« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

編集長のひとこと 4月30日 まだまだ混乱続きです

早いもので4月もきょうで終わりです。日経新聞文化面の「私の履歴書」が終わると、ああ1ヵ月たったのだなあと思います。扇千影さんの履歴書、けっこうおもしろかったですね。

さて白金高輪のビルに引っ越してきてまだ2営業日とあって、マネー編集部は混乱が続いています。送ったはずの荷物がない、あるけどどこにあるかわからない、住所も電話番号もかわったので、「折り返し電話をください」とお願いし、こちらの電話番号をたずねられて、それがわからない‥‥などなど。ランチに出て迷子になった者もいました。白金高輪周辺はけっこう、細い路地が迷路状になっているところもあるのです。

Img_5222_3

写真は引っ越し作業中のマネー編集部です。取材があるので日ごろ、きちんとした身なりの記者たちも、この日は引っ越し会社の学生アルバイトのような、いでたちでした。

5月21日発売の7月号の編集作業は連日、急ピッチで進んでいます。毎年5月は連休があるので、日程的に厳しくなるのですが、窓から見える東京の夜景を堪能しながら、編集部員一同、がんばっています。7月号にご期待ください。

4月 30, 2008 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2008年4月28日 (月)

編集長のひとこと 4月28日 こんにちわ白金

4月28日、きょうから日経マネー編集部は白金高輪にある日経BP社の入っているビル(プラチナタワー)に移りました。午前中は部員たちはダンボールをあけて荷物を出す作業に追われました。

白金は青山1丁目に比べると静かで落ち着いた街並みです。困るのはお昼を食べに行く店が、青山に比べて少ないことです。これからおいおい開拓していくつもりです。

そうこうするうち、マネー7月号の校了が迫ってきました。世の中はゴールデンウィークですが、編集部はそろそろ忙しくなります。株価もきょうは一時、日経平均株価が1万4000円を回復するなど、明るさが戻りつつあります。もうひと波乱あるとの声も根強いですが、意外と強い日本株の今後に期待するところです。

4月 28, 2008 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

編集長のひとこと 4月25日 さらば青山

きょうは日経マネー編集部にとって、青山1丁目のオフィス最後の日となりました。月末は入稿日が近く、ただでさえばたばたしているのに、引っ越しと重なり、大変な騒ぎでした。各部から排出されたゴミの山がエレベーターホールを埋め尽くし、一時は通行できなくなるほどでした。ゴミといっても、なかにはまだまだ使える家電や家庭用品などもあり、思わず「もったいない」と言いたくなるようなものも少なくありませんでした。

週明けからは白金高輪の日経BPのビルに入ります。プラチナタワーの11階で、眺めはよさそうです。青山のオフィスも編集長のデスクのすぐ後ろは赤坂御所で、桜の季節はとてもきれいでした。新オフィスからは東京タワーや六本木ヒルズなど、東京らしい風景がみえます。心機一転、7月号の編集にまい進します。

さて、23日ですが、日経栃木懇話会という宇都宮を中心とする経済界の重鎮が集まる会合で、講演をしてきました。P1000144_2 テーマは「混迷相場 個人投資家はどう動く」。発売されたばかりの日経マネー6月号「この相場で勝つ これが勝利の方程式」をしっかり宣伝してきました。会場で3部ほど購入申し込みがあったそうです。

写真は日本経済新聞社宇都宮支局の堀支局長が撮ってくたものです。堀支局長は日経入社が同期の仲良しで、講演会の後は、支局長の案内で宇都宮の街を歩きました。もちろん餃子も食べました。餃子は小麦価格の値上がりを受けて、一人前6個180円が210円に値上がりしていました。

4月 25, 2008 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

4月前半の結果

皆さん、こんにちは。

21日の日経平均株価は前営業日比220円10銭高の1万3696円55銭で、5営業日続伸となりました。相変わらず薄商いが続いていますので、ショートカバーの影響が出やすい状況ですが、「上げ」は「上げ」ですから、まあ良しとしていいんではないでしょうか。

さて、遅くなりましたが、今回は4月前半のシステムトレード運用成績の報告です。

結果は1勝1敗で、この間の期間損益はマイナス2500円でした。

この結果、2月からの通算損益もマイナス3万6500円(手数料は除く)に膨らみました。

詳細は

・3月31日 休み
・4月1日 休み
・4月2日 休み
・4月3日 休み
・4月4日 勝ち(13180L→13265 85)

・4月7日 休み
・4月8日 休み
・4月9日 負け(13345S→13235 -110)
・4月10日 休み
・4月11日 休み

でした。(注=Lはロング、Sはショートの意味、+-は損益を表します)

トレードのあった4月3日と、4月9日のチャートを以下に付けておきます。

【4月3日】

43_2

この日はきれいな右肩上がりの相場で、1万3180円のロング(買い)でエントリーしましたが、途中でトレイリングストップにかかって利益確定。大引けまで引っ張っていれば、もう少し利益を伸ばせたのですが…。

【4月9日】

49

前日のダウ平均、CME225先物がともに大幅に下げ、その日の外資系(13社)寄り付き前注文動向も大幅売り越し。このため当然システムもショート(売り)から入ると思ったのですが、何と1万3345円のロング(買い)でエントリー。その後は大方の予想どおり、右肩下がりに下げ、1万3235円であえなくロスカットとなりました。おそらくシステムトレードの場合は、外資系注文動向などを判断材料として参照していないと考えられるため、こういうことが起こるのだと思います。

4月 22, 2008 システムトレード | | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

編集長のひとこと 4月21日 早朝から働きました 

こんなに早く起きたのは、いつ以来かな。午前4時半。まだ真っ暗だろうと思っていたら、4月下旬ともなれば、4時半はうっすら明るく、それだけでほっとしました。テレビ東京のスタジオ入りが5時15分ごろ、そして5時45分から「モーニング・サテライト」が始まりました。

私の出番は6時25分ごろでした。日経マネー6月号「この相場でもうかる これが勝利の方程式」が紹介されました。時間にして6分ほど、早朝のことで、どれほどの方のお目にとまったかわかりませんが、発売日にあわせて弊誌を取り上げていただいたのは、ありがたいことだと思っています。

23日は日経関連の講演会で宇都宮にお邪魔します。その場をかりて、編集部一同の自信作、日経マネー6月号を、しっかり紹介してこようと思っています。

ところで、株式市場では日経平均株価がきょうで5連騰。昨年7月初め以来のことです。騰落レシオなどに過熱感が出てきたので、目先はちょっと調整するかもしれませんが、チャート的には1万4100円あたりまでの戻りが見込めるそうです。少なくとも、発売日に大暴落という悪夢は回避でき、ほっとしています。

趣味の野球観戦では、残念な結果になってしまいました。中体連春の公式戦があり、愚息の通う中学は1-3で惜敗しました。終盤まで1点を争う好ゲームで、次男は打点1を挙げたものの、最終回一打同点のチャンスに長男,次男とも凡退、思わず天を仰ぎました。ただ並行して進んでいるリーグ戦は次の週末もあり、そちらに期待です。

4月 21, 2008 編集長の一言 | | トラックバック (0)

本日発売!『日経マネー6月号』

Money6_2 『日経マネー6月号』が今日発売になりました。    
巻頭は大規模個人投資家調査を元にした「勝利の方程式」!! こんな相場でも勝てた人っていったい誰だったのか。アンケートにご協力いただいた方も、ぜひその結果をご覧ください。ほか、特集4本!

ネット販売もどうぞ!↓

amazon.co.jp(1500円以上で送料無料)
セブンアンドワイ(セブンイレブン受け取りで送料無料)
楽天ブックス(ファミリーマート、サークルKサンクス受け取りで送料無料)

4月 21, 2008 お知らせ | | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

編集長のひとこと 4月18日 21日月曜日、日経マネーがテレ東に登場!

