« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月24日 (金)

出産ってお金がかかる~!

はじめまして、羽生(はぶ)と申します。

 今年からマネー編集部に来ました。今までは女性誌やデジタル誌で編集をやってきましたが、金融の世界は初めて。株ブームのこのタイミングに異動となり、刺激的な出来事も多くて勉強の毎日です。

 さていきなり私事で恐縮なのですが、現在妊娠しておりまして、今年の夏に第1子を産む予定です。紀子さまのご懐妊発表などもあり、私の周辺ではちょっとした妊娠ラッシュが続いています。
 ところで先週はひどい風邪をひいてしまい大変でした。薬を飲んではいけないので体調が悪化し、脱水症状で軽く入院という事態に……。入院といってもポカリスエットみたいな栄養剤を点滴するという簡単なものなのですが、正常な出産に対しては健康保険が使えないので、医療費が高い高い! 2時間の点滴で1万8000円もかかりましたよ。

 そもそも出産するには結構な費用がかかります。通常、妊娠をすると2~4週間に1回の妊娠検診をするわけです。1回につき普通の病院ならば5000円くらいの検診料が必要。ちょっと先生が有名だったり、立地のいい病院だったりすると1回8000円もします。
 先月、手厚いサービスと施設で有名な都内の「愛育病院」に、社会見学がてら検診に行ってきました。するとモデルのような受付嬢に静かな声で「初診料として1万円いただきます」と言われてビックリ。ひえ~、さすがセレブ病院!
 
 こういう検診が分娩予定日まで10カ月、およそ15回はあるわけですね。また、1回の血液検査で4万円弱かかったりするので、検診料・交通費・医療費・雑費などを含めると、ざっと15~20万円くらいは必要です。で、それからがさらに大変。昨今の分娩費用は都内だと35~40万円が最低ライン。大きな総合病院や設備のいい所だと軽く50~60万円はかかります。「個室がいいワ」というお嬢様ですと、70万円くらいに簡単にハネ上がってしまいます。健康保険で1児につき30万円の出産給付金が戻ってくるのですが、にしても現在の日本で出産するにはお金がかかりすぎる!

 例えばフランスでは出産費用は無料で、フランスの友人は働きながら既にちゃっちゃと4人も産んでいます。アメリカでも保険に入っていれば、ほとんど無料。イギリスも、妊娠中の健診や総合病院の分娩費用から、産後のケアや助産婦の家庭訪問に至るまで、すべてが無料です。
 ようやく最近日本でも少子化対策が徐々に行われようとしていますが、こういった海外の出産育児にまつわる制度を見ると、「日本で子供を産んで育てるにはお金がかかる~!だから子供が減るんじゃないの~?」ということを思わずにはいられません。

baby ←役場からもらう「母と子の保健バッグ」には、いくつかの検査の費用が無料になるチケットが入っているのでとっても大事。

2月 24, 2006 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

久しぶりの外貨両替で驚く

山本です

 円を米ドルに替えようと、きょう(2月23日)、会社の近くの東京三菱銀行、いや違った三菱東京UFJ銀行の某支店に行きました。翌週に海外に出かける準備のためです。

 実は外国に行くのは9年ぶり。外貨両替も久しぶりですが、便利になっているので驚きました。店内にあるATMのような機械で簡単に出来てしまうんです。「そんなの常識だろう。マネー雑誌の記者が知らないのはおかしい」とお叱りを受けるかもしれませんが、少し説明させてください。

 両替は米ドルとユーロの2種類。現金とトラベラーズチェックに替えられます。米ドルの現金なら100ドル、300ドル、500ドルのパックの3種類から選べます。私は100ドルを選びました。交換レートは1ドル=121.27ドル。1万2120円を支払いました(10円未満は切り捨てです)。ちなみに、その時の東京市場のレートは1ドル=118.30ドル程度でした。銀行の女性行員の説明によると「この機械は支店によってある所とない所がある」とのことでした。

P1000049_R ←紙幣は封筒状のものに入っています。100ドルパックは1ドル紙幣が5枚、5ドル紙幣が1枚、10ドル紙幣が5枚、20ドル紙幣が2枚。明細書に交換レートが示されています。

2月 23, 2006 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

中古車関連株は有望か?

山本です

 中古車の流通を主な事業としている上場企業は意外に多い。株式市場で関心を集めることも時折あります。ライブドアオートのような注目のされ方では困りますが、将来有望な業界と見ている投資家が結構いるようです。その中の1社(A社としておきます)に私は今月、マイカーを売りました。この5月で買ってから丸9年になる『トヨタ・カリーナ』です。

 最初は新車を購入する販売店に引き取ってもらう予定でしたが、3万円という査定。これに少し不満だったし、買い取り専門業者との交渉という経験もしたかったので、軽い気持ちでA社に査定を依頼したのです。 

 数日後にA社のスタッフが我が家に来て色々と説明をしてくれました。「当社では8年以上で、8万キロ以上走った車は原則として価値ゼロ」「中古車店で20万円とか30万円とかで売られている車は買い取り価格はほぼゼロ。そうしないと業者には利益は出ない」といった内容です。

 私のカリーナは3万6000キロしか走っていなかったものの、8年以上経過しているので価値ゼロかと思ったところが、結局10万円という値段を提示してくれました。「きれいにお使いなので、転売せずに当社でお客様にお貸しする代車として使用します」という説明でした。
 この値段に対する論評はさておいて、私がこのA社のサービスで気に入ったのは「わかりやすさ」と「速さ」です。「10万円はお客様の口座に振り込まれる手取りの金額で、ここから何かの費用が差し引かれることは一切ありません。必要書類がそろっていれば車を引き取った2日後に振り込みます」という言葉どおりに、車を手放した翌々日の2月14日に現金10万円を受け取ることができました。

 A社の株価は2003年~2004年に急上昇しています。業績が伸びたためですが、同社のサービスが消費者から評価されたのだろうと推察しました。ただし2005年半ばをピークに株価は下向き。競争激化で利益を伸ばしにくくなっているのかもしれません。コールセンターの若手スタッフの「山本様でよろしかったでしょうか」といった今風の言葉は多少気になりましたが、機会があればまた利用してもいいなあというのが今の感想です。運送業者の手で我が家から去っていったカリーナが、A社でも調子よく走ってほしいとも思いました。

carina_R ←2月11日、最後の遠出のドライブとなった栃木県の佐野厄除け大師付近で撮影したカリーナ。10万円の値段が付いた。

2月 16, 2006 編集部裏日記 | | トラックバック (2)

2006年2月 1日 (水)

今年の確定申告シーズンの税務署は去年より混みそう。

山本です

 所得税の確定申告シーズンに本格的に入りました。今年もJR東京駅の地下にある「動輪の広場」に「還付申告センター」が登場。これは納税者が医療費控除や住宅ローン控除などによって税金を還付してもらうための申告を受け付けることを目的に税務当局が臨時に設置するコーナーです(今回は全国46カ所に設置)。

 地元の税務署に行かなくても、通勤途中などにセンターに立ち寄って申告を済ませられます。2月1日午前10時のスタート時にはいつものように報道陣が集まっていました。来場者は前年より少なめという感じがしましたが、最終日(2月16日)までには多くの納税者が訪れることでしょう。今年は年金生活者を中心に還付申告をする人が増加すると思われます(理由は『日経マネー3月号』の8ページなど参照)。税務署に申告書を提出する期間は2月16日~3月15日とPRされていますが、還付申告ならそれ以前でもOK。混雑に遭うのがイヤなら早めに申告するのが得策です。

kanpu_R ←東京駅の構内にある還付申告センター。都内だけでなく埼玉、千葉、神奈川など様々な地域に住む納税者が利用する。

2月 1, 2006 気になるニュース | | トラックバック (0)