« 「つみたてくん」の解約で感じた3つの「?」 | トップページ | グロソブ手数料引き下げの裏 »

2005年12月 5日 (月)

隣の有望株(1) ~コンビニ払い込み用紙の裏側に~

臼田です。

株式市場には4000社近い銘柄があります。株を始めたばかりの人にとって、そのほとんどが「聞いたことのない会社」だと思います。

ただ社名が世間に知られていなくても、普通の人の普通の日常には、実はたくさんの「有望株」と呼ばれる企業が潜んでいたりするのです。このコーナーでは時々、そういう例を紹介していけたらと思います。

さて、今日の有望株の話はこちら。この前、パソコンのリサイクル料金をコンビニで支払ったのですが、下の写真はそのときに残った控えです。

welnet1

これのどこに有望株が?エプソンのこと?と思われたかもしれませんが、今回の銘柄はこの紙の裏側にあります。



















welnet2

その名前はウェルネット(2428)。この「コンビニ支払い」というシステムを裏で運営している決済インフラ企業です。通販の利用など、コンビニで支払われた金額の一定比率を手数料として受け取るビジネスモデルで、コンビニ払いをする人が増えれば増えるほど売り上げが伸びる構造になっています。

コンビニ払いだけではなく、ネット通販でのクレジットカード決済など、様々な支払手段に対応しています。航空会社を顧客に持っており、携帯電話を使った航空券の予約システムなども手がけています。最近ではこんなニュースも出ました。

もちろん同業のライバルも多いので、同社の成長が約束されている訳ではないですが、電子決済などの市場は間違いなく拡大していく分野。何気なくネットで買い物をするだけでなく、「これの裏側で成長している会社があるんだ」と思いをめぐらしてみてはいかがでしょうか。

12月 5, 2005 お金入門 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138031/7480554

この記事へのトラックバック一覧です: 隣の有望株(1) ~コンビニ払い込み用紙の裏側に~: