« 編集長のひとこと 4月2日 日経平均500円高に思う | トップページ | 編集長のひとこと 4月3日 基調は変わったか »

2008年4月 3日 (木)

おサイフケータイ最新事情 その1:進化する電子マネー業界

編集部の坂崎です。

春…何かを始めたい季節ですね… うふふ。

というわけで「電子マネー&おサイフケータイ」愛好家として、最近の新しい流れなんかを紹介していこうかな、と思っております。今すごく動きのある業界なので面白いんです。相場ネタの合間にちょこちょこ更新しますのでお付き合いください。

まず、電子マネーといっても「なんか種類がいっぱいあるし、よくわかんない」という方も多いと思います。「プリペイド=前払い」と「ポストペイ=後払い」、2つのタイプに分けられるのですが、今回はとりあえず主な規格と普及状況をざっと整理してみましょう。

プリペイド型(2月末時点、日経流通新聞より)

発行枚数 月間利用件数 利用可能店舗数
Edy 3,780万枚 2,250万件 73,000店
Suica 2,054万枚 1,852万件 29,130店
PASMO 768万枚 372万件 Suicaと共通
nanaco 551万枚 2,700万件 17,479店
WAON 300万枚 非公表 12,700店
ICOCA 346万枚 44万件 5,800店

ポストペイ型(iD、QUICPay は2月末、Visa Touch/Smartplusは1月末時点)

会員数 端末設置台数
iD 618万人 26万台
QUICPay 375万人 10万台
Visa Touch/Smartplus 42万人 4万5000台

プリペイド型と、ポストペイ型、カウント方法が少し違っていますが…。
いずれも順調に伸びています。業界の全体的な雰囲気としては「みんなでがんばって業界を盛り上げていこうぜ」という感じ。「淘汰」はまだ見られません。それぞれの詳しい説明はここでは割愛します(各リンクを参照ください)。

仕事上必要だったこともあり、私のおサイフケータイは上記の電子マネー、全部対応してます!(モバイルSuicaがあれば、PASMO、ICOCAも利用できますし)このケータイひとつで、本当におサイフいらずで一日過ごせちゃう!ぐらいとても便利。でも、普通は自分の必要な電子マネーだけあればいいんです。多すぎると、かえって困ることもあるのです… その話はまた後日。Ketai_2

余談ですがマイケータイは写真のようにかなりボロボロです。使用歴1年未満なのに。「電子マネーをよく使うからしょうがない」と勝手に納得していたのですが、同じく電子マネーヘビーユーザーの友人のケータイはとてもキレイで…「単にガサツなだけ(アスファルトに落っことしすぎ)」と指摘されました。おサイフケータイを使うと携帯が汚くなる、というわけではないようですので、ご心配なく。

4月 3, 2008 編集部裏日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/40742065

この記事へのトラックバック一覧です: おサイフケータイ最新事情 その1:進化する電子マネー業界: