« 出産ってお金がかかる~! | トップページ | イナバウアー効果でいくらもうかる? »

2006年3月 3日 (金)

手数料だけじゃないイー・トレード人気

こんにちは。編集部の坂崎です。
通信社のロイターが個人投資家を対象にアンケートを取っています。

今回のテーマ「最も優れていると思う証券会社」の1位はイー・トレード証券(37.6%)でした。2位の楽天証券(11.6%)を大きく引き離しました。現在、イー・トレード証券はネット証券大手5社の中での取り扱いシェア1位。この業界のけん引役として活躍してきた会社ですが、相変わらず強いです~~。

決め手となったのはやはり手数料。投資家の約半数が「証券会社を選ぶ際に重視する点」として手数料を選んでいるので、現在手数料水準最安のイー・トレードが人気を集めているのもうなずけます。
4月から松井証券が大幅に手数料体系を変えますが、これがどんな影響を与えるのか、気になるところですね。「30万円以下315円」という水準は少額投資家にとっては大きな魅力であるはずです。

ただ、イー・トレード人気は簡単には揺るがないかも。アンケートでは「手数料」のほかにも「システムの安定性」「サイトの使いやすさ」「商品・取引の多様性」などの項目でもそれぞれ優れている会社を尋ねていますが、こちらも8項目中7項目でイー・トレードが1位になっているのです。
特に、システムの安定性の面では、イー・トレードにはシステムダウンに備えたバックアップサイトがある点が大きいでしょう。今後、個人投資家の取引数がさらに増えていく過程ではシステムのパンクも心配ですから、こうした備えは投資家の安心につながりますよね。
また、「サイトの使いやすさ」でイー・トレードが1位というのも「今使っている人が慣れているから」という要素が強いのではと思います。イー・トレードから他へ乗り換えるのは結構面倒かもしれないです。

ともあれ、ネット証券各社のサービス向上競争は個人投資家にとっては大歓迎ですね。日経マネーでも逐一、各社へ取材していきたいと思います。

3月 3, 2006 気になるニュース |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/8923421

この記事へのトラックバック一覧です: 手数料だけじゃないイー・トレード人気:

» 糖尿病を見つめて トラックバック 糖尿病(生活習慣病)闘病日誌
闘病日誌(はじめに) あらゆる合併症を起こす糖尿病たった何年かで死亡するケースもある。 症状の出ないまま慢性化していてある日突然、倒れて昏睡状態。 急性心筋梗塞、脳梗塞の何人かに一人は糖尿病に気づかずに起きた 合併症です。 又、近年では健康診断等で糖尿病の気があるなどと診断を受けていて 放置したまま合併症で死亡した場合、 死亡保険金が支払われないケースも多数発生しているようです。 気づかずにある朝突然『失明』年間に2000人も居るそうです。 そして『壊疽』糖尿病患者は神経感覚も... 続きを読む

受信: 2006/03/05 15:38:16

» E*トレードポイント トラックバック 資産構築研究所
 “証券会社研究室”ですでにレポートしている“E*トレード証券”では“E*トレードポイント”“E*トレード・JALマイレージサービス”“IPOチャレンジポイント”3つのポイントシステムがありますが、そのうちの“E*トレード・JALマイレージサービス”が3月末でなくなり、4月...... 続きを読む

受信: 2006/03/10 16:03:12