« 3月号もお得です! | トップページ | マイカーの買い替えと脱デフレ »

2006年1月24日 (火)

ライブドア新体制で感じたこと

山本、関口

060124a  ライブドアが24日午後8時から開いた新体制発表の記者会見に編集部員2人が参加した。新たに代表取締役になった熊谷史人(くまがい・ふみと)さん、新社長に就任した平松庚三(ひらまつ・こうぞう)さんの発言の詳細やライブドア事件の経緯は他のメディアに任せてここでは取り上げないが、会見を聞いた直後の感想を書いてみた。

◎まずは副編集長、山本から。
 私は28歳の熊谷さんと60歳の平松さんの中ほどの世代だ。会見場の2人を最初に見たときは熊谷さんは若くて危なっかしい、平松さんは安定感があるという印象だった。ライブドア経営陣の社会的経験の浅さが事件の一因という認識から、人生経験豊富な平松さんが社長に選ばれたそうだ。株主総会を開催する時間がないために、取締役でないままに社長になったといい、業務の執行はすべて平松さんが担当する。

 しかし、会見を聞いている限りでは、代表取締役の熊谷さんを中心に荒波の中を進んでいくことになるのだろうと感じざるを得なかった。会見のキーポイントなるコメントの大半は熊谷さんが発した。「身売りは考えていない。資金繰りには余裕がある」「株式の百分割自体は問題だとは思わない」「逮捕された幹部の有罪が確定したら経営陣に再び入ることはない」「ライブドアの社名は変えない」といった発言だ。会社に対する思い入れの深さは、グループに入ってから日の浅い平松さんの比ではない。
 会見で質疑応答が進むに連れて熊谷さんの存在感が強まり、平松さんの影が薄くなったように思える。報道陣が2度にわたって浴びせた「熊谷さんは事件に関与していないと明言できるか」という質問に「捜査中のことですからコメントは差し控えたい」としたのは残念だったが、熊谷さんを求心力として社員がまとまれば、会社は存亡の危機を乗り切れるかもしれないと感じた。

◎次に若手記者、関口から。
 今回疑いのかかっている行為以前の04年12月にライブドアグループ入りした弥生の平松さんを執行役員社長に据えた点、平松さんは60歳で、いわば社長として“普通”の年齢であり、堀江前代表取締役社長の若くて奇抜なイメージとかけ離れている点は「これまでのライブドアとは違う会社に見せたい」という意図を強く感じた。コンプライアンス遵守とコーポレートガバナンスの強化を目的とする「経営委員会」の設置も同じ目的であろう。

 会見の最後に記者からの「仮に容疑者の有罪が確定して刑期を終えた場合、役員として迎え入れるのか」との質問に、熊谷さんは「それはしない」とコメント。ホリエモンはもうライブドアに戻ってこないのだという。
“新しいライブドア”のアピールは大まか成功したと感じた。しかし具体的な建て直しのプランは今後練っていくとのこと。本当に変わったのかどうか見極めるには、もう少し時間がかかりそうだ。

(22時46分、写真追加)

060124b
ものすごい数の報道カメラ。

060124c
左が熊谷史人代表取締役、右が平松庚三執行役員社長。

1月 24, 2006 気になるニュース |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/8322136

この記事へのトラックバック一覧です: ライブドア新体制で感じたこと:

» ライブドア株・事件 トラックバック MuzchWay
 ん~ホリエモン、ついに逮捕されちゃったか、残念…。というのが正直なところ。やは 続きを読む

受信: 2006/01/25 7:31:26