« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月29日 (金)

日経マネーが投資信託の別冊を作りました!

「中国株投信でもうけちゃった!」とか「毎月分配金が出る投資信託って結構利回りもいいんだよ」とか聞くと、自分だけ儲け損なっているような気がしてきます。その一方で、投資信託は手数料が高いとか、金融機関が勧めるのは必ずしも「いい商品」ではないという評判もあって、なんだか不安……。そんな方が多いのでは?
 
本日6月29日に発売された「お目当て投信が一発で分かる本」、「自分にぴったりの投信を知りたい」「今、持っている投信がいいものか確かめたい」ニーズにお答えします。P_zokan4

1~15年で資産倍増を目指すのにぴったりの優良ファンドランキング、今売れ筋投信のベストワンが分かるグランプリ発表など、分かりやすいランキングが目白押し。投信ビギナーにも投信活用派にもきっとお役に立つ一冊になっています!
 
お値段は980円。本屋さんなどで、黄色の表紙を探してみてくださいね!
詳しくはコチラをごらんください↓
http://nikkeimoney.jp/magazine/0708b.html

ご購入はネットからでも!
セブンアンドワイなら、セブンイレブン受け取りで送料無料です
http://www.7andy.jp/magazine/detail?accd=T0151796

6月 29, 2007 お知らせ | | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

森下千里ちゃん連載ウラ日記:はじめての配当&IRへTEL

こんにちは。坂崎です。森下千里ちゃん連載の裏話。
もうすでに売却してしまった「未来工業」から配当のご連絡がありました。

最低投資単位の100株ですから、ささやか~な額ですが…
自動の振込みの手続きはしていないので、郵便局で受け取ることになります。

舞台「志村魂2」の真っ最中だったチサトちゃん。
東京芸術劇場近くの西池袋郵便局へ向かってもらいました。Dscn8732 Dscn8730

初配当!1260円ゲット~!!
「税金とられてんの!?」
「10倍投資してたら1万円もらえるのかあ…いいなあ」
と本人。
配当は再投資します。

さてさて、配当受けとりの順番を待っている間、もう一つの初体験も。

持ち株のヤクルトが、なぜかこの日プラス150円と大幅アップしていたのですが、
「何かニュースとかリリースとかあったのかな!気になる!」とチサトちゃん。
いろいろケータイで探ってみるものの、特にナシ。

すると、チサトちゃん、
「ちょっとこの電話番号かけてみます!!」とヤクルトさんのIRへTELしちゃいました。

むむー、行動力あるなあ…。
感心してしまいました。

結局、回答は「今日は特にこちらからの案内はありません」だったそうですが、
本人いわく「社員の人の対応がわかったしよかった」とのこと。

IRへの電話も投資家の調査の一つ!成長を続けるチサトちゃんでした。

6月 28, 2007 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

30キロの金貨!!

こんにちは、編集部の武田です。現在、7月21日発売9月号に掲載される金投資の特集を担当しています。今日は、オーストリア造幣局の方にお話を聞いてきました。

Sn370001_4 左上の写真を見てください!世界最大の金貨(もちろん純金)です。オーストリア造幣局が「ウィーン金貨ハーモニー」の発売15周年の際に発行したもので、世界に15個しかありません。重さは1000オンス(約30キロ)。持って逃げようにも、逃げられません。

作った当時(2004年)は約6000万円だったこの金貨の値段も、現在は9360万円!!!(6月20日現在)ここ1年半における金価格の上昇はすさまじいです。

私自身、資産運用の一環でオンラインで純金積立を昨年末からしています。毎月一定額を積み立て、そのお金で業者が毎日金を買い付ける純金積立は、個人投資家にとっても入りやすい金投資の方法です。

今回の特集をするにあたり、久~しぶりにサイトを開いてチェックしました。今の所、約20グラム貯まっているぞ。どれどれ、1日どれくらい買っているのかなと思い、調べてみると・・・。

1月→平均0.19グラム
6月→平均0.17グラム
となっていました。

毎日の買い付け量は、1カ月当たりの積み立て額によって異なりますし、価格変動の影響を受けるので0.01グラム単位で変化します。でも長期的に見ると、買い付け量が減っているのは価格が上昇している証拠ですね。

ちなみにオーストリア造幣局によると、個人投資家の金投資は小口が圧倒的に多いとか。金貨はキズがなければほぼ時価で売買できるので(種類によってはプレミアが付く場合も)、コインを買うだけでも立派な「金投資」になります。ちなみにわが編集部でも、過去に金貨でちゃっかり利益を得た者がおります。2006年3月13日のブログをご覧ください。

http://nikkeimoney.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/index.html

6月 20, 2007 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

本誌記者がまとめた「投資指標の読み方」プレゼント

11140 こんにちは。編集部の武田です。プレゼントのご案内です!

明日19日、日経文庫から『株に強くなる投資指標の読み方』が発売されます。この本は、株式投資の初心者のみならず、様々な指標をもっと使いこなせるようになりたい人たちに向けて、投資指標や財務諸表の読み方をまとめたものです。

執筆陣は本誌編集部員。毎号の特集で掲載された投資指標の説明を、コンパクトな1冊にしてしまいました。基本的な知識のみならず「プロならこの指標をこう活用する」といったような一歩進んだ視点も提供しています。

この本を、7名の方に差し上げます。ご希望の方は、

1.お名前
2.郵便番号・ご住所
3.メールアドレス
4.「日経マネー」「日経マネーDIGITAL」へのご意見・ご要望
を記入の上、件名を「投資指標本プレゼント希望」として、money@nikkeihome.co.jp までメールをお送りください。
締切は6月29日(金)とさせていただきます。

※いただいた個人情報は、本の発送にのみ利用させていただきます。なお、日経ホーム出版社のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

たくさんのご応募、お待ちしています!!

6月 18, 2007 プレゼント | | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

『日経会社情報 夏号』本日発売

『日経会社情報2007夏号』が本日に発売になりました。夏号は'07年3月期の本決算を反映していますので、実はすごく重要らしいですヨ。お宝銘柄探し、持ち株チェックにぜひご活用ください。20073
 
 詳細・ご購入はこちらから
 http://www.nikkei-bookdirect.com/nk/index.html

ちなみに、この間の記事にもご紹介しましたが、21日発売『日経マネー8月号』の「森下千里の株デビュー体験記」のテーマは「『日経会社情報』の活用法」です。こちらも併せてごらんくださいね。

 【山本編集長からのコメント】

『日経会社情報』の夏号を読み進めれば、今期も好業績の銘柄が多いことを実感するでしょう。巻末に掲載した1~3月期決算会社の今期(2008年1~3月期)の予想経常増益率のランキングもご覧ください。掲載した700社のうち583社が二ケタ増益、最高益となる企業は379社と半分を超えています。これでも「期初の企業業績見通しは慎重」とされているのです。株価の上値は重いけれど、悲観的になる必要はないと思うのですが……。

6月 15, 2007 お知らせ | | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

株式投資のアンケート実施中です!

本日より日経マネー個人投資家アンケートがスタートしました!

Bannar0608_1

                               

                                  

株式投資、うまくいっていますか?
初心者さんもベテランさんも、きっと何かしらお悩みのことと思います。

そこで日経マネーでは、個人投資家の皆様の“株のお悩み”を大募集!
あなたの株式投資の現状をアンケートで教えていただけないでしょうか。
疑問、グチ、不満…どうぞガンガンぶちまけてくださいね。皆様のご意見を日経マネー9月号の企画の参考にさせていただきます。
 
アンケート回答はこちらから!(6月13日深夜まで)
http://nikkeimoney.jp/anke-to.html
 
ご協力いただいた方の中から抽選で
1名に1万円分の商品券
10名に『日経会社情報2007年夏号』
20名に1000円分の図書カード

をプレゼントいたします!

さらにさらに、
追加取材にご了承いただければ、株式投資のプロから直接、保有銘柄や売買についてのアドバイスも受けられるチャンスも! プロの診断コーナーなどの誌面に(7月21日発売の日経マネー9月号)にご登場いただいた方には、最大1万円の図書カードをプレゼントいたします。
 
みなさまのご協力をお待ちしていますm(_ _)m

6月 8, 2007 お知らせ | | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

日経マネーDIGITAL書評コーナー 第3回

日経マネーDIGITALで5月から始まりました新連載
『なおた・おまきの本屋さんで待ち合わせ』。
なおた=日経CNBCアンカーの直居敦さん と、
おまき=経済キャスターの古沢真紀さん による、対談書評のコーナーです。

本日、第3回が更新されています。
第3回は特別編の著者インタビューということで『巨人・渋沢栄一の「富を築く100の教え」』の著者、渋澤健さんとの鼎談スタイルになっています。Shibusawa

渋澤健さんといえば…
1年半くらい前に「カネもうけのプロが実践 あの人の資産の中身&運用テク」という袋とじ企画にご登場いただきました…。今思うと失礼な企画にも関わらず、丁寧に答えてくださって、やさしくて素敵な方でした~。
今回のインタビューでもそのお人柄がよく伝わります!

6月 1, 2007 お知らせ | | トラックバック (1)