホームページで。

1月 27, 2009 お知らせ | | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

編集長の解説、動画で見れます!

日経BP社の月刊誌の見どころを毎月編集長が解説しているNIKKEI NETの人気コンテンツ「Editor's Eye」。昨日日経マネーが更新されました!
編集長が3月号の巻頭特集「優待・高配当株」を解説しています。

http://www.nikkei.co.jp/bb/index.html
左のバーの 「Editor's Eye」をクリックしてください

動画で興味を持っていただいたら、ぜひ本誌で詳細ご覧ください!

1月 23, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

編集長のひとこと 日経マネー3月号の巨大ポスター

日経マネー3月号が21日に発売になりました。株式相場はまだまだ不透明感が強く、売れ行きも心配です。そんな中、朗報が。日経マネー3月号の巨大ポスターが相次いで都内に登場しました。まず大手町ビルの紀伊国屋書店さん。道行く人も「なんだこれ?」という感じで注目しているようです。012 紀伊国屋書店の大手町店さんは、ライブトークでもお邪魔したことがあり、日経マネーがお世話になっている本屋さんのひとつです。

もうひとつ、JR有楽町駅前の三省堂書店さんです。こちらのポスターはもっとでかい。とにかく目立ちます。003 この界隈は丸井とかマリオンとか近いので、通行人の数も多く、かなりの広告効果が見込めそうです。この本屋さんでの売れ行きは006好調(のような気がする)。

販売部門ががんばって大きなポスターを作ってくれたので、売れるといいなあ。

1月 22, 2009 編集長の一言 | | トラックバック (0)

冷泉彰彦さんの「オバマ解説」

どうも、編集部さかざきです。
皆さん、オバマさん、見ましたか?
深夜なのに、視聴率、すごかったらしいですね。NHKで5.9%と!

ところで、今日午後3時から、
こんなネット放送がありますよ。
http://www.1101.com/reizei_akihiko/index.html

気になるーー!!

解説者の冷泉彰彦さんは、日経マネー本誌でも「米国マネー最前線」を連載していただいています。当ブログでもご紹介しました。

3月号のテーマでは「09年の米国個人消費事情」です。

米国消費、「意外に底堅い」のでは、とゆうのが冷泉さんの見解。

気になる方は、本誌で!

1月 22, 2009 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

コレは必読!確定申告の裏話

昨日発売の日経マネー3月号、もうお読みいただけましたか?
特集「確定申告必勝ガイド」では、名物企画である「現役税務署員&税理士 ぶっちゃけ覆面座談会」が掲載されているのですが…
なんと、本誌公式HP「日経マネーDIGITAL」では、「完全収録版!確定申告・覆面座談会」をお読みいただけます!smile

本誌で紹介し切れなかった話題や貴重な裏話などを余すところなくお届け。本誌と併せてお読みいただければ、上手な節税などに役立つこと請け合いです!

1月 22, 2009 お知らせ | | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

本日発売!日経マネー3月号

『日経マネー3月号』、本日発売しました!happy02
詳しくはこちらのページをご覧ください。

優待・高配当株&確定申告、別冊もついてお得な1冊です。

買いたい!けど本屋にいくヒマなし!
という方はお手軽なネット販売もご利用下さいね↓

amazon.co.jp 1500円以上で送料無料
セブンアンドワイ セブンイレブンでの受け取りで送料無料
楽天ブックス 1575円以上のお買い上げで送料無料

1月 21, 2009 お知らせ | | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

第2回日経TEST受け付けスタート!

経済にかかわるすべての方々の能力開発に役立つ「日経TEST」第2回全国一斉公開テストの申し込み受け付けが始まりました。

『日経マネー』の読者の方も、力試しでいかがでしょうか?

昨年9月に実施された第1回は1万人以上の申し込みがあったそうです。第2回のテストの実施日は4月19日(日曜日)。経済に関心のある方はどなたでも受験できます。経済の基礎知識からトレンドを読み取る力、考える力を問いながら、経済・投資環境が激動するなか重要性を増す「経済知力」を測ります。

テストの成績表では次に目指すべき目標や学ぶべき分野が明確になります。ビジネス創造力の向上はもちろん、投資判断のスキルアップにも役立つはずです。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡のほか、今回から新たに横浜も加え、全国8都市に会場が設置されました。

テストの詳細やお申し込みはホームページhttp://ntest.nikkei.jp/で。

1月 19, 2009 お知らせ | | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

今年は「哲学ある義理チョコ」で勝負!

次号3月号で
編集長インタビューと同様に熱くおススメしたい
「50歳からのお金持ち入門」です(^^)

ベストセラー『がんばらない』の著者で、
諏訪中央病院(長野県茅野市)名誉院長の
鎌田實さんが
「今こそ、株を買おう!」
と、熱いメッセージを送ってくれました。

著書からは、おカネや株式投資には
とんと無関心なイメージのある鎌田さん。
ところが昨年秋から俄然、
経済や金融に関する興味がわいてきて、今、
猛勉強をされているそうです。
「僕たち中流が動くことで、
米国の景気に振り回されずに日本経済は
復活できると思う」という言葉に、個人投資家
魂が燃えました。

「インタビュー取材は月に何件もあるけど、
おカネの話を聞かれたのは初めて。
面白かったなあ!また来てよ~」
とノリノリの1時間。ぜひ誌面でご覧ください。

ちなみに、鎌田さんのブログには不安の連鎖を断ち切る
方法も紹介されていました。
含み損に気がめいりそうになったときなんかに、
効果がありそう(^^)

<不安の連鎖を断ち切る5カ条>(抜粋)
・下がったものは必ず上がると自分に言い聞かせる
・少し上を向いてゆっくり息を吐く
・今までやろうとしていてできなかったことをやる
・こんな時代に無駄遣いをする「ばか野郎」に拍手する
・笑う。くだらないことでもいいから。

また、鎌田さんは海外の病気の子供たちを救う
医療ボランティアを長く続けられているのですが、
その活動のひとつに
「イラクの子どもを救うバレンタインチョコレート」
というのがあります。

★こちらはチョコと一緒の鎌田さん★

Photo

六花亭のおいしいチョコレートに、
イラクの白血病の女の子たちが描いてくれた
かわいい絵がパッケージになったもの。
1包500円(400円が支援に使われます)の
4包セットで2000円です。

★チョコのアップはこちらです。センスよし!★

P1000170

ご注文は、電話03-5816-3721、ファクス03-5816-3723
だそうです。ぜひ問い合わせてみてください。
チョコにはちとうるさい記者も買わせていただきましたが、
アーモンドの粒が大きくておいしい!!
・・・って自分で食べてちゃだめですね(^^;

1月 16, 2009 | | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

編集長のひとこと 次号の編集長インタビューはおもろいでっせ

株式相場にまたもや暗雲が垂れ込めてきました。1週間前まで94円だった円相場がいきなり89円台ですから、まだまだ視界は不良ですね。我慢の相場が続きそうです。

さて、次号の編集長インタビューは、そんな暗い空気を明るく吹き飛ばしてもらおうと、関西のお笑い界の雄、桂文珍師匠にご登場いただきます。081208_0129 ご承知の方も多いかもしれませんが、文珍師匠の新作落語には、経済のテーマがたくさん盛り込まれています。サブプライム、株価暴落、金融危機など、独自の視点から落語の世界に落とし込む文珍ワールドにご期待ください。

インタビューは昨年末でしたが、取材中に何度も腹を抱えて笑いました。こんな楽しいインタビューは初めてでした。同時に文珍師匠の政治、経済、国際情勢などに対する造詣の深さに、感心することしきりでした。

1月 13, 2009 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

編集長のひとこと 遅ればせながら「あけましておめでとうございます」

 松の取れた今頃、おめでとうもないのですが、日経マネー編集部はきょう9日まで、3月号の校了作業に追われていました。通常なら校了日は毎月11日か12日あたりなのですが、今月は3連休の関係で、9日に前倒しになり、おまけに年末年始休みもあったため、5日から9日までは、編集部全員、ハチャメチャな忙しさでした。そういうわけで、新年のご挨拶も遅れました。改めまして、本年も日経マネーをよろしくお願いいたします。

 さて、年末年始の株式相場、あれよあれよの7連騰で、日経平均株価は9000円の大台を一時、回復しました。もちろん、安心するのは早いとわかっていますが、株価は下がるより上がるほうがいい。昨年末、このコラムで「2009年は不景気の株高になる」と希望的観測をかきましたが、海の向こうから強烈な援軍が。あのロンドンエコノミストが、同じく不景気の株高説を唱えているではありませんか。

 いわく、「株式相場は、えてして大不況のときに大活況を迎えたりする。米国株が歴史的な高騰をしたのは1933年と1935年、いずれも大恐慌真っ盛りのときだ。英国株も1975年に2倍になった。当時、英経済は深刻な英国病でどん底状態、翌年、英政府はIMFに緊急融資を要請している。2009年、世界の企業経営者は需要減退・収益悪化に苦しみながら、なぜか株価だけは上昇するという不思議な事態に直面する可能性もある。株式市場は2010年の回復を見越して上昇することもありうるからだ」。どうです、少し元気が出ませんか?

1月 9, 2009 編集長の一言 | | トラックバック (0)