トップページ | 2005年11月 »

2005年10月28日 (金)

善意の銀行

臼田です。

私事ですが、最近某所に転居いたしました。
そしたら新居の近所にこんなものがあったのです。

zenni

東京「善意」銀行! かなり刺激的な名前です。
まあ世の中にはさわやか銀行とかトマト銀行とかあるしな、とか思いながら
なんとなくネットで調べて見ました。

http://www.tzengin.com/

なんと名前そのままに、寄付やボランティアで成り立っている特殊な銀行?のようです。
最近は市民バンクなどの仕組みがようやく認知されてきましたが
昔からひっそりと活動してきたところはたくさんあるんですね。

10月 28, 2005 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

グリーンシート銘柄の決算説明会に出てみました

編集部の山本です

 東京メトロの茅場町駅の真上にある東京証券会館。その9階の会議室で10月21日夕刻に小さな決算説明会が開かれました。マルマエという会社が個人や法人投資家に向けて05年8月期決算の概要を説明したのです。マルマエといっても読者のほとんどはご存知ないでしょう。同社は鹿児島県出水郡高尾野町を拠点に、IT(情報技術)関連の精密部品の加工などを手がける会社です。コード番号は6264。でも全国紙の株式相場欄のどこを探しても、その名は見当たりません。なぜなら未上場企業だからです。

  同社株が売買されるのは未上場会社向けに設立された「グリーンシート」と呼ばれる市場です。東証マザーズや大証ヘラクレス、ジャスダックといった新興市場への上場を目指す約90社が「グリーンシート指定銘柄」として売買されているのです。上場企業の決算説明会には数え切れないほど出席した私ですが、グリーンシート銘柄の説明会に出たのは初めてでした。会場の会議室に集まったのは約20人。個人投資家と思われる人もいましたが、大半は証券関係者のようでした。

 ここでマルマエ社長の前田俊一さん=写真=が10月13日に公表したばかりの05年8月期の決算について説明。売上高は04年8月期より29%増の5億6450万円、経常利益は同31%増の1億338万円。06年8月期の予想は売上高が59%増、経常利益は67%増でした。IT部品の市況の波にもまれながらも堅実に収益を伸ばしているようです。

 前田社長は事業の将来性を熱っぽく語ったり、巧みな話術で人をぐいぐいひきつけるというタイプではないようです。でも誠実さを感じさせる丁寧な語り口には好感が持てました。説明用のスライドの冒頭ページには「モノづくりベンチャー」とうたっており、そこには独自技術を持つメーカーとしての自負がうかがえました。

 グリーンシート市場の売買代金は05年8月までの1年間でわずか8億7000万円。各銘柄も毎日値が付くわけではありません。マルマエの場合は10月25日に39万円で売買が成立しましたが、その前に成立したのは10月17日(43万円)でした。ちなみに今期の予想1株利益は1万4104円ですから、株価39万円での予想PER(株価収益率)は27・7倍です。

 グリーンシートを卒業して上場を果たした企業は現在5社。この10月5日に東証マザーズに上場したエイジアは直近の卒業生です。同社の公募価格は32万円、初値は2倍強の67万2000円。抽選に勝って公募価格で購入するのはさぞかし難しかったでしょう。しかし、グリーンシートで買っていれば、公募の抽選に押し寄せる投資家を尻目に既存株主になっていられたわけです。

 マルマエは上場するにはまだ実力不足の企業なのでしょう。でも念願の上場を果たして、リスク覚悟で同社の株式を買った投資家、特に個人投資家を喜ばせてほしいものです。これからも折に触れてマルマエをウオッチしたいと思います。

marumae

10月 25, 2005 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

便利で安全なキャッシュレス社会の到来を願います

編集部の関口です。

本日開かれた「モバイル決済推進協議会」の記者会見に出席しました。
同協議会は、非接触ICカードや携帯電話での決済サービスの普及、インフラ整備による消費者や加盟店の利便性の向上を目的として発足されたそうです。

現在、非接触IC・携帯電話決済サービスとしてはプリペイドのSuicaやEdyが非接触ICを使ったサービスとして有名ですが、JCBもポストペイ(後払い)の「QUICKPay」という規格を展開しています。最近では、NTTドコモと三井住友カードが提携して、新しいモバイル決済サービスを立ち上げると発表しました。顧客や加盟店の利便性を考えれば、協議会がこれら別サービスとどう折り合いをつけていくのかというのが注目されるところでしょう。

