« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月29日 (火)

「つみたてくん」の解約で感じた3つの「?」

 編集部の山本です

 私が個人のマネーライフについて取材を始めたのは新聞社にいた1999年初からです。それとほぼ同時期に始めたのが住宅金融公庫の住宅宅地債券(通称・つみたてくん)。記者には資産運用の制約がありますが、何か実体験してみようと思ったのです。

 1999年2月から2002年2月まで7回にわたり約40万円ずつ積み立てました。積み立て総額は284万8805円。そして早いもので満期日が来年の2月20日に迫りました。この間、窓口だった日本興業銀行が消滅したほか、私も住所が変わったのにほったらかし。そこで満期のお金を受け取るにはどうすればいいか確認しようと11月半ばに銀行に出向きました。

 久々に訪れた東京駅八重洲口方面にある日本興業銀行・東京営業部はみずほコーポレート銀行になっていました。店頭も様変わり。指示された通り3階に行くと「うちでは取り扱っていません。丸ノ内1丁目のみずほ銀行の支店に行ってください」と悪びれずに女性行員は言いました。きちんと住所変更していたら連絡が来たのかもしれませんが、この銀行の対応が一つ目の「?」です。

 さらに、この行員が教えてくれたことは、もっと大きい「?」でした。満期で受け取れるお金は305万円なのですが、満期まで待とうが今換金しようが変わらないというのです。だから、住所変更と同時に解約してはどうかとアドバイスしてくれました。
 10月21日以降の解約なら305万円がそっくり受け取れるとのこと。満期の4カ月前でも満期日でも同じ金額が戻るなんて、金融商品の公式の崩壊ではありませんか。その理由はともかく、これから満期を迎えるつみたてくんを保有している読者がいたら、注目してほしいポイントです。

 私はアドバイス通りに丸ノ内のみずほ銀行で解約しました。12月半ばに代金を振り込むので口座を教えてほしいといわれ、別のみずほ銀行の支店を指定しました。ここで3つ目の「?」の出現です。手数料525円を差し引くというのです。今の預金金利を考えると525円はいかにも重い。同じみずほ銀行への振り込みですよ。7回もまとまったお金を積み立てた客なのだから振込み手数料はゼロか100円くらいでもいいだろうと思いました。

 個人的体験談にここまで長々とお付き合いいただきありがとうございました。読者の皆様の金融機関や金融商品に関する「?」にはどんなものがあるのでしょうか−−。

_r

←積み立てを始めたときにもらった住宅宅地債券積立手帳

11月 29, 2005 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

今さらですが

編集部の坂崎です。
そこはかとなく、いや…かなり、「今さら感」が漂いますが…
去る11月23日、日経マネー初の主催セミナー「株の学校」が開催されました!!
(即時性のブログシステムにまだ慣れていない編集部員…すみません)
講師には、澤上篤人さん、内藤忍さん、藤野英人さん、
鈴木一之さん、川口一晃さん、北浜流一郎さん、と豪華メンバーがズラリ。

遅ればせながら、お休みの中ご来場いただいた方々、ありがとうございました。
「またやってください」との声をたくさんいただき、うれしい限りです。
おかげさまで5~6倍の確率だったそうですが、残念ながら抽選にもれてしまった方も、12月21日発売の『日経マネー2月号』をお楽しみに。
編集部の関口&坂崎が当日の様子をリポートします!

私自身、駆け出しのマネー記者なので、都合がつくマネー系セミナーには参加するようにしています。このサイトを使ったり。
講師の方々のライブ講義を聞くとやはり理解が深まるし、
勉強熱心な周りの参加者に感化されて、やる気が増す、という効果もありますよね。
編集者としては個人投資家とお話ができるのもいい機会です。
今回も私は客席の脇でお勉強。
参加者の方々が真剣にメモを取る姿を横目に、負けないわッ、と勝手に闘志を燃やす私。
しかし、今回は3部構成。
1部~3部まで、合計6講座ぶっ通しの受講はさすがにちょっとハードでした…

満員御礼!

kabunogakko

11月 28, 2005 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

FX投資の初心者向け書籍プレゼント

編集部の関口です。

プレゼントのお知らせです。

『外為投資 ネットでラクラク儲かる方法』山岡和雅著(すばる舎)
051125a
を、FXCMの協力により4名様にプレゼントします。

為替ディーラーを経験し、現在「外国為替ディーラーの心の中」という人気メルマガを1万5000部以上も配信する「ダックビル」こと山岡和雅氏が、FX(外国為替証拠金取引)投資のノウハウを明快に解説してくれます。

この本をご希望の方は、1.お名前、2.住所、3.メールアドレスを記入の上、件名を「外為投資プレゼント希望」として、money@nikkeihome.co.jp までメールをお送りください。締切は11月30日いっぱいとさせていただきます。

当選の発表は、本の発送をもってかえさせていただきます。

※いただいた個人情報は、本の発送にのみ利用させていただきます。なお、日経ホーム出版社のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

11月 25, 2005 プレゼント | | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

六本木スタジオにて

編集部の関口です。

1月号は11月21日に発売したばかりですが、今日は2月号(12月21日発売)の表紙撮影をしてきました。的に矢が刺さってます。でも「銘柄狙い打ち!」みたいな特集ではないです。お楽しみに。

051124a 051124b

11月 24, 2005 お知らせ | | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

「日経マネー」1月号発売!

編集長の北澤です。

「日経マネー」1月号が発売になりました。

今月号の巻頭特集は「この新商品・新ビジネスで見えた!06年のブレーク株」です。年末から来年にかけて話題になりそうな新商品・新ビジネス・新技術をあれやこれや発掘し、そこから06年相場で話題になるであろうテーマや銘柄の先取りを試みました。編集部きっての新商品・技術通の若手2人(と、中年のオヤジデスク)がとがったセンスで厳選した話題はどれも読み応えあり。株式相場を離れても、06年に世の中でどんな変化が起きそうかがわかる面白い読み物に仕上がっています。

創刊20周年を記念した特別付録シリーズの最終回は「06年の上がる株が見える 株式投資カレンダー」。重要指標の発表や市場関連イベントの予定から、株価や外国人の日本株買越額、円相場などの過去データを収めた投資に便利なスグレモノのカレンダーです。1年を通して手元に置いて活用していただければ幸いです。

内容充実の「日経マネー」1月号をどうぞよろしく!

11月 21, 2005 編集長の一言 | | トラックバック (1)

2005年11月18日 (金)

忘れられた国債

臼田です。

散らかし過ぎた仕事机の大掃除ををしていたら、引き出しの奥の方から国債の購入申込受付書が出てきました。国債を買った場合、国債という紙きれがもらえるわけではなく、この書類だけが手元に残ります。いわば「国債購入証明書」みたいなものです。

kokusai

 驚いたのは、自分が「国債を買った」という事実を今の今まですっかり忘れていたことです。この国債は今年の春、ある記事を書く都合上、自腹を切って郵便局で5万円分だけ買ったもの。大した金額ではないとはいえ、仕事柄(?)おカネには細かい性格なので、自分の全財産の状況は常に把握しているつもりでした。
 というより、自分の銀行口座や証券口座はすべて「アカウント・アグリゲーション」というサービスで一覧表示できるようにしているので、どこの口座にあっても忘れようがなかったのです。なるほど、確かに郵便局で買った国債は、口座一覧サービスには含まれないよなあ。

 私が買ったのは2年国債で、存在を忘れていたとしても2年後 (あと1年半)には自動的に郵貯口座に振り込まれるので換金の手間もかかりません。利回りも定期預金より高いし、なおかつ存在を忘れてしまえるなら、ムダ遣い防止には結構いいのではないかと思いました。うーん、でもやっぱり株の利回りと比べると弱いよなあ。

11月 18, 2005 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

爆風復活

編集部の安藤です。

日経マネーの人気連載「いい株の見つけ方」で活躍中のサンプラザ中野さんがボーカルをつとめる「爆風スランプ」が、復活ライブを行います!場所は新宿コマ劇。日時は12月の19日、20日です。(詳細はコチラ)

僕にとっての爆風スランプといえば、やはり「大きなたまねぎの下で」。その歌詞に自分を投影しては、よく涙したものです。うぅ…今思い出しても猛烈にせつない!
悲しい僕の人生に大きな変化はありませんが、爆風はさらなるパワーアップをしていることでしょう。楽しみ~。

11月 17, 2005 気になるニュース | | トラックバック (0)

この年末もゴルフ会員権の駆け込み売却が盛ん

山本です。

  ゴルフ会員権について久しぶりに取材してみた。訪れたのは東京・西新宿のリゾートソリューション(10月までの社名はミサワリゾート)の本社。ゴルフ会員権の買い換えキャンペーンを実施中なので興味を持った。
 キャンペーンは12月27日に同社を通して手持ちの会員権を売却し、別の会員権に買い換えれば、売却手数料が無料になるという内容。節税のために年内に会員権を売却したいという需要に対応したサービスでもある。ちなみに売却手数料は売却代金の2%(最低5万円)。詳しい内容は同社のウエブサイト(http://www.golfkai.net)で説明されている。

 ここ数年、年末が近づくと、値下がりした会員権の所有者が売却に走る動きが盛んになった。理由は節税。ゴルフ会員権の売却損は給与所得や事業所得から差し引くことができ、翌年に確定申告すれば給与などから源泉徴収された所得税の還付を受けられる。
 株や投資用不動産の売買による譲渡所得は分離課税が適用され、損失が出ても給与所得など他の所得とは相殺(損益通算と呼ぶ)できない。しかしゴルフ会員権の譲渡ではなぜか損益通算が認められ続けてきた。しかし、政府税制調査会が今年6月にまとめた「個人所得に関する論点整理」では土地・株式以外の譲渡所得を分離課税にすることを検討する必要があると盛り込まれ、ゴルフ会員権の譲渡による損失と給与所得との損益通算が認められなくなる可能性がぐっと高まった。

 筆者は「売りたい人は04年までに売っていて、今年は駆け込み売却はあまりないかもしれない」と考えていたが、実際は違うようだ。リゾートソリューションでは昨年も同様のキャンペーンを実施したが、「駆け込みの売却は昨年より今年の方が多い」(執行役員・ゴルフ会員権営業部長の坪井繁幸さん)という。何らかの事情でここまで保有を続けた人も大勢いたわけだ。

 なお損益通算の廃止が本当に実現するかについては、12月に決定する与党の06年度税制改正大綱に盛り込まれるかどうかが次の焦点だ。

11月 17, 2005 気になるニュース | | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

商店街は上場企業だらけ

山本です。

 首都圏を走るJR埼京線の十条駅(東京都北区)で降りてすぐの場所に「十条銀座」という昔ながらの商店街がある。11月初旬の朝にここを訪れた。8月に開業したばかり「イート・ラン」という名のファーストフード店を取材するためだ。イタリアンレストランチェーンで知られる東証1部上場のサイゼリヤが初めての新業態として出店し、外食業界内で話題になった店である。
 詳しくは11月21日発売の『日経マネー』1月号で紹介するが、十条銀座でつくづく思ったのは「商店街が上場企業だらけになっている」ことだ。

取材開始より20分ほど早く現地についたので「イート・ラン」の周辺を歩き回った。100メートルもしない範囲に「モスバーガー」「マツモトキヨシ」「サンマルク」「NOVA」などお馴染みの社名がみられる。オリジン東秀が経営する「オリジン弁当」、テンコーポレーションが経営する「てんや」なども開店中。ドコモやauの携帯電話ショップもある。おそらく昔はどれも地元色の強い商店だったのだろう。後継者難などの理由でやむなく閉店し、上場企業がそれに代わったのだろうなどと思いを馳せた。都市部の商店街なら商圏の人口は多く立地としては悪くなさそうだ。実は、取材目的の「イート・ラン」も以前は個人の衣料品店だったという。 

郊外の国道沿いなどいわゆるロードサイドは、ホームセンター、紳士服店、レストランなど上場企業が経営する店舗で既に埋め尽くされている。商店街も都会を中心にどんどん上場企業に侵食されていくことだろう。それについては色々と感想はあるが、ここでは「商店街を歩けば意外な有望銘柄が発掘できるかもしれない」ということで締めておく。

saizeri  サイゼリヤが十条銀座商店街に開店した「イート・ラン」。

11月 16, 2005 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

コーンポタージュ

編集部の市田です。

1121日発売の1月号では、来年話題になりそうな新商品や新技術を大特集します。お楽しみに。

can

先日、上記特集の取材で東洋製罐(5901)を訪れました。お土産にいただいたのは写真のコーンポタージュ。見た目は従来のものと変わらないようですが……。なんと、飲み口の径が大きくなっていて、粒を残さず飲めるのです。これからの季節、缶のコーンポタージュやお汁粉を買う場合は、飲み口が大きいタイプを探すと56粒分ぐらい得できると思います。

11月 15, 2005 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

兜流ブーム

編集部の安藤です。

街は早くも年末ムードですねぇ~。昨日渋谷に行ったら、クリスマスツリーが飾られてました。「ジングルベール、ジングルベール♪」なんて曲も流れてるし……ちょっと気が早すぎませんか???

さてさて、年末といえば、気になり始めるのが来年のカレンダー。昨年に続き、今年もぺ様、ビョン様といった「韓流スター」ものが人気のようです。

そんな韓流ブームに一石を投じるべく、好調な販売を続けているカレンダーがあります。それが、日経マネーDIGITALの連載「株・1WEEK」で人気の大岩川源太さんの「投資暦」。

11月14日 19時時点でアマゾンドットコムのカレンダー販売部門で第5位。14日朝の段階では人気モデルエビちゃん(蛯原友里)をも上回る堂々の第2位でした。

ちなみに現時点でのトップはイ・ビョンホンの卓上カレンダー!
兜流は韓流を抜けるか!? (笑)

11月 14, 2005 気になるニュース | | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

スイカ地獄

臼田です。

最近、JR東日本の電子マネー「Suica」がやたら話題豊富です。ローソンで使えるようになったりパーク24の駐車場で使えるようになったりといった報道が相次いでいますし、来年1月にはとうとうおサイフケータイでも使えるようになります。

これだけ動きがあると、もちろん宣伝広告にも力が入りますよね。というわけで最近、気になって仕方がないのがこの中吊り広告です。

suicajigoku

現金要らずでチャージができるから、いくらでも使える!というわけなんですが、これってカード地獄そのものですよね。広告としていいんでしょうか……

皆様、Suicaのご利用は計画的に。

11月 12, 2005 気になるニュース | | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

やることリスト

編集部の坂崎です。
昨日が『日経マネー1月号』の校了日でした。
渾身のリニューアル第2号、21日発売です。
お楽しみに。

そんなわけで校了前のこの1週間、
編集部全体がバタバタしておりまして
ブログの更新も遅れました。申し訳ありません。

こんなバタバタの中、個人的に重宝していたのが、コレ。
http://www.checkpad.jp/
ブラウザで見られる「ToDoリスト」です。
スケジュール管理のソフトは数あれど、
このツールは私の求めていた「シンプルさ」を追求しています。
シンプルだからこそ、続けられますよね。

やらなきゃいけないことをとにかくリストアップ、終わったらチェック。
大事なことを忘れる心配もありませんし、
なによりチェックする瞬間がなんともいえず快感なのです。
チェックした項目は消えてしまわず、達成項目としてリストが残ります。
そのリストを眺めると、「仕事したね、私」という気になります。

さて、その達成リストを見てみると…
「●●の原稿を書く」「△△証券の広報部にアポをとる」
とかは仕事なんですが
チェックする快感を味わいたいだけのためにエスカレートして
「トイレにいく」とかまで
「やらなきゃいけないこと」にリストアップしちゃっていた自分…

まあ、自分しか見ないわけですし、使い方は自由!
やる気が起きればいいんです。

11月 11, 2005 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

来月号の編集長インタビュー

編集部の関口です。

来月号の編集長インタビューは

051104a

の社長です。大阪の本社まで取材に行きました。

11月 2, 2005 編集部裏日記 | | トラックバック (0)