« クリスマスも正月も企業買収 | トップページ | お年玉プレゼント! »

2006年1月 4日 (水)

今年の日経平均の高値は2万4000円?

山本です

 今年の日経平均株価はどう動くか--。年明け早々に掲載される、恒例の日本経済新聞の経営者アンケートや日経金融新聞の専門家アンケートを読んでみました。今回は両紙ともに目立ったのが高値1万8000円という回答。「まあ、そんなところだろう」という感想を持った読者が多かったのではないでしょうか(私もそうです)。

 ところで、誰もが驚いた2005年の急騰相場を、前回(2005年初)の日経新聞と日経金融新聞の紙上で予想していた人がそれぞれ1人ずついます。日経の経営者アンケートでは潮田健次郎・住生活グループ会長がその人です。日経平均の高値について、ただ一人、1万5000円と答えていました。
 さらに、すごいのは05年1月4日の日経金融新聞紙上で「高値は12月の1万6000円」と回答していた専門家です。その人の名は--。『日経マネー』でもお馴染みの沢上篤人さん(さわかみ投信代表取締役)です。

 では潮田、沢上両氏の06年の高値予想はどうだったか。潮田さんは「12月に2万3000円」と登場した経営者20人の中でただ一人2万円台を挙げていました。沢上さんはもっと上を予想し「12月に2万4000円」。
 現時点では「それはないでしょ」と言いたくなりますが、2005年の“実績”を考えると意外な展開があるかも。私も今後の株式相場をしっかりとウオッチして、読者の皆様に役立つ情報をお届けしたいと思います。

1月 4, 2006 気になるニュース |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/7996525

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の日経平均の高値は2万4000円?:

» トレンドに従った予想にはほとんど意味がない トラックバック 鳳凰堂のランダムウォーカー
 年末・年始の時期には、「今年の相場展望予想」云々といったコメントをよく見かけます。  昨年から今年にかけて、相場は上昇してきています。こういう時期の予想というのは、えてして楽観的なものが多くなりがちです。逆にズルズルと下げてきた時期というのは悲観的な予想が多くなりがちな傾向があるでしょう。  人の「予想」というのは直近の状況に大きく影響されやすいということでしょうね。  まあ、騰... 続きを読む

受信: 2006/01/04 21:25:42