« 雨宮京子さん講演会のお知らせ | トップページ | 名古屋で流行ってきそうなモノ »

2007年4月 2日 (月)

マネー検定速報! 基調講演は武者陵司氏

1_2   

こんにちは、編集部の武田です。

昨日3月31日に、新宿の工学院大学にて「マネー検定」が行われました。これは昨年から定期的に行われている「日経マネー・投資力検定」の第3弾。今回は、株式投資に必要な知識のみならず、金融商品全般やマクロ経済など、より幅広く「おカネに関する知識」を問う構成になりました。だから名前も「マネー検定」となったのです。
 
週末にも関わらず、会場には約300人に上る参加者が終結。学生時代の模試を彷彿(ほうふつ)させる雰囲気でした。普段どんな人が『日経マネー』を読んでいるか実際この目で見ることが出来ただけに、私もとてもワクワクしました。このようなイベントにて皆様の熱心な姿を見ると、仕事へのモチベーションも上がります。
 
検定は受験終了後すぐに採点され、受験者のもとへ答案返却されました。昨日の検定の内容・解説などは今月21日発売の『日経マネー6月号』にて詳細をお知らせするのでお楽しみに!ちなみに検定の平均点は100点満点中60点、最高点は90点でした。
 
検定の採点をしている間には、基調講演とパネルディスカッションが行われました。編集長の北澤が「検定が本体とすれば、基調講演とパネルディスカッションは付録。でも付録の方が豪華になってしまった」と自画自賛?するほど、豪華メンバーが集まりました。基調講演はドイツ証券東京支店副会長兼CIOの武者陵司氏、続くパネルディスカッション参加者は、マネックス・ユニバーシティの内藤忍さん、人気ファイナンシャルプランナーの深野康彦さん、さわかみ投信代表の澤上篤人さんでした。
 
講演およびパネルディスカッションの内容も、『日経マネー6月号』にて誌面を割きますので「行けばよかった」と思っているアナタ、ご安心くださいね。しかし本日、メルマガを読んでいただいている皆さんに、武者さんの講演内容の「結論」を公開しましょう。テレビや新聞でも「強気論」を展開することで有名な武者さん。「日本株は今後劇的な上昇を遂げるだろう」と昨日も武者振るい?するほどの強気トークが炸裂しました。

<結論>
 
日本株は今後劇的な上昇 かつてない投資チャンスがやって きた
  日経平均は今年2万円台 数年後に3万円、
                  長期的にバブル高値更新も
   世界経済は今年後半から来年にかけて加速
   米ドルの経済は安定しているため、しばらくは円安基調
   企業にとって、かつてない収益環境。資金調達コストも低い。
       →日本のグローバルプレイヤーは絶好調。株価上昇
 
夢物語のような楽観論に、会場には不思議な笑いが3回ほど上がりました。しかし武者さんはそれを楽しむかのように「皆様が『ウソだろ』と言っている間、私の強気姿勢は変らない」とおっしゃっていました。何でも、現在の市場は「歴史的にみて、経済学者が説明できない異常なことが次々に起こっている」とのこと。だから自分は、2年前から教科書どおりの経済学理論から考えるのをやめ、マーケットの現実を受け入れることにしたそうです。それが「強気論」の背景につながっているのではないでしょうか。武者さんの強気論の根拠が知りたい人は、続きをぜひ『日経マネー6月号』でお読みください。

4月 2, 2007 気になるニュース |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/14496239

この記事へのトラックバック一覧です: マネー検定速報! 基調講演は武者陵司氏: