« 勝間さんの連載、第5回をアップしました! | トップページ | 【アンケート募集中】図書券1万円が当たるチャンスです! »

2008年9月10日 (水)

編集長のひとこと 9月10日 校了真っ最中 次の編集長インタビューは?

日経マネー編集部は今、校了作業の真っ最中です。あす11日の最終校了まで、一ヵ月で一番忙しい、気の抜けない日々となります。なかなか霧が晴れない株式市場を横目に、「少しでもいい誌面をお届けしたい」と、部員一同、深夜までの作業が続きます。

さて、11月号の編集長インタビューはシンガーソングライターとして有名な小椋佳さんです。Img_4644 日経マネーと小椋さん、一見、縁遠い印象ですが、ご存知の方も多いように小椋さん、大手銀行にお勤めになっていた元金融マンです。銀行時代は大蔵省(当時)担当や証券部門など、中枢を歩かれました。だから金融市場、株式市場に関する造詣は深いのです。日経新聞の証券部記者時代に、当時の第一勧業銀行の証券部におられた小椋さんに、何度か取材にいったことがありました。

当日のインタビューではお金に関する話も出ましたが、やはり歌作りに関する話に、最も熱が入りました。歌い始めて37年、これまで2000曲近く作られたそうです。小椋さんは言葉をとても大切にされる方です。美しい日本語への思いやこだわりを強く感じました。

私は小椋さんの歌が好きで、CDもたくさん持っています。最初の出会いは高校時代、テレビの人気ドラマだった「俺たちの旅」の主題歌です。中村雅俊さんの歌う、ちょっと切ないメロディーを聴くと、ほろ苦い青春の思い出がよみがえる40代の方、多いのではないでしょうか。私が一番好きな歌は「さらば青春」です。小椋さんに「2000曲の中で一番好きな曲はなんですか」とお聞きしたら、「それは無理」とのことでした。

子供のころの思い出や銀行時代のエピソードなど、読みどころの多いインタビューになりました。ぜひ11月号をお楽しみに。

9月 10, 2008 編集長の一言 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/42435598

この記事へのトラックバック一覧です: 編集長のひとこと 9月10日 校了真っ最中 次の編集長インタビューは?: