« 充実の日経マネー2月号発売! | トップページ | 今年の日経平均の高値は2万4000円? »

2005年12月30日 (金)

クリスマスも正月も企業買収

臼田です。

最近、友人と例の「M&A人生ゲーム」に興じています。ゲームの基本構造は普通の人生ゲームと同じで、戦略性より運任せの要素が強いゲームではあるのですが、やってみるとなかなか面白いです。

horiemon

基本的なゲームの流れは以下のような感じです。

(1)ルーレットで止まったマスごとに、利益や損失のイベントがある。

 ちなみに最も利益の大きなマスは「自社株に想定外の高PERがついた!」とか「IPOで大儲け!」とかいうもの。これらのマスに止まると、本業の利益がどうでもよくなるくらい儲かります。終盤では「法人税の追徴課税」という恐怖のマスもあります。

horiemon1

(2)マスによっては「有能な人材」や「提携企業」が手に入ったりする。

 人材の中に「韓流スター」なんてものまで含まれているのが笑えます。

(3)時折、企業買収のチャンスがある。誰も持っていない企業を買う「友好的M&A」と、他のプレイヤーからムリヤリ奪う「敵対的M&A」の2種類。

 敵対的M&Aのときは、二人のプレーヤーが「攻撃カード」「防御カード」を駆使して戦います。「ホワイトナイト」「クラウンジュエル」「プロキシーファイト」などが強力なカードの例ですが、中には「体力」「ハッタリ」なんてものも。そういえばみんな使ってましたね、ハッタリ。

horiemon3

(4)買収した企業の価値が上がったり下がったりするイベントがある。企業価値が上がると、決算ごとの純利益や時価総額が跳ね上がり、敵対的な買収もされにくくなる。

(5)「プロ野球チーム」やら「一等地のビル」などといった資産を購入するチャンスもある。ただ、ルーレットの目によっては、買った資産の価値が最後には紙くず同然になることもある。

(6)ゴールにたどり着いたら、所有している企業や資産、人材などを全て時価評価し、その金額の大小で勝敗を決める。

ちなみに、企業買収は借金して行うこともできます。そして恐ろしいのは、借入金額に上限がないこと。1ターンあたりの上限は決まっていますが、毎ターンコツコツと積み上げればいくらでも借りられます。しかも、金利があまり高くないんですよね。これも「ほりえもん」の価値観を反映しているんでしょうか(笑)?

というわけで、本年最後になるかもしれない更新でした。皆様、来年もよろしくお願い致します。

12月 30, 2005 編集部裏日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/7894251

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスも正月も企業買収: