« 相続セミナー in 京都 | トップページ | 【ニュース】ひまわり・GMOが日経225miniの取り扱い開始 »

2006年11月10日 (金)

純金積立を始める

編集部の武田です。だんだん寒くなってきましたがいかがお過ごしですか?ただいまマネー編集部は入稿作業真っ最中。編集部員一同、みなさまにおトクでためになる情報を届けるべく頑張っています。今日はその裏話を少し。

今月21日発売予定の号で金融商品の特集を担当した際、金の取材をする機会がありました。その際、金相場に詳しいWGCの豊島逸夫さんの話にちょっと感動してしまったのです。

ヨーロッパでは、女の子が生まれると誕生日ごとに金貨を1枚ずつ買う習慣があるそうです。成長の記録となるアルバムにその金貨を1枚ずつ貼り付けるとか。そしてその子が嫁ぐ日の前日に、「何かあった時は金貨を少しずつ売ってしのぎなさい」と、アルバムごと渡すのだそうです。泣ける話です(涙)。私もこつこつ金を蓄えて、同じようなことがしたいなぁ、と思いました。

毎月一定額の金を買い付ける純金積立をすると、ある程度の分量に達せばそれと等価のジュエリーと交換できるらしい。そのことが私の心を動かしました。私の母が還暦になるまであと9年。それまで毎月1万円ずつ金を買えば相当額になります。金の価格がこのまま上がり続ければ('06年4月に最高値を更新)もっと価値は上がるでしょう。

ここは一つ、親孝行を企ててみようと思い、純金積立を月1万円始めることにしました。9年後、ジュエリーは買えるのでしょうか。それは私の働きぶりにかかっているのかもしれない・・・。

11月 10, 2006 編集部裏日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/12632868

この記事へのトラックバック一覧です: 純金積立を始める: