« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

豊かなマネーライフの伴走者に

編集長の北澤です。

……とご挨拶するのも今日が実質最後。3月1日付で編集長が代わります。私事で恐縮ですが、私は日本経済新聞社に戻り再び新聞編集に携わります。この場を借りて読者の皆様、在任中にお世話になった方々にお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。

日経マネーの編集長に就いたのは、新興株ブームと株のネット取引の急速な拡大に市場が沸いた2005年。しかし、その後は2006年1月のライブドア・ショック、2007年2月の中国発(実質は米国発)の世界同時株安、そして同年夏のサブプライムローン・ショックという大波に襲われて、相場は波乱の展開が続きました。個人投資家の方々も大変だったでしょうが、「市場連動型雑誌」である日経マネーも販売部数の面では苦戦を強いられました。ま、これが相場、めぐり合わせというものですよね。

着任時に編集部で「日経マネーの使命」として掲げたテーマは、ちょっと大仰なのですが「ファイナンシャル・デバイドの解消をめざそう」ということでした。IT(情報技術)の能力を身につけているかどうかが収入などの格差を生むという「デジタル・デバイド」は、ハードやOSの進化によって誰もが簡単にパソコンやネットを操れるようになり、大きな社会問題にはなりませんでした。実際には、金融知識の有無が豊かさに大きな差を生むファイナンシャル・デバイド(ちなみにこの言葉はソニー銀行の石井茂社長の造語です)の方が日本においては深刻な問題であり、その解消に一役買うことが日経マネーの果たすべき役割である、という意味です。

この問題意識は今も変わりませんし、投資や資産運用の重要性は一段と増していると思っています。少子高齢化や巨額の財政赤字、遠くにインフレの足音が聞こえるという日本の現状を考えれば、自分の資産は自分で殖やし、自分で守らねばならないという必要性はますます高まっているからです。

この3年間、日経マネーがどれだけ個人投資家のお役に立てたかというと、これもまた忸怩たる思いにとらわれます。しかしこの3年間に、ネット証券やネット銀行など金融ビジネスに携わる方々の中に、同じような考え方を持つ人々がたくさんいらっしゃることも知りました。こうした方々と手を携えて、これからも日経マネーは人々が豊かなマネーライフを送るための伴走者であってほしいと思います。

ご挨拶が長くなりました。今後は編集部OBかつ読者の立場で、日経マネーがもっと多くの読者に読んでいただける雑誌になるよう応援していきます。最後に読者の方々が資産運用の成功者になることをお祈りして筆を置きます。ありがとうございました。

2月 29, 2008 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

はじめてのシステムトレード⑦

みなさん、こんにちは。

今日はシステムトレードの運用結果報告の2回目です。(期間は2月18日~22日)

結果から言うと、0勝1敗で、累積損失が先週の-2000円から-7500円(手数料は除く)に膨らんでしまいました。

・2月18日  休み
・2月19日  負け(-55円)
・2月20日  休み
・2月21日  休み
・2月22日  休み

うーん、ちょっと厳しいですね。

下は、唯一トレードした2月19日のチャートです。

219

午前9時5分に1万3800円の「買い」でエントリーし、そこから日経平均ミニ先物はジワジワ下げますが、ロスカットをうまくかわして前場を終了。この日はアジア市場も堅調で、後場はしっかりした右肩上がりの展開となったのですが、為替が円高に振れたこともあって大引けにかけてスコンと下落。午後3時ちょうどに1万3745円の「売り」注文が自動で出され、結局、5500円の損失で取引を終えました。

チャート上の「MOC_L」は「マーケット・オン・クローズ_ロング」の略で、大引けで買い(ロング)注文を手仕舞う自動注文が出されたことを表しています。

これで0勝2敗、損益は7500円のマイナスです……。うーん、どうなんでしょう?

たまらずシステムトレードの伝道師、ひまわり証券の鈴木さんに電話をしてみました。


私:「いまだに勝ち星ゼロ。なんだか自虐的な気分になってきました」

鈴木さん:「確かに今月に入ってから成績は良くないですね。今の相場環境がシステムに合っていないのかもしれません」

私:「でも確実に利食えるタイミングでも利食ってくれなくて……。で、そのまま損切りというパターン。だんだんシステムを信用できなくなって、しまいに自分で注文指示を出したくなっちゃうんです」

鈴木さん:「最初は皆さん、そうおっしゃるんです。でも統計的に勝っていく手法ですから、1年ぐらいは様子を見てもらわないとダメですよ」

私:「1年ですか。それまで資金がもつかどうか……」

鈴木さん:「結局、最後はシステムを信頼できるかどうかなんですね」

私:「信頼ですか………」

とにかく運用テストは3週目に突入です。

2月 26, 2008 システムトレード | | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

本日発売!『日経マネー4月号』

『日経マネー4月号』が今日発売になりました。  M0804 
巻頭は「サラリーマン資産倍増計画」!! 株安、円高のときこそ、じっくり資産運用を始める好機です。じっくり10年で2倍に殖やす方法と、ワクワクしながら短期で2倍に殖やす方法、2本立てでお送りします。澤上篤人さんと勝間和代さんの対談をはじめ、ジム・ロジャーズさんなど著名人のインタビューも満載です。

ネット販売もどうぞ!↓

amazon.co.jp(1500円以上で送料無料)
セブンアンドワイ(セブンイレブン受け取りで送料無料)
楽天ブックス(ファミリーマート、サークルKサンクス受け取りで送料無料)

2月 21, 2008 お知らせ | | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

ジム・ロジャーズがコモディティ投資を語る!