現時点で会員となった企業は、アプラス、イオンクレジットサービス、出光クレジット、伊藤忠商事、オーエムシーカード、オムロン、オリエントコーポレーション、オリックス、クレディセゾン、KDDI、GEコンシューマー・ファイナンス、ジー・ピー・ネット、ジェイティービー、ジャックス、セントラルファイナンス、大日本印刷、ディーシーカード、デンソー、東芝、凸版印刷、トヨタ自動車、豊田通商、トヨタファイナンス、日本カードネットワーク、日本電気、日本ユニシス、野村総合研究所、日立カードサービス、ビットワレット、ViVOtech, Inc.、ボーダフォン、ポケットカード、マスターカード・インターナショナルジャパン・インク、三菱商事、UFJニコス、ユーシーカード、ライフ、楽天KCの39社。

参加検討中は、ギーゼッケ アンド デブリエント、クオカード、サクサ、住友商事、東芝テック、東武カードビジネス、協同組合連合会日本専門店会連盟、ファミマクレジット、富士通、富士電機リテイルシステムズの10社。

ご覧のとおり、ドコモと三井住友陣営が参加していません。規格の対立で消費者の利便性が下がる恐れがありますが、「技術的にICリーダー規格を一本化することは可能」(JCB開発本部 青木直人さん)とのことなので是非一本化してほしいものです。

冒頭にあいさつをされた、ジェーシービーの信原啓也取締役社長によれば、コンビニやファーストフードなど、日本における少額決済の市場は60兆円規模とのこと。個人的には、現金を持ち歩くのはめんどうなので、とっととキャッシュレス社会が訪れて欲しいなと思っています(もちろん安全な)。

051025a ←記者会見であいさつをする、JCB信原啓也取締役社長

051025b←「QUICKPay」の決済風景

10月 25, 2005 気になるニュース | | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

驚異のペットビジネス

編集部員の臼田です。

先週金曜日に始めたばかりの当ブログですが、さっそく2件のトラックバックを頂いてしまいました(21日の記事参照)。記念すべき第一号は「Grow Rich Slowly 」さん、2番手は「鳳凰堂のランダムウォーカー」さんでした。暖かいお祝いの言葉を頂きまして、誠にありがとうございます。いろいろ試行錯誤しながらやっていきますので、今後ともよろしくお願い致します。

さて、今日は『日経マネー』本誌の取材裏話を軽く一本。
毎回、旬なテーマに関わる銘柄を探す連載「ニュースな銘柄」。10月21日発売の12月号では、「ペット関連株」を取り上げています(7ページ)。かわいいトイプードルの写真が目印ですので、ぜひご覧下さい。

今回の記事を準備するに当たって、いくつかのペットショップに下見に行きました。記事でも取り上げている、いわゆる「プレミアムフード」をチェックするのが主目的でしたが、店内に広がっていたのは、私の想像を絶する光景でした。

051017pet1まあこの程度のものは予想がつくんですが、
(写真はクリックすると大きくなります)

051017pet2 「動物系アミノ犬」とか、


051017pet3 「またたびウォーター」とか

051017pet4 だんだん突っ込むのも面倒になってきましたが、とにかくこんな「面白食品」のオンパレードなのです。

記事でも取り上げている健康ブームの一環ではあるのですが、「アミノ犬」などは人間用のアミノ式と同じく清涼飲料水なので、直接の健康効果自体は気休めレベルかと思われます。(水分を摂るのはいいことなのですが)。
この業界、微妙に行き過ぎ感があるのでは……という気がしてきました。

間違いなく元気な業界だ、ということだけは確信しましたけどね。

10月 24, 2005 編集部裏日記 | | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

ブログ開設のご挨拶

編集長の北澤です。

「日経マネー」はこの10月で創刊20周年を迎えました。
これを機に誌面を一新し、ウエブ版の「日経マネーDIGITAL」をリニューアルし、記念のセミナーを開き、別冊をつくり、さらに勢い余ってこの「日経マネーブログ」を始めることになりました。20年に一度しかないお祭、やれることは何でもやってしまえという次第です。

このブログでは編集部のメンバーが見つけたちょっと面白い話やお得な情報、誌面には書けない取材の裏話、さらには編集部からのプレゼントなどをお届けしていきます。
「日経マネー」の読者をはじめおカネや投資に関心のある方たちに楽しんでいただき、ついでに私たちの雑誌を身近に感じてもらえれば幸いです。
このブログや編集部に対する皆さんのご意見、感想もどんどんお寄せください。

創刊記念の10月21日に合わせてちょっと拙速でスタートしますが、近々デザインを一新、さらに魅力的なブログにしていきます。どうぞよろしくお願いします。

10月 21, 2005 編集長の一言 | | トラックバック (2)