18日は日経平均株価が78円高と4日続伸。4連騰は約4ヵ月ぶりです。チャートでみても75日線を抜けた形で、専門家の見立てでは、次の節目は2月27日の戻り高値である1万4105円だそうです。21日の発売に向け、相場に明るさ戻ってくれば嬉しいのですが。

さて、今日はお知らせです。6月号の発売日である21日、テレビ東京のモーニングサテライトという番組で、日経マネーが取り上げられることになりました。詳しくはまだ内緒ですが、「今月号はおもしろい!」といううわさを聞きつけたテレ東さんから声をかけていただきました。巻頭特集で取材させていただいたカリスマ個人投資家の皆さんが登場予定のほか、編集長の私も顔を出します。

ただ時間帯が早い。放映時間が午前6時あたりだそうで、5時にはスタジオ入りと聞いて、「起きられるだろうか」とちょっとびびっています。早起きが得意な方、21日はチャンネルを12にあわせてみてください。

くどいようですが、6月号はホント、おもしろいですよ。ぜひ手にとってくださいね。

それではみなさん、良い週末を。

Have a nice weekend !

4月 18, 2008 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

おサイフケータイ最新事情 その3「おサイフくんクイックペイ」

編集部の坂崎です。

「おサイフケータイ最新事情」第3回です。

今回はポストペイ型電子マネーのQUICPayのお話。

au、ソフトバンクのおサイフケータイをお持ちの方!
QUICPayアプリが既にインストールされているのをご存知でしょうか? セブン-イレブンはじめコンビニなどで使える場所も増えましたし、準備が整っているのですからぜひ使ってみていただきたいのですが…

しかし、QUICPayを使うためには、まずQUICPay対応のクレジットカード(親カード)を持っている必要があるんです(対応カード会社はこちら)。既に対応カードを持っている方はいいのですが、対応カードを持っていない場合は、QUICPayのために新しくカードを作るのは少し抵抗ありますよね…。

そんな方にオススメのサービスが「おサイフくんクイックペイ」。トヨタファイナンスが提供するおサイフケータイ専用の、プラスチックカードが発行されないタイプの簡易型QUICPayです。2月14日スタートです。実は私、現在はこちらを愛用中です。

◆特徴◆
・簡易型なので審査がスグ
…利用枠は10万円でキャッシングやカードローンは非対応。PCから申し込んで、最短5日で使えるようになります。

年会費が無料
…他にQUICPay対応カードで年会費無料のものはおそらくないのでは。(条件付きで無料や初年度のみ無料などはあるのですが)

ポイントも貯まる
…トヨタファイナンスのポイントが1000円利用につき5ポイント付きます。

ちなみに、iDの簡易型は月額最大1万円までの「DCMXmini」(ドコモのおサイフケータイユーザー限定)。利用額は後日ドコモの電話料金と一緒に引き落とされるという仕組みで、利用によるポイント付与は特にありません。ドコモのおサイフケータイにはアプリがプリインストールされているので、簡単な審査だけで即日iDが使えるようになります。こちらもお試しで使ってみるには便利ですよ。

4月 17, 2008 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

プレゼントのお知らせ

こんにちは、編集部の坂崎です。
今日は本のプレゼントのご案内です。

「いちばんやさしいファイナンスの本」(日本能率協会マネジメントセンター 保田隆明・著

Finance 会計に苦手意識を持っている人にこそ読んでいただきたい、という一冊です。
(私も、そうでした…bearing

もともと会計が苦手だった、という著者の保田さん。苦手な人が「つまづきやすいポイント」と、「それを克服するためのポイント」を、しっかりおさえてくれています。バランスシートもキャッシュフロー計算書の考え方も、個人の身の回りの生活に置き換えて説明してくれるので、楽しみながら読み進められますよgood

----------------------------------
この本をプレゼント用にご提供いただきました!
抽選で5名の方にプレゼントします。

プレゼントご希望の方は、
1.お名前
2.〒・住所
3.「日経マネー」「日経マネーDIGITAL、ブログ」へのご意見、ご要望

をご記入の上、件名を「ファイナンス本」として、money@nikkeihome.co.jp までメールをお送りください。
締切は4月22日(火曜日)です。

当選の発表は、本の発送をもってかえさせていただきます。
※なお、いただいた個人情報は本の発送にのみ利用させていただきます。日経ホーム出版社のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

4月 16, 2008 プレゼント | | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

エンジュクIR投資セミナー

みなさん、こんにちは。
マネー編集部の苅谷です。
相変わらず方向感のはっきりしない株式相場で、今ひとつ乗り切れないという方も多いのではないでしょうか。こんなときは少し冷静になって投資先を選びたいものです。

そこで参考になりそうなセミナーのご紹介です。株式投資やFX投資などで超人気セミナーを開催するエンジュクが5月24日に都内で会社説明会と一体になった「無料セミナー」を開きます。

---------------
タイトルは「エンジュクIR投資セミナー+3社合同会社説明会」です。

主な内容
1.証券アナリストでフェアトレード代表取締役の西村剛氏の基調講演。
2.ユビテック(ヘラクレス、6662)、荻野司社長の会社説明会
3.荏原ユージライト(東証1部、4975)、粕谷佳允社長の会社説明会
4. パシフィックネット(マザーズ、3021)、上田満弘社長の会社説明会

日時:5月24日 13時30分~17時20分
会場:東京・新宿の新宿住友ビル47階「スカイルームB5」
参加費:無料(定員150人)

興味のある方はこちらから!
https://www.enjyuku.co.jp/secure/enjyuku-ir/080524_seminar.php

参加者全員にプレゼント(QUOカード)があるほか、3万円相当の投資セミナーDVDが当たる抽選会も予定されているそうです。(私も早速、申し込ませていただきました)

4月 15, 2008 お知らせ | | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

編集長のひとこと 4月14日 きょうは趣味の話

14日の株式市場はまたもや大荒れ。日経平均株価は400円を超える下げ幅となり、1万3000円の大台を割り込んで引けました。先週末の米国株安、円高が売り要因でしたが、来週から本格化する日本企業の3月期決算の発表を控え、買い持ちのポジションを取りたくないというのが、投資家の共通心理かもしれません。しばらくは上値が重い展開が続きそうです。

相場の話はこれくらいにして、今日は趣味の話。酒もタバコもやらず、車も乗らない。音楽や美術も関心がない無趣味に近い男なのですが、しいて趣味らしきものを挙げれば野球観戦です。週末土曜日はこの日に開幕した東京6大学野球を見に行きました。開幕ゲームは早稲田ー東大。2期連続で開幕カードに斎藤祐樹投手が登板しているため、ネット裏には祐ちゃん目当てのおば様たちがいっぱい。スタメンのアナウンスが始まり、「9番ピッチャー 須田君」と流れたとたん、「あらヤダ、祐ちゃん投げないの!」

須田君は早稲田のエースナンバー11を背負った主戦投手。「あらヤダ」はないでしょう、と思っていたら、須田君、東大をわすか1安打に抑え、3投手で見事な完封。今シーズンも早稲田は強そうです。

翌13日の日曜日は中学生の息子2人が所属する野球部の公式戦があり、小金井のグラウンドまで足をのばしました。雨が降ったりやんだりのあいにくのコンディションでしたが、11-7で勝ちました。今年ようやく3期生を迎えた新しい学校なので、何を隠そう、これが創部以来、公式戦初勝利。10カ月前の初試合を3回コールド0-10で負けた日から、ようやくつかんだ初白星でした。

午後からはまた神宮に直行。満を持して登板した祐ちゃんの快投を、寒さに震えながら観戦。なんと28-0という、これぞ東大戦というスコアーでした。

日経マネーの編集部は現在の青山1丁目から今月末に白金高輪に移転します。青山への別れを惜しみ、明日15日、編集部一同は神宮球場のヤクルトー横浜を見に行く予定です。

4月 14, 2008 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

編集長のひとこと 4月10日 21日は本屋さんに直行してください!

10日は日経マネー6月号(4月21日発売)の校了日でした。日ごろは記者が取材で出払い、閑散としている編集部も、この日はみな机にかじりつき、ゲラの最終チェックに追われました。編集長も例外ではなく、部員たちからどんどん上がってくるゲラの最終稿に目を通し、あっという間に一日が過ぎました。

ひととおりゲラに目を通して思ったこと。

6月号は「すごく面白い!」「ぜったいにためになる!」 

手前味噌で恐縮ですが、巻頭特集の「5000人に聞きました この相場でもうかる 勝利の方程式」は本当に読み応えがあります。昨年夏からの混迷相場でも、しっかり勝った人はどんなことをしていたのか? 逆に負けた人の投資行動パターンは? FXでは? などなど具体例が次から次へと登場します。

08年も昨年後半と同様に難しい相場が続きますが、これを読めば、あなたもきっと勝てます。

そのほかの特集も、大きな声ではいえませんが、とてもいい出来です。中身も自信作ですが、何より読みやすい、親しみやすいデザインです。昔なつかしいあのテレビ番組、子供のころに熱中したあのゲーム…。今月21日はとにかく本屋さんに直行してください。ぜったいに損はさせません。

それにしても、発売日が近づくと、株価が下がるのはどういうわけ? 日経平均株価は10日、1万3000円を割り込んでしまいました。円高、原油高など理由は明確ですが、それにしても、発売日に向けて、相場が上向き基調にあるのと、そうでないのとでは、売れ行きに大きな差がでるだけに、心配の種はつきません。

4月 10, 2008 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

おサイフケータイ最新事情 その2「コンビニ対応リスト」

編集部の坂崎です。

「おサイフケータイ最新事情」第2回です。

さて、私の場合、おサイフケータイの利用頻度が高いところといえば、なんといってもコンビニです。
というわけで、主要コンビニの電子マネー対応リスト、作ってみました。

主要コンビニ電子マネー対応リスト
コンビニ名 Edy Suica nanaco WAON iD QUICPay Visa Touch/Smartplus
セブン-イレブン ○4/7から
ローソン
ファミリーマート
サークルKサンクス ○4/14から
ミニストップ
am/pm

表を見てお分かりのように、1つのコンビニでいろんな規格に対応するようになってます!これが最近の流れです。いやぁ…便利ですなぁ。共用端末の登場が背景にあるんですね。電子マネーのさきがけ的存在であるEdyはやはり万能です。

個人的に、セブン-イレブンが今週からQUICPay対応を始めたのが嬉しい。nanacoは1%分のポイントが付いたり、商品によっては割引が受けられたり、というメリットがある一方、現金でのチャージしかできないのがちょっと面倒でした(レジで頼むのがちょい気まずい)。チャージいらずのQUICPayも加わることで、選択肢が増えてより便利になりそうです。

前回も書きましたが、私のケータイにはほぼ全ての電子マネーが装備されているので、複数規格に対応したコンビニでは、どの電子マネーを使うか、レジでちょっと迷います。なんとなく気分次第、ですけど…、今のところEdyが多いかナァ。若干ですが、ANAマイルが貯まるので(200円で1マイル)。

ちなみに、「エディで」と伝えると、レジのお兄さんはたまに「アイディ」で処理することがあります。…確かにちょっと似てますね。

4月 8, 2008 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

編集部員のつぶやき

こんにちは、編集部の武田です。会社から見える御所の桜も見ごろを迎えています。毎日、窓を見ながら散歩に行きたい気持ちでいっぱいです。

【つぶやきその1】
昨日は日経平均株価が大幅高、円相場も円安に戻り、久しぶりに持ち直した相場に感じられました。今日、電車に乗っていたら早速「超デイトレ」という本を読んでいるおじさんに出会いました。図書館から借りてきた本らしく、一生懸命読んでいます。私が電車に乗っている45分間、真面目に読み続けていました。

ここ数日のようなボラティリティーのある相場が続けば「短期でひともうけ」もできるかもしれないなぁと思いました。頑張れおじさん!

【つぶやきその2】
日本国民が皆持っているお札。このお札には「総裁の印」という朱色の印鑑が印刷されています。しか~し、3月21日から日銀総裁は空席のまま。総裁がいないのに総裁の印鑑が押されているお札が出回っているとは、なんとも不思議な話です。

まぁ、誰も気づいていないのかもしれませんが・・・・・・。

以上、入稿準備の合間に思ったことでした。

4月 4, 2008 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

編集長のひとこと 4月3日 基調は変わったか

3日の東京株式市場は午後になって買い物が先行し、日経平均株価は200円高の1万3389円と3日続伸となりました。このブログの3月25日付けで、「17日の1万1691円が大底だったのかどうか」、について、チャート分析の専門家は大底とみていることを書きましたが、チャート的にみてこの日の上げは、結構意味があるようです。

日経平均の13週移動平均である1万3258円をあっさり抜いてきたことで、75日移動平均の1万3687円と2月27日の戻り高値1万4105円が視野に入ってきたとのこと。そうなると、あの日が大底だった可能性が高まります。もちろん、円相場など外部環境が再び急変すれば、根底から崩れますが、一時のお先真っ暗状態からは、脱却に向けて一歩前進したような気がします。

話はがらっと変わって、プロ野球。巨人はついに開幕5連敗。 最下位チームからエースと4番を引っ張って、そのチームに3連敗するのですから野球はわからない。

広島から阪神に移籍した新井が打席に立つと、広島ファンから壮絶なブーイングが起きていましたが、それに耐えてヒットを打つ新井は立派だし、ブーイングする広島ファンの心境もよくわかります。私は北海道日本ハムファイターズのファンで、昨年,小笠原の巨人入りを聞いて、はらわたが煮えくり返りましたから。北海道のファンはやさしくて「どこに行ってもガッツ(小笠原の愛称)はガッツ。応援する」なんて言ってましたが、私はもう二度と小笠原は応援するまいと思いましたし、それまで関心のなかった巨人ですが、心の中で「負けろ負けろ」と思うようになりましたし、小笠原には活躍してほしくない。

巨人はいろいろな球団から主力選手をとって、ファンの恨みを買っています。日本ハム、ロッテ(李)、オリックス(谷)に加え、今年は新たにヤクルト、横浜ファンの恨みを買いました。古くは西武(清原、マルチネス)、中日(落合)、近鉄(石井)、広島(江藤、川口)、ソフトバンク(小久保)のファンから恨まれたことでしょう。落合監督も清原にはじき出される形で巨人を追われ、思いは複雑ではないかと推察します。こうした長年積もり積もったファンの怨念が、目に見えぬ形で巨人という球団にのしかかり、負けるはずのない勝負に負ける。何の根拠もありませんが、巨人の開幕5連敗をみて、ふとそんな気がしました。

4月 3, 2008 編集長の一言 | | トラックバック (0)

おサイフケータイ最新事情 その1:進化する電子マネー業界

編集部の坂崎です。

春…何かを始めたい季節ですね… うふふ。

というわけで「電子マネー&おサイフケータイ」愛好家として、最近の新しい流れなんかを紹介していこうかな、と思っております。今すごく動きのある業界なので面白いんです。相場ネタの合間にちょこちょこ更新しますのでお付き合いください。

まず、電子マネーといっても「なんか種類がいっぱいあるし、よくわかんない」という方も多いと思います。「プリペイド=前払い」と「ポストペイ=後払い」、2つのタイプに分けられるのですが、今回はとりあえず主な規格と普及状況をざっと整理してみましょう。

プリペイド型(2月末時点、日経流通新聞より)

発行枚数 月間利用件数 利用可能店舗数
Edy 3,780万枚 2,250万件 73,000店
Suica 2,054万枚 1,852万件 29,130店
PASMO 768万枚 372万件 Suicaと共通
nanaco 551万枚 2,700万件 17,479店
WAON 300万枚 非公表 12,700店
ICOCA 346万枚 44万件 5,800店

ポストペイ型(iD、QUICPay は2月末、Visa Touch/Smartplusは1月末時点)

会員数 端末設置台数
iD 618万人 26万台
QUICPay 375万人 10万台
Visa Touch/Smartplus 42万人 4万5000台

プリペイド型と、ポストペイ型、カウント方法が少し違っていますが…。
いずれも順調に伸びています。業界の全体的な雰囲気としては「みんなでがんばって業界を盛り上げていこうぜ」という感じ。「淘汰」はまだ見られません。それぞれの詳しい説明はここでは割愛します(各リンクを参照ください)。

仕事上必要だったこともあり、私のおサイフケータイは上記の電子マネー、全部対応してます!(モバイルSuicaがあれば、PASMO、ICOCAも利用できますし)このケータイひとつで、本当におサイフいらずで一日過ごせちゃう!ぐらいとても便利。でも、普通は自分の必要な電子マネーだけあればいいんです。多すぎると、かえって困ることもあるのです… その話はまた後日。Ketai_2

余談ですがマイケータイは写真のようにかなりボロボロです。使用歴1年未満なのに。「電子マネーをよく使うからしょうがない」と勝手に納得していたのですが、同じく電子マネーヘビーユーザーの友人のケータイはとてもキレイで…「単にガサツなだけ(アスファルトに落っことしすぎ)」と指摘されました。おサイフケータイを使うと携帯が汚くなる、というわけではないようですので、ご心配なく。

4月 3, 2008 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

編集長のひとこと 4月2日 日経平均500円高に思う

2日は米国株の急騰や円安を受けて、日経平均株価が532円高となり、久々に1万3000円台を回復しました。水準はまだ低いですが、投資家心理に底打ち感が出てくれば、マネー雑誌を買ってみようか、という人も増えるかなと、期待しています。

ジェレミ・ベンサムが唱えた「最大多数の最大幸福」ではないですが、みんなの幸福の積み重ねが社会全体の幸福につながるとすれば、株価が上がって喜ぶ人の方が、下がって喜ぶ人より、圧倒的に多いと思いますので、株価上昇はいいことだと思います。株価が上がれば、企業は喜ぶ、投資家は喜ぶ、証券会社は喜ぶ、新聞や雑誌も売れる。株価が下がって嬉しいのは、カラ売りをしている投資家ぐらいでしょうか。上げたり下げたりするのが相場ですから、変動は当たり前ですが、急激に下がるのは、もう勘弁してほしいというのが本音です。せっかく準備をしていた企画が変更を余儀なくされたりするからです。

ところで、野球ファンにとって、嬉しい季節になりました。高校野球はベスト4が出揃い、プロ野球も、海の向こうの大リーグも開幕しました。12日には東京6大学野球も開幕、早稲田の祐ちゃんの力投をまた見ることができます。 日本のプロ野球では巨人の開幕4連敗が話題です。

4月 2, 2008 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

編集長のひとこと 4月1日 さあ新年度

4月1日。全国のいたるところで入学式や入社式があったことでしょう。私の入社式はもう23年も前のことです。日本経済新聞社に1985年入社した同期は約80人。そのうち60-70人ぐらいはまだ残っているので、そう考えるといい会社なのかもしれません。

先週、ある銀行の役員と雑談していたときのことです。新入行員が2000人を超えるというのはすごいですね、という話をしたら、役員氏、大きな声ではいえないが、と前置きした上で、「3年たてば4割は辞めているだろう。10年たてば残るのは1割かな。でも2000人採れば優秀な行員も100人はいる。その100人を外資系に取られないことが重要だ」。

いずれにしても4月はスタートの時。日本の株式相場も日経平均株価が130円高と、まずまずの立ち上がりになりました。マネー編集部の窓からみえる赤坂御所の桜は、この日の強い風にも負けず、まだまだがんばって咲いています。日本株も海外からの強風にめげず、したたかに生き残ってほしいものです。

4月 1, 2008 編集長の一言 | | トラックバック (0)