こんにちは、編集部の松村です。

2月21日発売の4月号は「サラリーマン資産倍増計画」という特大特集です。10年間で今の資産を2倍にするがっちり運用と、より短期で倍増を目指すワクワク運用を具体的に紹介していきますが、後者のパートの1つでは“冒険投資家”のジム・ロジャーズさんにコモディティ投資の魅力をたっぷり語ってもらいました。Jim1_3 

ジム・ロジャーズさんはジョージ・ソロスと共同で国際投資会社クォンタム・ファンドを設立し、10年間で4000%を超す驚異的なリターンを上げた伝説の投資家です。37歳で引退して世界を旅して回る傍ら、いち早くコモディティ市場の将来性に着目。'98年に商品先物市場の指数である「ロジャーズ国際コモディティ指数」を創設するなど、コモディティ市場に精通した投資家です。

グローバル化の進展によって、先進国と新興国の株式市場の連動性が高まる中、株式の国際分散投資だけでは資産を増やしにくくなってきているのが現状です。そういう意味で、株などの伝統的な資産との相関性の低いコモディティに注目する価値は小さくないと思います。

下は先日開かれた投資家セミナー「ウェルス・マネジメント・エキスポ」(ラーニング エッジ主催)で講演するジム・ロジャーズさんです。Jim2_3  

4月号のインタビューでもコモディティ投資の可能性と、豊かな富を築くための秘訣をたっぷり語ってもらっていますので、是非お楽しみに。

2月 20, 2008 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

はじめてのシステムトレード⑥

みなさん、こんにちは。

今回は2月7日にスタートしたシステムトレードの運用テストの結果報告をしたいと思います。

報告の前に、トレード条件をおさらいすると、

○自動売買ソフト:「トレードシグナル」
○売買ロジック:「東大マスター」(West Village Invesutment社)
○取引銘柄:「日経225mini先物」(2008年3月限)1枚

という内容です。

さて、問題の運用結果ですが……。

0勝1敗で、損益はマイナス2000円でした(スリッページ、手数料は除く)。
(2008年2月7日~2月15日)

約1週間のうち、実際にトレードがされたのは2月7日だけでした。

その日は9時10分頃に1万3105円の「買い」でエントリーし、しばらく上昇が続いていましたが、9時30分頃から下落に転じ、1万3085円まで下がったところでロスカットに引っかかって終了しました。

日経225mini先物のチャートを見ると、簡単に儲けられそうな気もするのですが、システムはなかなか人間が思うように働いてくれません。

とはいえ、まだ運用を始めて1週間ですので、今後の状況をしばらく見守りたいと思います。

 

2月 18, 2008 システムトレード | | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

緊急アンケート!業績動向が気になる会社は?

下値模索が続く相場。底値買いしたくても思い切れず、腹をくくって損切りもできない…と悩みを深くしている投資家も少なくないのでは? そんなときこそ投資のキホンに立ち返り、企業業績に注目です! 

『日経マネー』5月号(3月21日発売)では、第3四半期決算を基に、今期・来期の業績を先読みし、買いか売りかを診断する特集を企画中。そこで読者のみなさんから、業績動向を知りたい企業名を大募集します。手持ちの銘柄でも、これから購入したい銘柄でもOKです。業績動向が気になる企業についてのご意見をぜひお聞かせください。

アンケートはこちらから。
http://nikkeimoney.jp/

実施期間は2月18日(月)正午まで。

アンケートにご協力いただいた方全員の中から抽選で、以下のプレゼントを差し上げます。

1万円分商品券・・・1名様
『日経会社情報 春号』・・・10名様
1000円分図書カード ・・・ 20名様

また、追加取材OKと答えてくださった方の中で、編集部から取材を申し込ませていただき、誌面にご登場いただいた方(匿名でも可)には、別途謝礼を差し上げます。

みなさまのご協力をお待ちしております!

2月 15, 2008 お知らせ | | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

東京・株式投資セミナーのお知らせ

方向感のない相場展開が続きますね。
次の展開をじっくり考えるのに、ちょうどいい時期かもしれません。
本誌でもおなじみの株のお姉さん、雨宮京子さんが講演会に出演されるそうです。
興味のある方はぜひどうぞ!

--------------
セミナーのお知らせ
源太塾『台風一過! 次の展開』 

日時:2月15日(金) 18:00開場 18:15開演 19:50終了
場所:東京都千代田区三崎町2丁目22-18 TK-WESTビル1号館6F
   ハロー貸会議室 水道橋1
   JR中央線水道橋徒歩1分
セミナー費用:3000円(当日受付にてお支払いください)
講演者:クラッカーズ氏、雨宮京子氏、岡本昌巳氏

--------------
申し込み・詳細はこちらです↓
http://asset-jp.jp/seminar/show.cgi?f=20080215.html

2月 12, 2008 お知らせ | | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

はじめてのシステムトレード⑤

みなさん、こんにちは。

今日はシステムトレードのDVDのプレゼントのお知らせです。

ウエストビレッジインベストメント社長の西村貴郁さんが、自動売買ソフト「トレードシグナル」の使い方などを解説した「見てさわってわかる! トレードシグナル入門」です。(DVD本編83分収録/PDF資料付き/2007年10月発売/税込3990円)
Tradesignal

当ブログの記事よりもシステムトレードの魅力がとても分かりやすく紹介されています。詳細はこちら

このDVDを5名の方にプレゼントします。
ご希望の方は、money@nikkeihome.co.jp まで「システムトレードDVDプレゼント希望」と明記のうえ、上記のメールアドレス宛てに、ご応募ください。(お送り先のご住所、お名前をお忘れなく)

なお、トレードステーションに売買ロジック「東大マスター」を組み込んで日経225先物をトレードした1月分の運用成果(実運用はウエストビレッジインベストメントが実施)がまとまりました。

1月の累積損益は26万円(売買手数料、スリッページは除く)のプラス(もうけ)でした。製品版のリリースから5カ月が経過しましたが、今のところ月間ベースでマイナスになった月はまだゼロです。

今月から同様のシステムを使った日経225ミニ先物の運用テストの結果を1週間ごとに 当ブログでご報告していく予定です。ご関心があればそちらも合わせてご覧ください。

2月 5, 2008 システムトレード | | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

なぜ今、株なのか?

みなさん、こんにちは。

個人向けにオンラインで投資信託を販売しているフィデリティ証券が31日、株式の取引サービスへの参入を発表しました。2月4日から現物株やETFなどのネット販売を始める、とのことですが、土砂降りの大荒れ相場の中、なぜ今、株式なのでしょうか?次のデータを見ればその理由がよく分かります。

'98年のサービス開始以来、順調に投信の販売を伸ばしてきた同社ですが、国内の投信マーケット全体でみると、ネット経由での投信販売はまだ3%と僅かです。(下の円グラフ左)

一方、現物株については既に取引の多く(84%)の投資家がネット経由で売買を行っており、株はネットで買うものという認識が一般的になっています。(同右)
Graph1
(データ出所:フィデリティ証券)

同社によれば、今回の株取引サービスへの参入は、この個人の利用度が高い「株のネット取引を突破口にして自社の認知度を高め、投信ビジネスの拡大につなげていく」(中島ギフォード社長)のが狙いで、株式の売買手数料で収益を稼ぐ既存のネット証券とは一線を画す戦略を描いているようです。つまり「投信を売るための株」という位置づけです。

このためターゲットとする層も、既存のネット証券が対象とするアクティブ・トレーダーではなく、長期投資による資産形成を志向する投資家を想定。それゆえ手数料も投信を資産形成のコアにしている投資家にメリットがある内容になっています。

手数料体系は2つの区分に分かれ、投信残高が1000万未満の顧客は1約定当たり1500円(固定)ですが、1000万円以上になると同500円(同)の優遇手数料が適用されます。

他のネット証券に比べるとやや割高ですが、約定代金が100万円前後になるあたりから同社の方が有利になるように設定されています。既存のネット証券の約定代金が平均60万-70万円ですから、この点からもライバルとは違った顧客、とりわけ比較的、お金持ちな層をターゲットにしているといえます。
Graph2

また株式のネット取引サービス開始に伴い、3月にはサイトが全面リニューアルされます。31日の記者会見で一部が公開されましたが、オンラインショッピングの仕組みをふんだんに盛り込むことが目玉。Amazon.comなどにある関連検索機能もあり、例えば、中国株ファンドで検索すると、それとよく似たアジア株ファンドも一緒に表示されるなど、とても便利です。ネット取引に抵抗がある人でも気軽に入っていける工夫が凝らされ、こちらも今から楽しみです。

Dscf1247

既に同社は1月から300人のモニターによる試験サービスを始めていますが、「1約定当たりの取引額はほぼ想定通りで、ファンドを解約して株取引する顧客はほとんどない」(中島社長)と、手ごたえを感じているようです。

株式相場の暴落や金融商品取引法の施行などで、投信販売はどこも苦戦を強いられていますが、フィデリティのユニークな試みの行方が注目されます。

2月 2, 2008 お金入門 | | トラックバック (0)