« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

優待人気企業IRにインタビュー

こんにちは。編集部の坂崎です。
ようやく…今日はギリギリ売買代金2兆円回復です。sad
しかし、まだまだ方向感が出た、とはいいがたい状況ですね。

そんな今だからこそ…「優待」に目を向けてみては?present
現在発売中の「日経マネー10月号」では、第2特集で「株主優待厳選40銘柄」をご紹介しています。
割安水準にありながらも、業績は安定している、ねらい目の優待銘柄は意外にありました。今は、目先の値上がり益を追うのではなく、こうした優待銘柄を長期保有を前提に仕込んでみてはどうでしょう。

今回の特集では、9月~12月に権利確定する優待銘柄の中で、業績や人気度、割安度などから「買っていい」銘柄をランキングしているのですが、1位は個人投資家にも大人気のこの銘柄、でした。

外食産業というと、人件費や原材料費の高騰などで、今、あまり好調なイメージがない業界なのですが、この会社はどうも、違うみたいです。こんな相場ですが、株価も安定していますね。

また、同社はIRに力を入れていることでも有名です。Watami_2 会社側のホンネを聞こう!ということで突撃インタビューしてきました。お答えいただいたのは、ワタミ社長室の中川直洋さんです。

――1Qでは好調でした。背景はなんでしょうか?
「外食事業の既存店の健闘、介護事業でも新規、既存と順調に推移しています。食のマーチャンダイジングの仕組みが構築でき、グループシナジー効果が発揮でている。食の安全安心が叫ばれるようになり久しいが、有機野菜を自社農場で運営しているワタミファームは黒字化してきた事も大きい。他社に真似ができないこの仕組みは大きな差別化になる。中間決算にも期待してください」

――大規模な株主総会の実施など、株主との交流に力を入れていらっしゃいます。
「株主の皆様は「同志」だと考えています。そこを理解していただいていて、参加意識がすごく強いのがうちの株主様の特徴。株主様へのアンケートも、びっしり書いてくれるんですよ。その内容も的確。お客様の立場ではなく、あくまでも株主様として、よりよい経営のための意見をくれています」

――株主優待についてはどうとらえていますか?
「4年前に大きく制度変更しています。一回1000円券の利用で、金土曜、祝前日は使用できません。優待券に制限を設けた事で、苦情もたくさん頂戴しました。しかしこのおかげで金券ショップへの流出が減りました。あくまでも株主様には利益を増やすことで配当として恩返ししたい。優待券が単なる金券になって、会社の収益を圧迫するのでは本末転倒です。今は『株主様に実際に来店してもらい、料理や接客の内容をチェックしていただく』という優待券の本来の目的がきちんと機能しています」

――今後、優待制度の変更などは考えていますか?
「優待券の金額自体は変えませんが、より深い関係作りをしていくために柔軟に対応してきます。例えば長期保有の株主様へ、何らかのお礼ができるような仕組みを検討中です」

--------------
株主と会社の関係づくりの上で、「優待」が上手く機能していることを実感。優待実施企業の数はどんどん増えていますが、ワタミはそのお手本、といってもよさそうです。

8月 29, 2008 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

『日経マネー』10月号本日発売!

『日経マネー』10月号が今日発売になりました。巻頭特集は「悪いインフレに勝つ!利回り3%上乗せで家計を守れ!」です。ポートフォリオの見直し提案は具体的ですよ。P_01
ほか、特集4本!

ネット販売もどうぞ!↓

amazon.co.jp(1500円以上で送料無料)
セブンアンドワイ(セブンイレブン受け取りで送料無料)
楽天ブックス(1500円以上で送料無料)

8月 21, 2008 お知らせ | | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

編集長のひとこと 8月18日 見本ができました

お盆休みを取り、リフレッシュして出てきた18日、日経マネー10月号(8月21日発売)の見本が届きました。Photo 巻頭特集は「悪いインフレに勝つ 利回り3%上乗せで家計を守れ」です。

今の日本が直面しているのは、物価は上がるが給料は上がらない、金利も低い、という、これまでのインフレとはちょっと違う、たちの悪いインフレです。こんな状況では、預金は目減りするばかり。日本株一本やりの運用も危ない。

で、どうすればいいのか。その道のプロがモデルとなる「黄金のポートフォリオ」を作ってくれました。こうすれば、今の運用利回りから3%上乗せできて、インフレ分の目減りを取り戻せるという耳寄り情報が満載です。

第2特集以下も丹念に取材し、いつもながらの力作ぞろい。私が個人的にお勧めなのは、第5特集の「人生最後の住まい How Much?」です。自分の親のみならず、自分自身が将来、要介護になったら、どうします? 要介護にならなくても、健康な老後を送るための準備をしてますか? 私はこの特集を読んで、自分の人生の先行きを、生まれて初めて真剣に考えました。ぜひ読んでください。

8月 18, 2008 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

勝間さんの連載、第4回をアップ!

お待たせしました!
勝間和代さんの『あなたが株式投資で間違う理由』。
第4回(日経マネー9月号掲載分)を
日経マネーデジタルにアップしました。

http://nikkeimoney.jp/column/katsuma/index.html

今回のお題は
「新聞にいいニュースが出たから買う」のは間違い
です。

今回のお題銘柄のひとつが
マネー読者も大好きなソフトバンク。

i-phoneがあれだけ話題になったのに、
携帯電話会社の中で一番元気なのに、
株価が反応してくれないのはナゼ?

勝間さんが、ずばり分析しています。

ソフトバンクについては、特に多い
「ニュースが途切れないから損切りできない!」
とお悩みの投資家は必読です。

前回同様、
本誌に掲載しきれなかった勝間さんの
原稿全文をアップしていますので、
「本誌で既に読んだよ」
という方も今すぐGO!!です。

勝間さんへの激励、質問、意見は
このコメント欄にどしどしお寄せください。
勝間さんと直接コンタクトできるチャンスです!

*ブログのカテゴリーに
「勝間和代『あなたが株式投資で間違う理由』」
を作りました。
過去のコメントと勝間さんの返答を
ご覧になりたい場合などにご利用ください。*

8月 8, 2008 勝間和代「あなたが株式投資で間違う理由」 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

編集長のひとこと 8月7日 北の国から

暑いですね。7日の東京は気温34度。連日の猛暑です。その一方で、冷え切っているのが株式市場。今日は、NYで原油が117ドルまで下がり、円相場も108円台後半まで下がり、ダウは値上がり、東京株式相場も続伸は「間違いない」とおもっていたら、大幅反落でがっくりしました。

さて、21日発売の日経マネー10月号は今、校了作業の真っ最中です。ちょっとフライングして、紹介しますが、今月号の編集長インタビューは、花畑牧場社長の田中義剛さんです。花畑牧場と聞いただけで、「あぁ、あの‥」、とピンときた方は、かなりのお菓子好きとみました。今花畑牧場の生キャラメルが大ヒットで、牧場経営も大成功。その背景をこってり聞いてきました。

行ってまずびっくりしたのが、お客さんの多さ。JR帯広駅や市内の目抜き通りは、人影まばらなのに、花畑牧場だけは大盛況。生キャラメルを買う人が行列していました。20080722095455

生キャラメルはすべて手作り。製造工程は公開されています。これが安心感につながっているのかもしれません。20080722102607

花畑牧場の次の目玉商品になりそうなのが、豚丼です。もともと帯広は豚丼が有名なのですが、この牧場では、チーズを作る過程でできるホエーと言われる乳清を豚に飲ませる独自手法で、安全な栄養価の高い豚を育てています。20080722113847

豚丼は8月1日から売り出しました。取材時点ではまだ食べることができませんでしたが、田中さんの自信作だそうです。

写真は同行した苅谷副編集長が撮影。苅谷副編、妻の実家などに頼まれて、生キャラメルを2万円分も購入していました。

8月 7, 2008 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

名古屋で国内最大級の個人投資家セミナー

皆さん、こんにちは。

今回は野村証券主催の個人投資家向けセミナーのご案内です。

来る9月19日、20日、名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)で「東海三県ノムラ資産管理フェア2008」が開催されます。

これは野村證券が個人投資家のために開く国内最大級のイベントです。

名古屋での開催は今回が6回目で、昨年は延べ約2万人以上の来場者があったそうです。

フェアでは個人投資家の資産形成に役立つ様々な無料セミナーが予定されており、経済評論家の大前研一氏や、明治大学文学部教授の齋藤孝氏などが講師を務める予定です。

入場無料。問い合わせは0120-00-8657まで。

8月 6, 2008 お知らせ | | トラックバック (0)

シストレ7月の成績

皆さん、こんにちは。

たいへん遅くなりましたが、7月のシステムトレード運用成績の報告です。

今回も新ロジックの「BigBlue2 Nikkei」のを使用しています。運用結果は売買シュミレーションによるもので、日経225mini1枚を売買したと仮定した場合です。スリッページは考慮していません。

結果は9勝8敗で、この間の期間損益はプラス210円でした。

この結果、6月からの累積損益はプラス10円と収支トントンまで挽回しました。

詳細は

・7月1日 休み
・7月2日 勝ち(13365S→13285 +80)
・7月3日 負け(13335L→13225LC -110)
・7月4日 休み

・7月7日 勝ち(13290L→13370 +80)
・7月8日 勝ち(13205S→13015 +190)
・7月9日 勝ち(13195S→13125 +70)
・7月10日 負け(13060L→13045 -15)
・7月11日 休み

・7月14日 負け(13170L→13060LC -110)
・7月15日 勝ち(12815S→12765 +50)
・7月16日 負け(12710S→12710 -10)
・7月17日 休み
・7月18日 勝ち(12935S→12835 +100)

・7月22日 勝ち(13030L→13200 +170)
・7月23日 負け(13385L→13275LC -110)
・7月24日 休み
・7月25日 休み

・7月28日 負け(13415L→13355 -60)
・7月29日 負け(13085S→13130 -45)
・7月30日 勝ち(13355L→13370 +15)
・7月31日 勝ち(13390S→13365 +25)

(注=Lはロング、Sはショート、LCはロスカットの意味、+-は損益を表します)

8月 6, 2008 システムトレード | | トラックバック (0)