« 森下千里ちゃん連載ウラ日記:クラフト&ファンドクリエーション | トップページ | 森下千里さん連載ウラ日記:シブい銘柄 »

2007年1月11日 (木)

年始は1円パチンコに感激

編集部の山本です。

 読者の皆様、新年明けましておめでとうございます。昨夜(10日夜)まで今月発売号の締め切りに追われ、ようやくご挨拶をさせていただく次第です。
 今さら書くのは気が引けるのですが、一つだけ年始の出来事を報告させてください。それは1月2日にプレーした「1円パチンコ」のことです。東武伊勢崎線、竹ノ塚駅(東京都足立区)の近くにそのパチンコホールがあります。
 1円パチンコの存在は以前から知っていたのですが、実際に体験するとやはり驚きでした。通常のパチンコは玉1個が4円です。現在は500円で125個がいわば最低投資単位となっているところが多いですが、このホールでは500円で何と500個ですよ。最初に玉貸し機に500円玉を入れて、どさっと銀玉が出てきたときには、パチンコ歴25年、44歳の私もたまげました。

 座った台は昨年のヒット機種「冬のソナタ」。凝ったスーパーリーチ(パチンコに興味のない人はごめんなさい、説明しません)の画面が見所なのですが、通常のホールなら3000円投入しても1回のスーパーリーチさえ出てこないことが珍しくありません。それが、この1円パチンコホールでは1500円を投下して、10回近くもスーパーリーチがやって来ました。最後はすっからかんでしたが‥‥。

 話は少し変わります。この1円ホールを経営しているのはパチンコ・パチスロ店チェーンの大手、ピーアークです。昨年の年初はパチンコホールとし最初の上場企業になるという観測が流れましたが、実現しませんでした。パチンコ台のメーカーなどパチンコ関連ビジネスを手がける上場企業はかなりあるのに、ホールが上場するには色々なハードルがあるのですね。私は昨年12月からIPO(新規株式公開)の取材をしていましたが、ホールの上場は今年も期待薄のようです。

1月 11, 2007 編集部裏日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/13440655

この記事へのトラックバック一覧です: 年始は1円パチンコに感激: