« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月27日 (木)

IPO本のプレゼント

山本です。

本のプレゼントのお知らせです。今回は「東京IPO」編集長の西堀敬さんが書いた『IPO株の本当の儲け方』(ソフトバンクビジネス)です。

Ipo_r_1

西堀さんは個人投資家に人気のIPO(新規株式公開)情報専門サイト「東京IPO」(http://www.tokyoipo.com/)の編集長で、IPOや新興市場に対して豊富な知識を持っています。著書では「新興市場に上場するIPO銘柄の株価動向には似通った法則があり、その法則さえ身につけてしまえば、プロのファンド・マネジャー顔負けのパフォーマンスを得ることも可能」という考えのもと、様々な投資手法を紹介しています。

新規上場時の公募・売り出しの抽選にいかに勝つかを考える投資家は多いですが、この本ではそこは対象外です。だれでも投資できる上場後でも十分間に合う手法を取り上げています。確かに本に書かれてある、公募価格決定の裏側にあるカラクリなどを知れば、抽選に勝つ幸運に恵まれなくてもIPO株投資で収益を上げることは可能であることが分かります。

本をご希望の方は1.名前、2.住所、3.メールアドレス、4.年齢をご記入の上、『IPO株の本当の儲け方プレゼント希望』と記して、money@nikkeihome.co.jpまでメールをお送りください。抽選で5人の方にプレゼントします。締め切りは8月6日です。

当選の発表は本の発送を持ってかえさせていただきます。なお、いただいた個人情報は、本の発送にのみ利用させていただきます。日経ホーム出版社のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

7月 27, 2006 | | トラックバック (1)

連想ゲームで経済を読む

日本経済新聞社で「サンデーニッケイα」の担当デスクをしている田村です。

 

個人マネーがリスク資産へ着実にシフトしていく中で、様々な経済データに対する関心が高まっていのか「日経新聞では長期金利はどこに載っているの?」「ユーロや人民元の相場は?」というような問い合わせが新聞社に来ることが増えました。それと同時に、「金利が上がれば株はどうなるの?」「物価と為替との関係は?」などというふうに、異なる指標同士がどのように関連しているのかという電話も多くなっています。

 そうした疑問を持つ人にうってつけだと思える本が、「日本経済新聞の歩き方―金融・経済のしくみがおもしろいようにわかる15の連想ゲーム」(角川総一著、ビジネス教育出版社)です。日本経済新聞に掲載されている数百、数千もの金融・証券データを、何曜日のどの紙面で見つければよいか、それをどのように読み取ればよいのかが一目でわかります。

 それとともに、この本では物価、金利、景気、為替、株価といった指標同士がどのように結びつき影響を与えながら変化するかが、とてもわかりやすく説明されています。「経済は連想ゲームのようなもの」(著者の角川さん)ということが、読んでいるうちにすんなり理解できます。840円と安いのも嬉しいところです。

 

 実は私は3年前まで日経マネー編集部に所属していました。このブログはよく読んでおり、一度登場したいと思っていました(私が所属していた頃はブログなんてありません)。第一弾として書評を書いた次第です。

 

_r_1_1

7月 27, 2006 | | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

IRフェアで…

編集長の北澤です。

3月期決算企業による第1四半期業績の発表がたけなわです。当面の相場の方向感を決める重要なイベントだけに、どんなサプライズが飛び出すか投資家にとっては気の抜けない毎日です。この四半期業績の発表を今後の投資戦略にどう生かすか。発売中の日経マネー9月号では夏相場に立ち向かう心得と戦術を特集しています。是非ご参考に。

Dscn1181_5_3 さて私、先週末の土曜日に東京ビッグサイトで開かれた「日経IRフェア」でトークショーの司会を務めてまいりました。ゲストは本誌でおなじみインフォストックの鈴木一之さん、そしてタレントの森下千里さん(写真はトークショー終了後のお二人)で、テーマは「株式投資を学ぶ楽しさ」。森下さんが日ごろ感じている素朴な疑問を繰り出して、鈴木さんがそれに答える形で身近な生活の場面から銘柄選びのヒントを得る方法、最も簡単な企業業績の分析法や景気判断法などをお話ししてくれました。「コインパーキングの値段が最近上がっているように感じるのだけど…」等々、森下さんがひょっとしたら株式投資に向いているかも、と思わせるキラリと光るセンスを見せてくれたのが印象的でした。「株式投資にとても関心を持ちました」という森下さんには、いずれ本誌にもご登場いただきたいと考えています。こうご期待です!

7月 25, 2006 編集長の一言 | | トラックバック (1)

2006年7月 7日 (金)

火災保険の見直しセミナー

編集部の関口です。

日経マネーDIGITALの人気連載「FP快刀乱麻」でもおなじみの、ファイナンシャル・プランニングサービスを提供する生活設計塾クルーから、再びセミナーのお知らせです。「賃貸暮らしの人も必見! 確実に保険金をもらうための火災保険見直し法~ほったらかしは最も危険!~」。

セミナーの講師は、クルーの清水香さん。
会場は、東京の中野サンプラザ。参加費は税込1000円です。
日程は、7月10日の14時00分~16時00分の回と、7月12日の18時30分~20時30分の回があります。

興味がある方は、生活設計塾クルーのサイトの、 「クルーセミナー」開催のご案内 をクリックすると、詳細や申込ができます。

僕は賃貸暮らしなので火災保険なんてあんまり関係ないと思っていたのですが、どうやら関係あるみたいですね……。

7月 7, 2006 気になるニュース | | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

丸の内マネー塾のご案内

編集長の北澤です。

日本経済新聞社と日経マネーの共催による無料セミナーのご案内です。東京駅前の丸の内オアゾ1階にある日経グループの情報発信拠点・日経ノティオで下記のセミナーを開催します。タイトルは「丸の内マネー塾」。おカネの殖やし方のノウハウが満載の投資セミナーです。講師は本誌連載でおなじみのマネックス・ユニバーシティ社長の内藤忍さん、同社副社長の廣澤知子さん、そして末席を私が汚します。日経ノティオを活用し、日経グループでどんどん情報を発信していこうというセミナーで、日経マネーにとっては初めての試みです。丸の内界隈にお勤めの方など、会社の帰りにでも是非ご参加ください。

■セミナーのテーマと日程
第1回 7月25日(火)18:30~20:00

テーマ:あなたの人生目標をかなえる新・資産3分法
講 師:内藤忍・マネックス・ユニバーシティ社長

第2回 7月26日(水)18:30~20:00

テーマ:資産設計に役立つ経済記事の読み方 
講 師:廣澤知子・マネックス・ユニバーシティ副社長

第3回 7月27日(木)18:30~20:00

テーマ:10万円から始める資産設計~実践編~
講 師:内藤忍・マネックス・ユニバーシティ社長

第4回 7月28日(金)18:30~20:00

テーマ:株式相場の見方
講 師:北澤千秋・日経マネー編集長
※講演者・講演内容は変更になる場合もありますのでご了承ください。

参加費:無料、定員:50名(椅子席)

詳しくはhttp://nikkei-notio.com/event.htmlをご覧ください。締め切りは17日(月)。応募多数の場合は抽選となります。

7月 6, 2006 編集長の一言 | | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

5万円が当たる日経マネーアンケート

日経マネー編集部ではみなさんのご意見をうかがいたく、
本日よりアンケートを募集しています。今年上半期の売買実
績や、現在の手持ちの銘柄について知りたいことなどを教え
ていただけませんか?

ご協力いただいた方の中から、抽選で豪華プレゼントを差し上げます。

○1名の方に5万円の図書カード
○5名の方に1万円の図書カード
○10名の方に『日経会社情報』(1750円)
○10名の方に『日経マネーおすすめ! 株ネット投資必勝法』(1470円)

ご回答はこちらから!

締め切りは7月10日(月曜日)深夜12時となります。

7月 3, 2006 お知らせ | | トラックバック (1)