« 『今日から儲かる株入門』プレゼント | トップページ | 藤巻健史からの宿題 »

2006年6月16日 (金)

金利の高かった時代

みなさんこんにちは。編集部の武田安恵です。今日は取材をしていて感じたことをお話しようと思います。

 先日ある50代の読者を取材した際、金利の話になりました。その方は自分が投資をしている理由について「昔に比べて銀行の金利はすごく物足りない。だから自分は株式投資や投資信託をやっているのだ」とおっしゃいました。

 私は「金利の高かった時代」のことを知りません。バブル期における銀行の定期預金金利(3年もの)は約5%。そのころ私はまだ幼稚園生でした。幼稚園児は自分で貯金なんてしませんし、するお金もありません(笑)

 私は銀行にお金を入れても増えないのは当たり前、という感覚だったのでその話にとても世代ギャップを感じました。銀行でお金をふやそうなんて考えたこともなかったからです。

 今年の3月に量的緩和政策が解除され、いつ金利が上がるか注目されています。しかし最近の相場の下げっぷりを見るとどうも、日銀は切り上げのタイミングをなかなかつかめないようで・・・。

 現在、個人向け国債も募集されているから金利上昇を見込んで債券に乗り換えるべきか、それともリスクの高い株式投資を続けるか。長期的にみてリターンのある方はどっち??個人投資家の方々はきっと悩んでいるでしょう。

 そこでお知らせです♪来週21日発売の日経マネーでは金利上昇の話、リスクの少ないバリュー投資の話など、疑問に答える話題が満載!!きっとみなさまの投資判断に役立つに違いありません。

 発売日まで残り1週間をきりました。乞うご期待!!

6月 16, 2006 編集部裏日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/10549197

この記事へのトラックバック一覧です: 金利の高かった時代:

» 日経マネーの投資力検定で当選??  トラックバック ひと株ふた株みかぶぅ〜
先日やってみた投資力検定。こちらトラックバックすると「日経マネー」3カ月購読権が当るというもの。日経マネーブログなんとメールボックスに『「日経マネー」3カ月購読権が当選しました』とのお知らせが入りました。「ほんとかな〜?」と勘繰る私。だってさぁ〜、「日経...... 続きを読む

受信: 2006/06/27 12:40:22

» 三菱UFJ証券・利付ステップアップ型社債「すくすく債」を発売開始 トラックバック ホンネの資産運用セミナー
日興コーディアル証券の円建て利付ステップアップ型社債「だんだん畑」に続いて、三菱UFJ証券が、円建て利付ステップアップ型社債「すくすく債」の販売をスタートした。利付ステップアップ型社債とは、毎年利率が上がっていく債券のことで、今回の発行体はドイツ銀行AGロンドンの5年もの社債。各年次の利子は、... 続きを読む

受信: 2006/06/27 22:41:47