« アノマリーを信じたい | トップページ | 緊急アンケート!あなたの今年の成績は? »

2007年11月14日 (水)

イオン銀行に口座開設してみた

071114_163201_2 こんにちは、編集部の武田です。

昨日、自宅に戻ると10月29日に開業したばかりのイオン銀行のキャッシュカードが届いていました。電子マネー、WAON機能も付いていて、可愛いデザインです。(写真)封筒の中には、イオンで使える「1日5%割引券」も2枚入っていました。

イオン銀行はセブン-イレブンに次いで小売業が銀行に参入したと話題を集めました。だが中身はずいぶん違います。まず、ATM中心のセブン銀行と違って、ショッピングセンター内に店舗を構えます。一番の売りは営業時間。土日を含む朝の9時から夜の9時まで開いています。保険、投信('08年1月から)など、金融商品の取り扱いもあります。

取材を兼ねて開業前にカードを申し込んだのですが、申し込み時から面白いと思う点がいくつかありました。

①申し込み時、印鑑は不要。
普通の銀行は口座開設時、印鑑が必要です。ネット銀行の場合も印を押した書類を申し込み後、郵送する必要があります。ところがイオン銀行はサインで申し込み手続が完了し、カードが発行されました。びっくり。

②通帳はない
店舗型の銀行ながら、通帳は発行されません。イオン銀行の説明によると、店舗運営コストを省く分、金利に上乗せするそうです。確かに、普通預金金利は0.25%と目がバンクより0.05%ほど高いです。

今なら開業記念定期(1年物)が1.1%のキャンペーン中です。これはネットで申し込みできます。また、店頭申し込みに限りますが、3カ月で金利2%のキャンペーン定期を取り扱っている店舗もあります(品川シーサイド店、津田沼店など)。近くにイオンがある方は、使ってみるのも良いかもしれませんね。

11月 14, 2007 編集部裏日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/17069714

この記事へのトラックバック一覧です: イオン銀行に口座開設してみた: